My Library Home

神風特攻隊員の手紙



お母さん、とうとう悲しい便りをださねばならないときがきました。

晴れて特攻隊員と選ばれて出陣するのは嬉しいですが、お母さんのことを思うと泣けて来ます。

母チャン、母チャンが私をたのみと必死でそだててくれたことを思うと、何も喜ばせることが出来ずに、安心させることもできずに死んでゆくのがつらいです。

母チャンが私にこうせよと言われたことに反対して、とうとうここまで来てしまいました。

私として希望通りで嬉しいと思いたいのですが、母チャンのいわれるようにした方がよかったかなあと思います。

でも私は技倆抜群として選ばれたのですから喜んでください。

私ぐらいの飛行時間で第一線に出るなんてほんとうは出来ないのです。

ともすれば、母チャンの傍にかえりたいという考えにさそわれるのですけれど、これはいけない事なのです。

洗礼を受けた時、アメリカの弾にあたって死ぬより前に、汝を救うものの御手によりて殺すのだと言われましたが、これを私は思い出しております。

すべてが神様の御手にあるのです。

神様の下にある私たちにはこの世の生死は問題になりませんね。

私はこの頃毎日聖書をよんでいます。

お母さんの近くにいる気持ちがするからです。

私は聖書と賛美歌と飛行機につんでつっこみます。

お母さんに祈ってつっこみます。

 

出撃前日


Page Top | My Library Home