My Library Home

2012年 おもな言論統制国家

Wikipediaより

言論統制とは、政治権力が報道・出版・その他の言論に対して行う規制である。
規制の対象や方法は様々である。マスメディアが対象となることが多いが、集会、デモ行進、個人の会話まで規制されることもある。



【アジア】

大韓民国(国家保安法や親日法に基づき、共産主義及び親日に限る)
朝鮮民主主義人民共和国(報道の自由度は世界最悪)
中華人民共和国(国家批判やその該当行為に限る。ただし香港およびマカオは除く)
シンガポール
インドネシア (インターネット新聞JanJan)改革インドネシア スハルト氏名誉毀損
ミャンマー
タイ王国(不敬罪該当行為に限る)
トルクメニスタン
イラン(反国教該当行為に限る)
シリア
サウジアラビア(不敬罪および反国教該当行為に限る)
アラブ首長国連邦(政党結成に限る)

【オセアニア-大洋州】

オーストラリアでは2010年から、入国時にポルノの所持について申告が必要になった。
オーストラリア・ニュージーランドのインターネット検閲については、青少年有害社会環境対策基本法案#オーストラリア・ニュージーランドを参照。

【ヨーロッパ】

ドイツ(憲法に基づきナチス肯定に限る)
フランス(セクトに限る)(1998年から未成年者を表現するあらゆる表現物を児童ポルノとして禁止((2007年9月12日破毀院刑事部判決(抜粋))フランスの裁判所、アダルトアニメを児童ポルノと認定)
ベラルーシ

【アフリカ】

ジンバブエ(秘密警察による監視や反体制派への暴力)
リビア (NPOヒューマン・ライツ・ウォッチ)リビア:抑圧続くも、人権状況が少し前進
スーダン (外務省)スーダン概況
エジプト(宗教政党の活動に限る)

【南北アメリカ】

アメリカ合衆国(米国愛国者法に基づく、見えない統制が行なわれているという意見が存在する。)
カナダ - バトラー判決以後は、性的な表現を含む書籍は、学術書や問題を提起する報告書であっても禁止されている。
キューバ


Page Top | My Library Home