My Library Home

徳川家康の家訓

後世の作という説もあり。



人の一生は重き荷を負うて遠き道を行くが如し、必ず急ぐべからず。

不自由を常と思えば不足なし

心望み起こらば、困窮したる時を思ひ出すべし

堪忍は無事長久の基

怒りは敵と思え

物好きは末に歎くことありと知れ

勝つことばかり知りて負くることを知らねば、害その身に至る

唯だ己を責めて人を責むるな

何事も及ばざるは過ぎたるに勝れり


Page Top | My Library Home