人生成功の秘訣

成功したいあなたに贈るメンタルトレーニング



全く同じ仕事をしても、全く同じやり方をしても、うまくいく人もいれば、うまくいかない人もいます。これはビジネスにも当てはまることですが、一体何故でしょうか?

運?才能?それとも、たまたま?

いいえ、違います。実は、その差を生むのは、人の心構えや、意識にあるのです。 つまり、メンタル的な部分が非常に大きく左右しているのです。

プラス思考、ポジティブ思考、積極的心構え・・・ これが、ビジネス、及び、人生全般を成功に導く絶対的な秘訣なのです。 ビジネスで、人生で、成功している人に共通していることとは、「メンタル面の強化」を必ず実行しているということです。

「そんなこと言われなくても分かっている」 とお考えのあなた! ビジネスは会社勤めと大きく違います。あなたが社長です。 個人運営は思った以上に大変です。心構えしだいで、運を引いてくるか、引かないか・・・

成功するための知識やノウハウを知っているだけでは成功しません。それを活かすためのメンタルマネジメント(メンタル強化)が必須なのです。 知識・ノウハウ・テクニック習得と、メンタル強化、成功哲学の学習を全てバランス良く行っていくことにより成功は実現するのです。

成功には、運もラッキーも存在しません。 メンタル面が成功に大きく関与していることは、既に科学的に証明されている事実なのです。 それでは、一体どうすれば、メンタル強化できるのか? ビジネス成功するためにメンタル(精神、心、意識)のメカニズム、このメカニズムを理解することにより、メンタルトレーニングの重要性や必要性を知ることができ、メンタルトレーニングをする理由が明確になります。

願望を実現するための『脳カ』のメカニズム・・・能力と同じですが、あえて脳力です。 世の中で、願望を持たない人はいません。 お金持ちになりたい、彼女が欲しい、結婚したい、マイホームが欲しい・・・ 人により、様々な欲求、願望、目標、夢があると思いますが、しかし、その願望は、全ての人が達成できるわけではありません。 夢を叶える人もいれぱ、失望し、諦めてしまう人もいます。

プロ野球選手を目指して、その夢を叶える人もいれば、社会人野球にとどまってしまう人もいます。 イチロー選手は小学校時代の作文に「将来はプロ野球選手になりたい」と書いたそうです。その夢、願望が強かったので、毎日の練習も苦にならなかった、人の3倍練習した。 ビジネスでも、同じように頑張っていても、成功する人もいれば途中で断念する人もいるのです。

 

そうした欲求、願望、夢の実現、目標達成の成否の差は一体どこにあるのでしよう?

ひとつには、願望実現のための理論、メカニズムを知っているかどうかの差にあります。 その理論、メカニズムを知れば、成功することができるのですが、多くの人は知らないか、聞いても受け入れようとしません。

しかし、誰でも成功するかと思ったら、それは大間違い。 成功するためには、その願望実現のメカニズムを知り、それを実践に移すこと。 「知っている」だけでは、決して成功しません。 「知っている」のと、「実践している」のとでは雲泥の差があります。 それを実践に移して初めて成功するのです。

では、その願望実現のメカニズムとは何でしょうか? その答えは、あなたの「脳」にあります。

 

あなたは、マイナスの情報と言葉に侵されている。

あなたの行動を司っているのは、紛れもなく、あなたの「脳」です。あなたの、考え方や性格、行動パターンなどは、全て、あなたの「脳」が支配しているのです。 人間の脳は、パソコンに例えることができるのですが、パソコンと同じように、あなたの脳は、あなたの思い通りに動かすことができるのです。

正しく扱い、正しい指示を与えることができれば、その指示通リに機能します。 つまり、良い方向に指示を与えれば、誰でも良い結果を生み出すことができるわけです。

しかし、悪い指示、間違った指示を与えても、その指示通りに機能するのが脳の特徴なのです。脳は、その指示が、良いのか悪いのか、善悪の区別がつかず、その指示通り忠実に機能するわけです。

問題なのは、あなたが日ごろ、どのような命令、指示を脳に与えているのかなのですが、 行動科学の研究者たちによれば、私たちの思考の77%は、否定的で有害な内容が入カされているのだといいます。 これは何もあなた自身が行ったものばかりではなく、消極的な情報の多くは、周りから送られてきており、それを無意識に受け入れてしまっているためです。その出元となっているのは、両親、兄弟、友人、知人、教師、会社の同僚や上司だったり、新聞、雑誌、TV、マスコミだったりするのです。

あなたの周りを、少し意識して見てみると、それらから発信される情報の多くは消檀的なものではないでしょうか? 子供の頃は、純真無垢で、脳のプログラムが真っ白な状態です。 しかし、歳を重ねるごとに、様々な所から、様々な影響を受け育っていきます(つまり、外部から様々な情報をインプットされていくのです)。

現代の日本社会は、幼児教育から始まり、小学校、中学校、高校、大学と、学業を通じて人格を形成していきます。 しかし、残念なことに、その過程の多くで、「できない」ことを教わっているのです。つまり、人間の可能性を広げるよりも、人間の限界を学ぶことの方に傾き、その結果、「もしも、こんなことができたら…」という夢の部分よりも、「できないこと」の部分を多く教わってきました。

これは、あなたが悪いわけではなく、生まれ育った環境に問題があるのです。 子供の頃、親に、「そんなこと、あなたにはできないから、やめなさい…」と言われたこと。 先生から、「君の学カでは、あそこの高校受験は無理だ・・」といわれたこと。 友人、知人から、「そんなこと、うま<いくはずがないじゃないか・・・悪いことは言わないから、やめておけ」と言われたこと。

こういった外部からの安易な言葉や情報に影響されながら育ってきたのです。 あなたの脳のプログラム情報は、他人が自分に対して最も多く言ったことによりセッティングされているのです。 それが、そのままあなたの思い込みとなり、それはますますマイナスの言葉や情報を受け続けることにより、強化されていき、確信へと変わるのです。

ですから、あなたに対して、「あなたは成功できます」「やれぱできます」と他人から言われたとしても、あなたの脳は即座に「自分にはできない…、できるはずがないじゃないか…」という命令を下すのです。

ほとんどの人は、思考パターンはマイナスにセッティングされています。 しかし、成功者の思考パターンは、プラスにセッティングされているのです。

例えぱ、ある情報を与えられ、凡人は「自分にはできないと思い込み、成功者は「自分にはできる」と思い込む。 同じ失敗を経験しても、凡人は「もう駄目だ、諦めよう」と思い途中で断念するが、成功者は「この方法は失敗すると分かったので、次に同じ失敗をしなければ、成功へと一歩近づく」と思い、チャレンジをし続ける。

いや、これは性格の問題だから、どうしようもない… 自分は諦め癖があるし、継続カがない…と思う人もいるかもしれませんが、この性格や諦め癖、継続カのなさも、生まれつきではなく、脳がそういう指示をしているに過ぎないのです。

成功者は、生まれつき凡人と違う思考パターンを持っていたのでしょうか?

いいえ、違います。

 

顕在意識と、潜在意識

人間の意識には、大きく分けて、2種類の領域があり、ひとつは、顕在意識という、人間が意識している領域と、潜在意識という、人間の無意識の領域があります。

氷山を想像してください。海面から出た氷山は、ほんの1部でしかなく、たくさんの永山は海中にどっぷり浸かっているのです。 意識と無意識も、ちょうどこれと同じで、カ関係も、意識の領域と、無意識の領域とでは、天と地ほどの差があるのです。人間の思考パターンや、無意識にとる行動は、全てこの潜在意識のカが影響しています。

潜在意識には、これまであなたが五感を通じて受け取ってきた情報や言葉、経験が全て、インプットされ、ブログラムに記憶されているのです。 つまり、この潜在意識に、マイナスの情報がプログラミングされているとすると、あなたは無意識のうちに、マイナスの言動を取り、マイナスの結果を導き出すのです。 たとえ、意識の領域で、「俺は成功するぞ!」「やるぞ!」と思い込んだところで、大きなカを持った潜在意識がマイナスで満たされていると、逆らうことはできず、自動的に潜在意識にプログラミングされた方向へ引きづられていくのです。

潜在意識は、繰り返し、繰り返し、五感を通じて受けた情報や経験により、プログラミングされていきます。 あなたが、ボ~っとTVやニュースを見ていたり、同僚や上司との会話の中で、無意識に受け取っているマイナスの情報も、全て潜在意識はインプットし続けているのです。

マイナスで満たされている潜在意識に、マイナスの情報が入ってくると、更に、マイナス情報が強化されていき、それは絶対的な確信へとつながっていくのです。 その時に、たまたまプラスの情報が入ってきたとしても、潜在意識はプラスの情報を、そのままストレートに受け入れません。マイナス因子が強いので、ブラス因子は門前払いになってしまうのです。

成功したければ、まずは、脳のプログラムを書き換えることです。

実は、簡単に誰もができる方法で、あなたの古いマイナスのプログラムを消去し、新しいプラスのブログラムに書き換えることが可能なのです。 もし、そのような方法があるなら、あなたはどうしますか?

人間は、自分の意思とは無関係に、否定的な情報や言葉を無意識に受け取っています。つまり、多くの人は、自分の潜在意識のプログラム作成を他人任せにしてきたわけです。 幼少の頃のように、親の管理下にある場合は、仕方ありません。 しかし、大人になった今、自らの潜在意識のプログラミングは、他人任せではなく、自分自身で行わなけれぱいけません。

 

その方法は、深層自己説得、セルフマネジメントにあります

この方法を知らずして、自己啓発やプラス思考の勉強を続けていっても、全く意味がありませんし、逆効果となります。 深層自己説得とは、あなた自身が、あなたに向かって発する言葉によって、自己を説得してい<メンタルトレーニング方法です。 つまり、今まで他人任せにしてきた、潜在意識への書き込みを、自ら行うということです。

パソコンは、キーボードで入カした言語を、そのまま忠実に画面上に映し出すのと同じように、潜在意識も、書き込まれたプログラムの内容を忠実に実現させる。コンピューターと同じように、物事の善悪は区別しない。 「この情報はあなたにとって有害だから排除します」といった指令はせず、言われたとおり、お構いなしに受け入れるのです。

あなたの潜在意識は、この文章を読んでいる今も、昼も夜も休みなく、24時間365日稼動しています。 例えば、十分な収入を稼げない自分をイメージすれぱ、将来借金苦に陥っている自分をイメージすれば、潜在意識はそのイメージした通りの自分を、実現させるために努カを始めます。

それは、あなたの顕在意識とは無関係に、無意識の領域で行われているので、決してあなたの意識でコントロールすることはできません。 俺は成功するぞ!(と、いつも言ってるけどうまくいった試しがない…) 収入アップするぞ!(でも今は不景気だしな…) 将来豪邸を建てるぞ!(今の住宅ローンでもきついのに、どうやって?…)

このように、プラスの言葉を発しても、無意識のうちに、カッコ内のようなマイナスの思考に変換されてしまうのです。 願望があってもなかなか実現できないことについて、自分の心のうちを少し意識してみてください。きっと心のどこかで、そう言っている自分に気付くはずです。それが、そのまま潜在意識に刷り込まれるわけです。

ですから、プラス思考や、積極的心構えを身につけるために、まずやるべきことは、あなたの潜在意識にインブットされた古いプログラムを書き換えることから始めなければいけません。

顕在意識と潜在意識との境目には「目に見えないフィルター」があります。 このフィルターを通して、物事を判断したり、思考したりしているのです。 もしも、このフィルターがマイナスの因子で目詰まりしていたなら、受け取るプラスの情報や言葉も、全てマイナス因子として、ろ過され、潜在意識にマイナスの状態で落とし込まれてしまうのです。

まず、これをどうにかしないことには先に進めません。

方法としては、瞑想法などがありますが、瞑想法は、長期間の鍛錬を積まないと難しいので、ここでは自宅でできる簡単かつ強カな方法があります。

 

リラックスして脳波がアルファ波の状態に潜在意識への扉がひらく

人間は心身ともにリラックスしている状態の時に、脳波は、アルファ波になっているのです。脳波には大きく、5種類の脳波に分類され、シータ波、アルファ波、べ一タ波、デルタ波、ガンマ波があります。

通常、私たちが、仕事などをテキパキこなしている時、心身は緊張状態にあり、脳波は、べ一タ波(β)状態にあります。 この時、人間は左脳を酷使し、今までの経験や体験をべ一スに物事を処理していくわけです。(左脳は言語や思考を司る脳)しかし、逆に、心身の緊張状態から開放され、深いリラックス状態を体感する時、脳波は、アルファ波(α)と呼ぱれる脳波状態を示します。 この時、人間の右脳の機能が向上し、カンやヒラメキを生み出し潜在脳カを開花させるにはもってこいの状態になるのです(右脳は直感やイメージを司る脳)。

そして、このアルファ波状態の時こそ、境目のフィルターの働きや機能がストップするのです。 この時を狙って、プラスの言葉やイメージを脳に送れば、ストレートに潜在意識に情報がインプットされるわけです。

心身がリラックスして、脳波がアルファ波の状態のときに、「私はできる」「必ず達成する」などのプラスのメッセージや情報を入力すると、素直にプラス思考が潜在意識に入っていくのです。 これを繰り返し繰り返し、テープに吹き込むかのように、上書きしてやればいいのです。

積極的な言葉をインプットし、蓄積していけば、古いマイナスのプログラムが次第に新しいプラスのプログラムに書き換えられるのです。

 

では、どうすればアルファ波の状態になれるのか?

方法1    朝目覚めてスグの時、寝る直前、入浴中、あるいはヒーリング音楽やアロマテラピーによってリラックスしているとき、人間の脳はアルファ波状態になっています。つまりこの時に、自己啓発やプラスの言葉、積極的な言葉やイメージトレーニングをすればいいのです。

方法2    自ら意識してアルファ波状態に導く方法もいろいろありますが、ここでは、誰もができる簡単な方法をご紹介します。

  1. イスに腰掛け、楽な姿勢をとり、目をうっすらと閉じる。
  2. 深呼吸を3回、ゆっくりと繰り返します。
  3. ゆっくりと呼吸しながら、首を3回まわします。
  4. 両手を胸の前で握り、掌が前方へ向くように反転しながら腕を前に伸ばします。
  5. 息を吸いながら腕を上げ、後ろにグッーと反ります。
  6. 息を一気に吐きながら腕を下ろします。
  7. 4~6 を2回繰り返します。
  8. 息を吸いながら全身(あるいは緊張感のある部位)に酸素が行き渡るようにイメージします。
  9. ゆっくりと息を吐きながら全身(あるいは緊張感のある部位)の緊張感が息とともに抜けていくようイメージします。
  10. 8~9 を十分にリラックスできるまで続けます。(通常15分程度)

上記のリラックス法を実施することにより、脳はアルファ波になります。 まずは、これを日常の日課、習慣としてください。

 

では、アルファ波状態のときに何をすればいいのでしょか?

アルファ波の状態の時に、アファーメーションという方法を使ってメンタルトレーニングをします。 アファーメーションとは、自分に対しての、言葉の語リかけです。 これは日ごろ、あなたも、無意識のうちに行っていることです。

「今日も天気が悪いな~会社に行くのが嫌になるな」「今日も残業かよ。ほんとやってられないよ」「こんな営業ノルマ、俺に達成できるわけないじゃないか」など、口に出したり、心の中で思ったりと、自分自身に語りかけているわけです。 実は、この無意識に浮かんで<る言葉や思いこそが、あなたの潜在意識からのメッセージなのですが、一度意識してみてください。 そのメッセージ、マイナスの言葉が多いですか?それともプラスの言葉が多いでしようか?

大抵の人は、潜在意識がマイナスにプログラミングされてしまっているので、自分の楽しみ以外のことを考える際には、思考パターンはマイナスに傾いています。 このプログラムをプラスに変えていくのが、アファーメーション(自己説得)なのです。しかも、これはアルファ波の状態で行うことによリ、潜在意識はぐいぐいプラス情報をインプットしていきます。

効果的なアファーメーションは断定的な言い回し、書き方が重要です。

「私は幸せだ!」「私は行動力がある!」「私はダイエットしてどんどんキレイになっている!」「人生は楽しい!」

つい、習慣で「~したいな」「~しなければ」「~があれば」となりますが、徐々にトレ-ニングしてください。 間違っても「~できない!」はいけません。「~できない!」と言っている自分に気づいたら「~できないと以前までは思っていたけど」と自己説得を付け加えましょう

もちろん、一度や二度やったからといって、一朝一夕で変わるものではありませんが、繰り返し繰り返し自己説得を続けていくことで、あなたの潜在意識は、劇的に成功者の潜在意識へと生まれ変わるのです。

また、外部から与えられモチベーションではなく、自発的に発電するモチベーションなので、一時的な気休めで終わるものではなく、永続的に自家発電する内部からのモチベーションなのです。真のモチベーションとは、他人から与えられるものではなく、自発的に、そして自動的に湧き出てくるものです。

もちろん、やり始めは、何だかバカバカしく、時にはこんなこと続けていても効果あるはずないじゃないか?!という思いに駆り立てられることもあるかもしれませんが、これは、あなたの古い否定的な潜在意識のプログラムが、そう言っているだけであって、全くその否定的な声は無視して、とにかく、言い続けることを習慣化しましょう。

次にアファーメーションを文章にしましょう。 アファーメーションの内容は、自分が改善したい性格や、習慣、自己イメージをプラスにする文章にすることです。 恥ずかしいのですが、私が実際、書いて壁に貼り付けている文面を紹介します。

私は十分豊かだ!
私は感謝している!
私は全てにおいて恵まれている!

以上を参考に、あなたのオリジナルなアファーメーションをいくつも作成してください。 そして、その紙を目立つ所に貼り付けてください。トイレに貼るなどもいいですね。

もうひとつのポイントは、その紙を、カバンや手帳などに入れいつも持ち歩き、暇があれば頻繁に眺めることです。そして、何度も何度も自分に向かって、アファーメーションを繰り返すのです。好きな歌を無意識に口ずさむように・・・

どうでしょうか?たったこれだけのことで、ブラスの潜在意識のプログラムを構築することができるのです。 しかし、たったこの単鈍なことを実行に移すか移さないかであなたの人生は大きく変わるということを忘れないで下さい。 知っているのと、実行しているのは全くの別物です。

成功者は実は、このような「誰もができることを、当たり前に実行に移した方達」なのです。私たちと何ら大差はありません。 是非、あなたも騙されたと思って今日からでも実行に移してください。


Page Top | My Library Home