主の祈り

主の祈りは、イエス・キリストが祈るときはこう祈りなさい、と言って弟子たちに与えたとされる祈祷文である



プロテスタント1880年訳(文語)

天にまします我らの父よ

願わくは

み名をあがめさせたまえ

み国を来たらせたまえ

み心の天に成る如く地にもなさせたまえ

我らの日用の糧を今日も与えたまえ

我らに罪を犯す者を我らが赦す如く我らの罪をも赦したまえ

我らを試みに遭わせず悪より救い出したまえ

国と力と栄えとは限りなく汝のものなればなり

アーメン

 

カトリック(文語)

天にまします我らの父よ

願わくは

み名の尊まれんことを

み国の来たらんことを

み旨の天に行わるる如く地にも行われんことを

我らの日用の糧を今日我らに与え給え

我らが人に許す如く我らの罪を許し給え

我らを試みにひきたまわざれ

我らを惡より救い給え

アーメン

 

カトリック・聖公会共通口語訳

天におられるわたしたちの父よ、

み名が聖とされますように、

み国が来ますように、

み心が天に行われるとおり地にも行われますように。

わたしたちの日ごとの糧を今日もお与え下さい。

わたしたちの罪をおゆるしください。

わたしたちも人をゆるします。

わたしたちを誘惑におちいらせず、

悪からお救い下さい。

国と力と栄光は、永遠にあなたのものです。

アーメン

 

日本ハリストス正教会「天主経」

てんいまわれちちや。

ねがはくなんぢせいとせられ。

なんぢくにきたり。

なんぢむねてんおこなはるるがごとく、

にもおこなはれん。

にちようかてこんにちわれあたたまへ。

われおひめあるものわれゆるすがごとく、

われおひめゆるたまへ。

われいざなひみちびかず、

なほわれきょうあくよりすくたまへ。

(司祭が居る場合、以下司祭朗誦・高声)

けだくに權能けんのう光榮こうえいなんじちち聖神゜せいしんす、

いま何時いつ世々よよに。

「アミン」。

(司祭が居ない場合は以下、但し唱えられない事も多い)

けだくに權能けんのう光榮こうえいなんじ世々よよす「アミン」。

 

英語( The Load's Prayer )

Our Father in heaven,

hallowed be your Name,

your kingdom come,

your Will be done on earth as in hearven.

Give us today our daily bread.

Forgive us our sins as we forgive those who sin against us.

Lead us not into the temptation,

but deliver us from evil For the kingdom,

the power, and the glory are yours now and forever.

Amen


Page Top | My Library Home