My Library Home

阪本龍馬の未亡人

安岡秀峰

安岡秀峰による楢崎龍女史の坂本龍馬回想録(昭和6年)



全五回

一回 |  二回 |  三回 |  四回 |  五回 | 

 

(一)

 雨さへ降らなければ、日暮前から、良人は荷を担いで商売に出掛ける。その留守を狙つて一升徳利を提げて、私は足繁く女の許を訪れた。と書くといかにも物騒な話だが、事実はさう謂つた色ツぽいものではなかつた。時は明治三十年の晩春、場所は神奈川県三浦郡豊島村字深田(今の横須賀市深田町)、もう其頃から横須賀とは軒続きで、場末だけに、汚い貧乏長屋が軒を並べて居た。女の住居は海軍病院の塀に添つた奥まつた路次の中で、一棟二戸建の長屋であつた。
 屋根は茅葺、六尺の格子の裡側うちがはが三尺の土間で、障子を開けたところが三畳、その横が六畳の居間、一間の押入があり、六畳の背後が一坪の台所になつて居た。唯だそれだけの住居で、唐紙に色紙が当てゝあるのも、障子にツギハギがしてあるのも、お定まりの型である、さうして古い箪笥と、鼠不入ねずみいらずと、縁の欠けた長火鉢だけが、貧弱な世帯道具の中で目に立つた。

 仏壇だけは光つて居た。
 女とは誰……土州の俊傑、坂本龍馬の未亡人お良さんである。龍馬はれうまと読み、未亡人はお良さんと書くのが正しい。
 もつとも、お良さんには、二度目の良人、西村松兵衛さんがあるのだから、坂本龍馬の妻としては未亡人だが、今はれつきとした人の妻である。従つて未亡人と呼ぶのは当つて居ないかも知れない。
 私の家と、お良さんとは、親戚の間柄になつて居た。それはお良さんの実妹君江が、菅野覚兵衛(海援隊の一人)の妻で、覚兵衛の実妹お力が、私の父の兄、安岡重房の妻となつて居るからである。さう謂つた縁故があるばかりでなく、私のママ直綱たゞつなは、海援隊の一人で、中岡慎太郎とは、藩を脱出する以前からの親友であり、中岡との関係から、坂本にも結びついて、坂本も父とは、同時に勝安房の門に入つた。だから父ママ尊王攘夷のさかんな時に、尊王開国を唱へた一人で、七卿落の時には、三条公を護衛して太宰府に下つた。

 土佐人と京都人とを結び付けた私の家や、お良さん達が、どうして横須賀くんだりへ流れて来たか、坂本に死別したお良さんが、なぜ二度目の良人松兵衛さんを迎へたか、この消息を知つて居る人は極めて尠い、それは人生の内側に起つた出来事だからである。親戚も前謂つたやうな関係が無ければ、鳥渡ちよつとのぞき難い方面の消息だからである。
 菅野覚兵衛の実妹お力を娶つた私の叔父重房は、横須賀に鎮守府が置かれると、教官として赴任した。漢学の講師で、若い士官達や水兵達から、慈父の如く慕はれた人格者であつた。この縁故から私の長兄が鎮守府に努め、私の一家も、明治二十二年に横須賀へ移住した。その以前に、お良さんは松兵衛さんと手を携へて、お力叔母さんを頼つて横須賀に移住したのである。
 お良さんの二度目の良人松兵衛さんは、背のすらりと高い、面長の、商人上りの温厚な人であつた。どつちかと言へば無口な方で、御世辞も言はなければおべつかも使はない、滅多に怒つた顔を見せたことがないといふ男。横須賀へ居住して後の稼業は、ドツコイドツコイで、横須賀の大滝町に灯の点る頃から、大滝海岸の盛り場へ荷を下して、金花糖の鯛や、鯖や、大黒、恵比須を餌に、ブン廻しの当りで客と釣る、現今のテキ屋に類する大道商人であつた。
 松兵衛さんは、かうして夜の十二時、一時まで営業して、儲けた金を懐中に抱いて帰つて来る。つまり日の暮れる頃から夜の十二時頃迄は、松兵衛さんは必ず留守になるのだ。そこを狙つて一升徳利か携げて、私はお良さんの昔話を聴きに往つた。

 その時、お良さんは五十七歳、多少、頭髪に白髪は交つて居たが、濃艶なお婆さんだつた。丸顔で、愛嬌があつて、魅力に富んだ涼しい瞳の持主であつたことを、私は今でも覚えて居る。勿論裏長屋に住む貧乏人だから、着て居る物は洗ひざらした双子ふたごあわせで、黄の色のせたチヤン/\コを着て、右の足が少し不自由だつたらしく、起居たちゐの挙動が、達者な口と反対に、鈍かつた。

 私は長火鉢を隔てゝ、お良さんと差向ひになつて、チビ/\酒を飲みながら昔話を聴いた。お良さんはなか/\の大酒家だつたから、私の持参した一升は、松兵衛さんの帰る迄に、一しづくも残らなかつた。

(二)

 お良さんは、寺田屋の危難と、霧島山の逆鉾とを、繰返して、力を入れて語つた。
「あの時、私は、風呂桶の中につかつて居ました。これは大変だと思つたから、急いで風呂を飛び出したが、全く、着物を引掛けて居る間も無かつたのです。実際全裸まるはだかで、恥も外聞も考へては居られない。夢中で裏梯子から駆け上つて、敵が来たと知らせました。その時坂本は、自分の羽織を手早く行燈にかぶせて、光を敵の方に向け、自分と三好さんは暗い方に隠れて、敵が表梯子から上つて来る鼻先へ、鉄砲をつ放しました。私はしばらく様子を見て居ましたが、危険あぶないと思つたので元の裏梯子から湯殿の方へ引返しました」

 此時のお良さんは、沈着な女ではなかつた。半分は無意識に、他動的に、急を坂本に知らせたのである。あとから考へて、どうしてあの時、あんな挙動に出たのか、自分でも不思議な程だつたと言つだ。
 こゝで少しくお良さんの性格を書いて置かう。お良さんは当時の婦人気質かたぎから言うと、御転婆な、京女には似合はない、大酒呑のおしやべりであつた。俗に言ふ侠の方で、随分人を食つた女であつたらしい。
 坂本はぞつこんお良さんに惚れて居たが、坂本を首領かしらと仰ぐ他の同志達は、お良さんを嫌つて居た。第一に生意気な女である、坂本を笠に着て、兎角他の同志を下風に見たがる、かう言つた性格が、坂本の死後、お良さんを孤立させた。坂本の姉のおとめは、誰よりもお良さんが嫌ひであつた。

 だから、坂本の家は、甥の高松太郎が相続してお良さんは坂本家から離縁された。と言つても其当時、戸籍は無かつたので、離縁に就いての面倒な手続きは要らなかつたのだ。
 離縁されたお良さんには、母と、弟と、二人の妹があつた。弟の消息は忘れたが、次の妹光枝は中沢某に嫁ぎ、末の妹君江は、菅野覚兵衛の妻となつた。かうして母と弟妹を抱へたお良さんは、同志達にも見放され、いつ迄も寺田屋に居ることも出来ず、丁度そこへ西村松兵衛といふ候補者が出来たので、松兵衛さんを二度目の良人として、母と弟妹を世話したのである。
 松兵衛さんは、京都の大きな呉服屋の若旦那で、京大阪を往復する時、いつも伏見の寺田屋を定宿として居た、その関係で、寺田屋の女将おかみお登世が、お良さんに同情して二人を結びつけた。
 更に、お良さんの口裏から推察すると、松兵衛さんは、坂本の恋敵であつたらしい。坂本と松兵衛さんと、どちらが早くお良さんに想ひを懸けたかは判らないが、兎も角、松兵衛さんは競争に失敗して、お良さんを諦めて居たのである。それが、刺客に襲はれて、中岡慎太郎と共に、坂本が近江屋ママ助の二階で斃れたので、松兵衛さんには、もつけの幸ひであつた。つまり坂本を殺した刺客は、松兵衛さんから見ると結びの神だ。

 一旦諦めた恋が猛烈に蘇へると、寺田屋の女将に切々の恋情を打明けた。そこへお良さんが同志には見放され、坂本家からは離縁となり、母と弟妹を抱へて、途方に暮れたので松兵衛さんの恋は順調に進行して、遂にお良さんを手に入れたのである。
 一方は天下の俊傑、一方は大道商人のドツコイドツコイ屋、何と奇妙な取合せではないか。

(三)

「霧島山の逆鉾さかほこと言つたつて、詰らないものでした。山の頂上てつぺんに、二尺ばかりの鉾が逆さに突立つて居るのです。それを抜いたりすると、たゝるといふのだけれど、ナニ、構ふものかツて、片手で抜いちまひました。坂本は止せと言つて止めましたがね、そんなこと、何でもありません!」

 お良さんのおきやんは、これでも知れる。坂本に伴はれて、鹿児島の城下に滞在した時は随分はしやいだらしかつた。
「西郷さんが私をお転婆だと言つて笑ひました、坂本はハキ/\したことが好きで、私がどんなことをしたつて、決して叱るやうなことはなかつたのです」
 天下の俊傑も、案外女にはのろかつたらしい。薩長聯合の大仕事を仕上げて、まだ其の結果が現はれない中に、情婦を携へて鹿児島の城下を濶歩したのだから、見やうによつては、馬鹿の骨頂とも言へるし、それだけ胸中に、余裕と、洒落気しやれけと、元気があつたことにもなる。
「寺田家のお登世は、どんな女でしたか」私が問ふだ。

「あの人は、男勝りの、親切な女将さんでした。寺田屋はあの人の力で保つて居たので、亭主は好人物おひとよしで、あつても無くても宜い人でした。それに、あの人には、どういふものか子種が多い、あとから/\と子供が生れるので、あの人も耐らなくなつて、終始逃げ廻つて居ました」
 お登世は、孕むために生れて来たやうな女だつた。しまいには、子供の生れるのが怖ろしさに、亭主と部屋を別にした、それでもまだ不安なので、お登世が薦めて、亭主に遊所通ひをさせた。勤王の人々が、安心して、寺田屋を宿にしたのは、亭主が終始留守勝で、偶々たま/\家に居ても、気の置けない人物だつたからである。
 鳥羽伏見の合戦は、天下の形勢を一変した。それ以来の寺田屋には、もう浪人の姿は見られなかつた、都が東京にうつされて、浪人達は思ひ/\に出世した。そのあとに取残されたのは、大勢の子供を抱へたお登世と、松兵衛さんを良人に持つて、淋しく生活するお良さんだけだつた。

 その松兵衛さんも、維新のドサクサに紛れて、商売は左前になる、相当の負債もあり、到頭店を畳んで、居喰ひをする内、すつかり財産をなくしてしまつた。さうしてお坊ちやん育ちの彼は、再び花の咲く見込もなく、縁につながるお力を頼つて、横須賀へ流れ込んだ。ドツコイドツコイの商売は、松兵衛さんにふさはしい稼業だつた。

(四)

 私は母から、薩摩屋のおりせといふ名を聞いて居た、そのおりせについて、お良さんはこんな話をした。
「世間には余り知られて居ないけれども、お登世さんよりもおりせさんの方が、どれ程勤王の人達を助けたか知れません、寺田屋のやうに目に立つ事件が起らなかつたから、自然世間の注意を惹かなかつたけれども、おりせさんは侠客肌の女で、熱心な勤王贔負びいきでした。そのおりせさんに一番世話を焼かせたのは、伊達要之助(陸奥宗光)さんでしたよ」
 このおりせは、良人の万古と共に、大阪にある薩摩の花屋敷のお出入で、屋敷の門前に、薩摩屋といふ屋号で、人足差入れの稼

業を営んで居た。同志の人々は、その頭字を取つて「薩万」と呼んだ。
 坂本や、中岡や、其他海陸両援隊の人々は、京都で伏見の寺田屋、大阪でこの薩万を隠れ家にして居た、おりせはお登世に一層輪をかけた男勝りで、度胸もあつたし、悧巧で、勝気で、浪人の世話は、一切おりせが引受けてやつた。かうした女の亭主にあり勝な、万吉も好人物おひとよしの無口の男だつた。
 稼業が人足の差入れだから、薩万の二階にはいつも若い奴がごろついてゐた。足繁く他人が出入をしても、怪しまれる憂ひがなかつたので、浪人達は、こゝを屈強の隠れ場所にした。伊達要之助は、幕府方に逐はれて、この薩万に逃込んだ。
 詮議が厳しい、岡つ引の鵜の目、鷹の目である。薩万の周囲を、夜となく、昼となく、うさん臭い男が徘徊する。片時も油断は出来ないので、おりせは要之助を押入の中に隠して三度の食事を自分が運んだ。着の身着の儘、垢にまみれ、虱が涌いて、押入の戸を開けると強烈な臭気が鼻を衝く、かうした押入の生活が、月余に亘ると、要之助は退屈でたまらなくなつた。陽の光が見たい、晴れた空を仰ぎ度い、さういふ衝動が、全身をうづ/\させた。

「えゝどうなるものか!」と捨鉢になつて、或日こつそり押入の中から這ひ出すと、窓を開けて、てすりの外へ首を出した。そこは裏二階の、下が川で、どす黒く濁つた水が、ゆるい流れを見せて大川につゞいて居た。
 その時である、要之助は挙動不審の男を見た。男は中年の紙屑買ひであつたが、河岸に佇んで、二階を見上げた瞳に、要之助の魂をわななかせる鋭い光があつた。
失策しまつた」と思つた。要之助はすぐ首を引いた。
 おりせが夜の食事を運んで来た。
 要之助の話を聞くと、おりせは忽ち顔の色を変へた。「あの紙屑買ひなら、私も不思議な奴だと思つて居ました。毎日のやうにやつて来て、薄気味の悪い眼付で奥を覗くのです。もうかうしては居られません、今晩すぐ船でお逃げなさい」
「飛んだことをしてしまつた。つい明るい世界が見たくなつたものだから!」

 夜更けて要之助は、裏河岸から、こつそり小舟に乗移つた、船頭は薩万腹心の若い男だつた。
「一方ならぬ世話になつた、かたじけない」
「気を付けてらつしやいよ、では、お達者で!」見送るおりせの眼に、熱い雫があつた。それから僅に二十分ばかりも経つて、不意に薩万へ捕方が踏込んで、天井裏から縁の下迄捜査したがおりせは眉一つ動かさなかつた。「そんなに世話を焼かせた要之助さんが、どうでせう、御維新になつて、自分は出世をしても、おりせさんに手紙一本寄越さないのです。たしか明治八九年の頃だと覚えて居ますが、おりせさんが大阪から東京へ来て、菅野とお前さんの宅(その頃私の家は築地の小田原町にあった)を宿にして居ました。東京見物に来たのです。その時菅野やお前さんの阿父さんが、御維新前に、我々同志は随分厄介をかけた。その中でも陸奥は、どれだけ世話になつたか知れない。東京へ来たのを幸ひ、陸奥を訪ねて遣るが宜い。あの男も、お前さんに会つたら、喜んで待遇するだらうと言つてすゝめました。でもおりせさんは余り気乗りがしなかつたやうでした。

 おりせは、音信を絶つた要之助に、不快の念を抱いて居た。侠客肌のきかない気の女だから、持前の反抗心が涌くのである。あんな薄情な奴に誰が会ふものか…かういつた気持が先に立つて、足を向けようといふ気にはなれなかつた。
 だが、菅野や私の父が再三薦めたので、
「では、会つて見ようか」といふ気持になることが出来た。
 で、些細な手土産を携へて、或日陸奥の屋敷を訪れた。表玄関に立つて案内を乞ふと、書生が取次に出て、奥へ人つたが、しばらくすると、再び玄関へ出て来て、
「主人は只今多忙ですから、お目にかゝることが出来ません」と素気そつけなく答へた。
 おりせは、真赤になつて、黙つて書生の顔をにらみつけて居た。

 肝癪が破裂したのだ。憤怒と憎悪が一時にこみ上げた。
「馬、馬鹿にしやがるない!」積年の憤懣が爆発した。「陸奥にさう言つてやれ、人を馬鹿にしやアがつて、あの時のことを忘れたか!押入の中で、虱にたかられて下手にまごつくと首が無かつたんだ、誰のおかげで助かつたと思ふ。私はね、少しばかり世話をしたからつて、そんなことを恩に着せて、大きな面をする女ぢやないんだよ。陸奥が出世をしたからつて、誰が世話をして呉れと言ふものか。金でも借りに来やしまいし、人を馬鹿にしやアがる。薩万のおりせが、陸奥は恩知らずの畜生だと言つたつて、さう言つて遣れ、畜生奴ツ」
 持つて来た土産物を玄関に叩きつけて、さつさと私の宅へ帰つて来た。さうして私の父の顔を見ると、張りつめた気が弛んだのか、声を揚げて泣いた。
 おりせと陸奥は、顔を合す機会がなかつた。二人とも会はうとしないで、二人とも故人になつてしまつた。

(五)

 お良さんは、月に一二回、其頃横須賀の汐入町にあつた私の住居へやつて来た。不思議に私の父はお良さんを嫌つた。坂本の死後、同志の中には、出世をした人が尠くないのに誰一人お良さんや松兵衛さんを世話しようといふ者がなかつた。私の父がお良さんを嫌つたのも、お良さんの昔の生意気や、おしやべりや、蓮ツ葉な性格以外に、どこかお良さんには、人に嫌はれる天分があつたのかも知れない。
 お良さんが死んだのは明治三十九年一月十五日である、それもお良さんが、昭憲皇太后陛下の御夢に現はれたといふ記事が、当日の新聞紙を賑はせたから判つたので、このことがなければ、お良さんの死は、闇に葬られて居たのである。お良さんは、横須賀市外深田観念寺の裏長屋で、貧のドン底に落込んで死んだ。遺骸は神奈川県三浦郡浦賀町字大津(横須賀市外大津と言つた方がよく判る)の信楽寺に埋葬した。いみなは「昭龍院閑月珠光大姉」享年六十六歳で、現在の墓標は大正三年八月十六日、実妹中沢光枝が建立した。


Page Top | My Library Home