My Library Home

韓国大統領竹島上陸―――日本政府は断固として対応せよ

日本若者党党首 桜井 悟

2012年08月10日



2012年8月10日、韓国の李明博大統領が竹島(韓国名:独島)を訪問したということがマス コミ各社によって報じられた。

テレビはこの時、オリンピックの報道の真っただ中で、竹島のこの重大な危機について深く触れる局はほとんどなかった。
しかしこの問題は、日本の国家主権に関する一つの重大な危機である。
昨年もロシアのメドヴェージェフ大統領(当時)が北方領土を訪問し、おととしには中国の漁船が尖閣諸島付近で 海上保安庁の巡視船に体当たりするという事態 が発生している。
ここ数年、我が国の領土主権を取り巻く環境は非常に危ういものとなりつつある。
民主党が政権を獲得し、政権の国防に関する関心、国家主権を守るという意識が一層希薄になったというのも一つの要因であろう。
今回も、民主党・野田政権に断固とした対応を期待することはできない。

日本若者党は、我が国の主権を護持し、我が国の正常な対外関係の構築を日本政府に期待し、働きかけてゆくものである。

2012年08月10日 日本若者党党首 桜井 悟


Page Top | My Library Home