My Library Home

コウモリであるとはどのようなことか

Wikipediaより



「コウモリであるとはどのようなことか」(英:What is it like to be a bat?)は、アメリカの哲学者トマス・ネーゲルが1974年に発表した心の哲学分野の論文。

ネーゲルは論文で「コウモリであるとはどのような事であるか」を問う。そしてコウモリがどのような主観的体験を持っているか、つまり「コウモリであるとはどのようなことか」という事柄は、コウモリの生態や神経系の構造を調査するといった客観的・物理主義的な方法論ではたどり着くことが出来ない事実であり、意識の主観的な性質は、科学的な客観性の中には還元できない問題であると主張した。

この論文は、心身問題の中心が意識の主観的側面(意識の現象的側面)にあることを述べた有名な論文であり、表題の問いは、よく知られた問いまたは思考実験のひとつとして、現代の心の哲学者たちの間でしばしば議論に上る。

概要
この問いに関する一つの注意点としては、ネーゲルが問うているのは「コウモリにとって、コウモリであるとはどのようなことか」だという点がある。つまりこの問いは、人間が、たとえばあなたが、人間としての脳だけは保ったまま、コウモリのような体を持って、コウモリのような生活をしたときどう感じるか、を問うているのではない。

もしあなたが人間としての脳だけを保ったまま、コウモリのような体を持ってコウモリのような生活をしてみたなら「空を飛ぶことは怖い。けれどちょっと面白い」とか、「昆虫を食べるなんて気持ち悪い」とか、「洞窟の天井にぶら下がって眠るなんて変な眠り方だ」とかと思うだろう。しかしネーゲルが問うているのはそういうことではなく、「コウモリにとって、コウモリであるとはどのようなことか」である。つまりコウモリの体と脳を持った生物が、どのように世界を感じているか、である。

たとえばコウモリは口から超音波を発し、その反響音をもとに周囲の状態を把握している(反響定位)。コウモリは、この反響音をいったい「見える」ようにして感じるのか、それとも「聞こえる」ようにして感じるのか、または全く違ったふうに感じるのか(ひょっとすると何ひとつ感じていないかも知れない)。ネーゲルが問うているのはこうした問題である。こうしてコウモリの感じ方、といったことを問うこと自体は可能だが、結局のところ我々はその答えを知る術は持ってはいない、とネーゲルは言う。

ネーゲルが対象とする動物としてコウモリを選んだのは、コウモリが哺乳類に属しており、系統樹の中である程度人間に近い位置にある生物であること。とはいえ同時に、翼があったり超音波で周囲の状況を把握したりと、運動器官や感覚器官に関して人間とは距離のある生物であるため、としている。つまりあまり人間に近い生物だと問題を鮮やかに示すのが難しく、かといってこれ以上系統樹を下って進んでいく(たとえばハチやアリまで行くと)、そもそもそこに意識体験があるのかどうか疑念が出てくるという難点がある。そこでコウモリという中間的な距離の生物を選んだ、としている。

この論文が持った重要な影響の一つとしては、意識の主観性の定義として「…であるとはどのようなことか(What is it like to be ...)」という表現を用いた方法を有名にしたことがある。以下、論文の序盤でネーゲルが主観的な意識体験として意識を定義している部分の文章である。

おそらく意識体験は、宇宙全体にわたって他の太陽系の他の諸々の惑星上に、われわれにはまったく想像もつかないような無数の形態をとって生じているのである。しかし、その形態がどれほど多様であろうとも、ある生物がおよそ意識体験を持つという事実の意味は一定であり、それは根本的には、その生物であることはそのようにあることであるようなその何かが存在する、という意味なのである。意識体験という形態には、これ以上の意味が含まれているかもしれない。生物の行動に関する意味さえ(私には疑わしく思われるのだが)含まれているかもしれない。

しかし根本的には、ある生物が意識をともなう心的諸状態をもつのは、その生物であることはそのようにあることであるようなその何かが―しかもその生物にとってそのようにあることであるようなその何かが―存在している場合であり、またその場合だけなのである。

- トマス・ネーゲル 「コウモリであるとはどのようなことか」(1974年) / 永井均訳 (1989年、p.260)


Page Top | My Library Home