My Library Home

梅宮辰夫のエピソード

Wikipediaより

2012年



・1974年(昭和49年)には睾丸腫瘍の診断を受けた。癌細胞は肺にまで転移していたものの、抗癌剤による化学療法の奏効によって治癒した。梅宮は化学療法を受けた際、副作用の脱毛が全く起こらず、主治医が驚いていたという。この病気の後、梅宮は夜遊びを止め、酒を減らし、早起きして料理に励むようになった。

・実業家・料理家としての才能にも長けており、「梅宮辰夫の漬物本舗」や、名古屋で「梅宮辰夫の炭焼き家 炎園」などの事業も展開している。

・特技はライフルと剣道で、高校時代には剣道部の初代主将も務めた。

・料理にかける熱はかなりのものがあり、愛車のメルセデス・ベンツ Vクラスを都内のガソリンスタンドでスタッフがエンジンをかけたまま車から離れた隙に盗まれたことがあり、これが経緯で2002年(平成14年)自動車盗難防止キャンペーンのポスターのイメージキャラクターに選ばれた。その記者会見では「ベンツはいいから(積んであった特注の)包丁セットだけは返してくれ」と訴えた(その後ベンツは発見されたが、包丁セットは持ち去られていた)。 また俳優として料理の鉄人へ挑戦者として登場。道場六三郎と戦うが敗戦している。

・また、釣りが好きで、サンテレビジョンで放送される釣り番組「ビッグフィッシング」への出演を希望したことがあると言われている。熱海港に釣り船「番長」を留めている。

・数多くの映画で共演した松方弘樹とは、バラエティで共演するたびに子供っぽいケンカをし、『スクール☆ウォーズ』で夫婦役として共演した和田アキ子とは「あんちゃん」「アッコ」と呼び合う兄妹のような仲である。安岡力也からは「兄貴」と慕われ、山城新伍とは「兄弟」と呼び合う仲。

・1975年(昭和50年)以降もヤクザ映画、そして東映Vシネマの大御所として200本を超える映画に出演。それがゆえに本人曰く、ヤクザ映画に主演し、警察署長役をした俳優は他にいないと『はぐれ刑事純情派ファイナル』の制作発表の時にコメントしている。また『仁義なき戦い』を特集した書籍のインタビューなどで、近年のヤクザ映画に対して「最近の若い役者は本物のヤクザと付き合ってないからダメ」と自身は付き合いがあることを公言した(「週刊実話」に梅宮辰夫が竹中正久組長と一緒に写っている写真が掲載されたことがある)。

・食べる料理には塩をかけることが多い。芸能人(秘)密着24時!天使が見てるにてこの食生活の弊害(頭痛、失禁、認知症など)を指摘された際には「意地でもこの生活を変えない」と言っていた。

・食通である一方、人気者でいこう!の格付けチェックの食感チェックを苦手としている(別コーナーの常識バトルでも叙々苑のカルビを間違え、浜田雅功に「(梅宮が名古屋で経営している)焼肉屋閉店や」と揶揄されたことがあった)。

・めちゃイケのコーナー、爆烈お父さんの父で、加藤浩次演ずる加藤辰夫のモデルといわれている。


Page Top | My Library Home