苦難にある者たちの告白  
A Creed For Those Who Have Suffered

作者不明

ニューヨークにある物理療法リハビリテーション研究所の、受付の壁に掲げられている詩である。「病者の祈り」のタイトルでよく知られている。

Author unknown
This creed is hung on a wall at a waiting room of Institute of Rehabilitation Medicine, 400 East 34th Street NYC.



I asked God for strength, that I might achieve,
I was made weak, that I might learn humbly to obey.

私は神に求めた、成功するために強さを。
けれど弱き者とされた、謙虚と従順とを学ぶために。

I asked for health, that I might do greater things,
I was given infirmity, that I might do better things.

私は求めた、より大きなことをなすために健康を。
けれど病を与えられた、よりよいことをなすために。

I asked for riches, that I might be happy,
I was given poverty, that I might be wise.

私は求めた、満足するために富を。
けれど貧しさを与えられた、賢明になるために。

I asked for power, that I might have the praise of men,
I was given weakness, that I might feel the need of God.

私は求めた、人の賞賛を受けるために権力を。
けれど弱さを与えられた、神の御心を知るために。

I asked for all things, that I might enjoy life,
I was given life, that I might enjoy all things.

人生を楽しむためにすべてを求め、
けれど、すべてを喜び楽しんで受け容れる人生を与えられた。

I got nothing that I asked for -- but everything I had hoped for.
求めたものは何ひとつ与えられなかった―けれど、すべてはかなえられた。

Almost despite myself, my unspoken prayers were answered.
I am among all men, most richly blessed!

こんな私のあるがままで、無言の祈りは聞き届けられた。
私は、すべての人の中で最も豊かに祝福されている。

 


Page Top | My Library Home