My Library Home

南洲翁遺訓なんしゅうおういくん

西郷隆盛

西郷隆盛の遺訓集。「西郷南洲翁遺訓」、「西郷南洲遺訓」、「大西郷遺訓」などとも呼ばれる。



一、 廟堂(びょうどう)に立ちて大政を為すは天道を行ふものなれば、些(いささ)かとも私を挟みては済まぬもの也。いかにも心を公平に操り、正道を蹈(ふ)み、廣(ひろ)く賢人を選擧(せんきょ)し、能く其職に任ふる人を擧(あ)げて政柄を執らしむるは、即ち天意也。夫(そ)れゆゑ眞(しん)に賢人と認る以上は、直に我が職を譲る程ならでは叶わぬものぞ。故に何程国家に勲勞(きんろう)有る共、其職を任へぬ人を官職を以て賞するは善からぬことの第一也。官は其人を選びて之を授け、功有る者には俸禄を以て賞し、之を愛し置くものぞと申さるるに付、然らば尚書(書経)仲之誥(ちゅうきのこう)に「徳懋(さか)んなるは官を懋んにし、功懋んなるは賞を懋んにする。」と之れ有り、徳と官と相配し、功と賞と相對するは此の義にて候ひしやと請問せしに、翁欣然(きんぜん)として、其通りぞと申されき。

二、 賢人百官を總(す)べ、政權一途に帰し、一格の國體定制無ければ、縱令(たとい)人材を登用し、言路を開き、衆説を容(い)るる共、取捨方向無く、事業雑駁(じぎょうざっぱく)にして成功有るべからず。作日出でし命令の、今日忽(たちま)ち引き易ふると云様なるも、皆統轄する所一ならずして、施政の方針一定せざるの致す所也。

三、 政の大體(だいたい)は、文を興し、武を振ひ、農を勵(はげ)ますの三つに在り。其他百般の事務は皆此の三つの物を助くるの具也。此の三つの物の中に於て、時に從(したが)ひ勢に因り、施行先後の順序は有れど、此の三つの物を後にして他を先にするは更に無し。

四、 萬民の上に位する者、己を愼(つつし)み、品行を正しくし、驕奢(きょうしゃ)を戒め、節儉(けんやく)を勉め、職事に勤勞して人民の標準となり、下民其の勤勞を気の毒に思ふ様ならでは、政令は行なはれ難し。然るに草創の始に立ちながら、家屋を飾り、衣服を文(かざ)り、美妾を抱へ、蓄財を謀りなば、維新の功業は遂げられ間敷也(まじきなり)。今と成りては、戊辰の義戰(ぎせん)も偏に私を営みたる姿に成り行き、天下に對(たい)し戰死者に對して面目無きぞとて、頻(しき)りに涙を催されける。

五、 或る時「幾歴辛酸志始堅。丈夫玉砕愧甎全。一家遺事人知否。不爲児孫買美田。」との七絶を示されて、若(も)し此の言に違ひなば、西郷は言行反したるとて見限られよと申されける。

六、 人材を採用するに、君子小人の辨酷(べんこく)に過ぐる時は、却って害を引起すもの也。其故は、開闢(かいびゃく)以来世上一般十に七八は小人なれば、能く小人の情を察し、其長所を取り之を小職に用ひ、其の才藝(さいげい)を盡(つく)さしむる也。東湖先生申されしは「小人程才藝有りて用便なれば、用ひざればならぬもの也。去りとて長官に居(す)ゑ重職を授くれば、必ず邦家を覆(くつがえ)すものゆゑ、決して上には立てられぬものぞ」と也。

七、 事大小と無く、正道を蹈み至誠を推し、一事の詐謀を用ふ可からず。人多くは事の指支(さしつか)ゆる時に臨み、作略を用て一旦その指支を通せば、跡は時宜(じぎ)次第工夫の出来る様に思へ共、作略の煩ひ屹度(きっと)生じ、事必ず敗るるものぞ。正道を以て之を行えば、目前には迂遠なる様なれ共、先きに行けば成功は早きもの也。

八、 廣く各國の制度を採り開明に進まんとならば、先ず我國の本体を居ゑ風教を張り、然して後徐(しず)かに彼の長所を斟酌(たいしゃく)するものぞ。否(しか)らずして猥(みだ)りに彼れに倣(なら)ひなば、國體は衰頽(すいたい)し、風教は萎靡(いび)して匡救(きょうきゅう)す可からず、終に彼の制を受くるに至らんとす。

九、 忠孝仁愛教化の道は政事の大本にして、萬世に亙(わた)り宇宙に彌(わた)り易ふ可からざるの要道也。道は天地自然の物なれば、西洋と雖も決して別無し。

十、人智を開發(かいはつ)するとは、愛國忠孝の心を開くなり。國に盡し家に勤むるの道明かならば、百般の事業は從て進歩す可し。或ひは耳目を開發せんとて、電信を懸け、鐵道(てつどう)を敷き、蒸氣(じょうき)仕掛けの器械を造立し、人の耳目を聳動(しょうどう)すれ共、何に故電信鐵道の無くては叶わぬぞ缺(か)くべからざるものぞと云ふ處に目を注がず、猥りに外國を仰ぎ、奢侈(しゃし)の風を長じ、財用を浪費せば、國力疲弊し、人心浮薄に流れ、結局日本身代限りの外有る間敷也。

十一、文明とは道の普(あまね)く行はるるを賛稱(さんしょう)せる言にして、宮室の壯嚴(そうごん)、衣服の美麗、外觀(がいかん)の浮華を言うには非ず。世人の唱ふる所、何が文明やら、何が野蠻(やばん)や些(ち)とも分からぬぞ。予嘗(かつて)て或人と議論せしこと有り、西洋は野蠻じゃと云いしかば、否な文明ぞと争ふ。否な野蠻じゃと疊(たた)みかけしに、何とて夫れ程に申すにやと推せしゆゑ、實(じつ)に文明ならば、未開の國に對しなば、慈愛を本とし、懇々説諭して開明に導く可きに、左は無くして未開蒙昧(みかいもうまい)の國に對する程むごく残忍の事を致し己れを利するは野蠻じゃと申せしかば、其人口を莟(つぼ)めて言無かりきとて笑はれける。

十二、西洋の刑法は専ら懲戒を主として、苛酷を戒め、人を善良に導くに注意深し。故に囚獄中の罪人をも、如何にも緩るやかにして誡(かんかい)となる可き書籍を與(あた)へ、事に因りては親族朋友の面會(めんかい)をも許すと聞けり。尤(もっと)も聖人の刑を設けられしも、忠孝仁愛の心より鰥寡孤獨(かんかこどく)を愍(いつくし)み、人の罪に陷(おちい)るを恤(うれ)ひ給ひしは深けれ共、實地手の届きたる今の西洋の如く有しにや、書籍の上には見え渡らず、實に文明じゃと感ずる也。

十三、租税を薄くして民を裕(ゆたか)にするは、即ち國力を養成する也。故に國家多端にして財用の足らざるを苦むとも、租税の定制を確守し、上を損じて下を虐(しい)たげぬもの也。能く古今の事跡を見よ。道の明かならざる世にして、財用の不足を苦む時は、必ず曲知小慧(きょくちしょうけい)の俗吏(ぞくり)を用ひ巧みに聚斂(しゅうれん)して一時の缺乏(けつぼう)に給するを、理財に長ぜる良臣となし、手段を以て苛酷に民を虐げるゆゑ、人民は苦悩に堪え兼ね、聚斂を逃んと、自然譎詐狡猾(しぜんきっさこうかつ)に趣き、上下互に欺き、官民敵讐(かんみんてきしゅう)と成り、終に分崩離析(ぶんぽうりせき)に至るにあらずや。

十四、會計(かいけい)出納は制度の由て立つ所、百般の事業皆な是れより生じ、經綸(けいりん)の樞要(すうよう)なれば愼まねばならぬ也。其大體を申さば、入るを量りて出ずるを制すの外更に他の術數(じゅっすう)無し。一歳の入るを以て百般の制限を定め、會計を總理(そうり)する者身を以て制を守り、定制を超過せしむ可からず。否らずして時勢に制せられ、制限を慢(みだり)にし、出るを見て入るを計りなば、民の膏血(こうけつ)を絞るの外有る間敷也。然らば假令(たとえ)事業は一旦進歩する如く見ゆる共、國力疲弊して濟救(さいきゅう)す可からず。

十五、常備の兵數も、亦會計の制限による、決して無限の虚勢を張る可からず。兵氣を鼓舞して精兵を仕立なば、兵數は寡(すくな)くとも、折衝禦侮(せっしょうぎょぶ)に事缺ぐ間敷也。

十六、節義廉恥(せつぎれんち)を失て、國を維持するの道決して有らず、西洋各國同然なり。上に立つ者下に臨で利を争ひ義を忘るる時は、下皆之に倣ひ、人心忽ち財利に趨(はし)り、卑吝(ひりん)の情日々長じ、節義廉恥の志操(しそう)を失ひ、父子兄弟の間も餞財(せんざい)を争ひ、相ひ讐視(しゅうし)するに至る也。此の如く成り行かば、何を以て國家を維持す可きぞ。徳川氏は将士の猛き心を殺(そ)ぎて世を治めしか共、今は昔時戦國の猛士より猶一層猛き心を振ひ起こさずば、萬國對峙(ばんこくたいじ)は成る間敷也。普佛(ふふつ)の戰、佛國(ふっこく)三十萬の兵三ヶ月糧食有て降伏せしは、餘り算盤に精(くわ)しき故なりとて笑はれき。

十七、正道を踏み國を以て斃(たお)るるの精神無くば、外國交際は全かる可からず。彼の強大に畏縮(いしゅく)し、圓滑(えんかつ)を主として、曲げて彼の意に順從する時は、輕侮(けいぶ)を招き、好親却て破れ、終に彼の制を受るに至らん。

十八、談國事に及びし時、慨然として申されけるは、國の陵辱(りょうじょく)せらるるに當(あた)りては、縱令國を以て斃るる共、正道を踐(ふ)み、義を盡すは政府の本務也。然るに平日金穀理財の事を議するを聞けば、如何なる英雄豪傑かと見ゆれ共、血の出る事に臨めば、頭を一處に集め、唯目前の苟安(こうあん)を謀るのみ、戰(いくさ)の一字を恐れ、政府の本務を墜(おと)しなば、商法支配所と申すものにて更に政府には非ざる也。

十九、古より君臣共に己を足れりとする世に、治功の上がりたるはあらず。自分を足れりとせざるより、下々の言も聴きいるるもの也。己れを足れりとすれば、人己れの非を言えば忽ち怒るゆゑ、賢人君子は之を助けぬなり。

二十、何程(なにほど)制度方法を論ずる共、其人に非ざれば行なわれ難し。人有て後方法の行はるるものなれば、人は第一の寶(たから)にして、己れ其人に成るの心懸(こころが)け肝要なり。

二十一、道は天地自然の道なるゆゑ、講學(こうがく)の道は敬天愛人を目的とし、身を修するに克己を以て終始せよ。己れに克つの極功(きょくこう)は「母意母必母固母我」(論語)と云えり。總(そう)じて人は己れに克つを以て成り、自ら愛するを以て敗るるぞ。能く古今の人物を見よ。事業を創起する人其事大抵(そのことたいてい)十に七八迄は能く成し得れ共、殘り二つを終る迄成し得る人の希(ま)れなるは、始は能(よ)く己を愼み事をも敬する故、功も立ち名も顯(あらわ) るるなり。功立ち名顯るるに随(したが)ひ、いつしか自ら愛する心起り、恐懼戒慎(きょうくかいしん)の意弛(いゆる)み、驕矜(きょうきょう)の氣漸く長じ、其成したる事業を負(たの)み、苟(いやしく)も我が事を仕遂(しと)げんとてまずき仕事に陷いり、終に敗るるものにて、皆な自ら招く也。故に己れに克ちて、賭(み)ず聞かざる所に戒愼(かいしん)するもの也。

二十二、己れに克つに、事々物々時に臨みて克つ様にては克ち得られぬなり。兼て氣象(きしょう)を以て克ち居れよと也。

二十三、學に志す者、規模を宏大にせずば有る可からず。去りとて唯此こに偏倚(へんい)すれば、或は、身を修するに疎(おろそか)に成り行くゆゑ、終始己れに克ちて身を修する也。規模を宏大にして己れに克ち、男子は人を容れ、人に容れられては濟(す)まぬものと思へよと、古語を書て授(さず)けらる。
   恢宏其志氣者。人之患。莫大乎自私自吝。安於卑俗。而不以古人自期。
古人を期するの意を請問せしに、尭舜を以て手本とし、孔夫子を教師とせよとぞ。

二十四、道は天地自然の物にして、人は之を行ふものなれば、天を敬するを目的とす。天は人も我も同一に愛し給ふゆゑ、我を愛する心を以て人を愛する也。

二十五、人を相手にせず、天を相手にせよ。天を相手にして、己れを盡て人を咎(とが)めず、我が誠の足らざるを尋(たず)ぬべし。

二十六、己れを愛するは善からぬことの第一也。修業の出来ぬも、事の成らぬも、過を改むることの出来ぬも、功に伐(ほこ)り驕慢(きょうまん)の生ずるも、皆な自ら愛するが爲(ため)なれば、決して己れを愛せぬもの也。

二十七、過ちを改るに、自ら過ったとさへ思い付かば、夫れにて善し、其事をば棄(す)て顧みず、直に一歩踏出す可し。過を悔しく思ひ、取繕(とりつくろ)はんと心配するは、譬(たと)へば茶碗を割り、其缺けを集め合せ見るも同にて、詮(せん)なきこと也。

二十八、道を行ふには、尊卑貴賤(そんひきせん)の差別無し。摘(つま)んで言えば、尭(ぎょう)舜(しゅん)は天下に王として萬機(ばんき)の政事を取り給へ共、其の職とする所は教師也。孔夫子は魯國(ろこく)を始め、何方へも用ひられず、々(しばしば)困厄(こんやく)に逢ひ、匹夫(ひっぷ)にて世を終へしか共、三千の徒皆な道を行ひし也。

二十九、道を行ふ者は、固より困厄に逢うものなれば、如何なる艱難(かんなん)の地にたつとも、事の成否身の死生抔(など)に、少しも關係(かんけい)せぬもの也。事には上手下手有り、物には出来る人出来ざる人有るより、自然心を動す人も有れ共、人は道を行ふものゆゑ、道を蹈むには上手下手も無く、出来ざる人も無し。故に只管(ひたす)ら道を行ひ道を樂(たの)しみ、若し艱難に逢うて之を凌(しのが)んとならば、彌々(いよいよ)道を行ひ道を樂む可し。予(よ)壯年(そうねん)より艱難と云ふ艱難に罹(かか)りしゆゑ、今はどんな事に出會ふ共、動揺は致すまじ、夫れだけは仕合(しあわ)せなり。

三十、命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、仕末(しまつ)に困るもの也。此の仕末に困る人ならでは、艱難を共にして國家の大業は成し得られぬなり。去れ共、个様(かよう)の人は、凡俗の眼には見得られぬぞと申さるるに付、孟子に「天下の廣居(こうきょ)に居り、天下の正位に立ち、天下の大道を行ふ、志を得れば民と之に由り、志を得ざれば獨(ひと)り其道を行ふ、富貴も淫すること能(あた)はず、貧賤(ひんせん)も移すこと能はず、威武(いぶ)も屈すること能はず」と云ひしは、今仰(おお)せられし如きの人物にやと問ひしかば、いかにも其の通り、道に立ちたる人ならでは彼の氣象は出ぬ也。

三十一、道を行ふ者は、天下擧(こぞっ)て毀(そし)るも足らざるとせず、天下擧て譽(ほめ)るも足れりとせざるは、自ら信ずるの厚きが故也。其の工夫は、韓文公が伯夷(はくい)の頌(しょう)を熟讀(じゅくどく)して會得せよ。

三十二、道に志す者は、偉業を貴ばぬもの也。司馬温公は閨中(けいちゅう)にて語りし言も、人に對して言ふべからざる事無しと申されたり。獨を愼むの學推て知る可し。人の意表に出て一時の快適を好むは、未熟の事なり、戒む可し。

三十三、平日道を蹈まざる人は、事に臨て狼狽し、處分(しょぶん)の出来ぬもの也。譬へば近隣に出火有らんに、平生處分有る者は動揺せずして、取仕末も能く出来るなり。平日處分無き者は、唯狼狽して、中々取仕末どころには之無きぞ。夫れも同じにて、平生道を蹈み居る者に非ざれば、事に臨みて策は出来ぬもの也。予先年出陣の日、兵士に向ひ、我が備への整不整を唯味方の目を以て見ず、敵の心に成りて一つ衝(つい)て見よ、夫れは第一の備ぞと申せしとぞ。

三十四、作略(さりゃく)は、平日致さぬものぞ。作略を以てやりたる事は、其迹(そのあと)を見れば善からざること判然にして、必ず悔い有る也。唯戰に臨みて作略無くばあるべからず。併(しか)し平日作略を用れば、戰に臨みて作略は出来ぬものぞ。孔明は平日作略を致さぬゆゑ、あの通り奇計を行はれたるぞ。予嘗て東京を引きし時、弟へ向ひ、是迄(これまで)少しも作略をやりたる事有らぬゆゑ、跡は聊(いささ)か濁るまじ、夫れ丈(だ)けは見れと申せしとぞ。

三十五、人を籠絡(ろうらく)して陰に事を謀る者は、好し其事を成し得る共、慧眼(すいがん)より之を見れば、醜状(しゅうじょう)著しきぞ。人を推すに公平至誠を以てせよ。公平ならざれば英雄の心は決して攬(と)られぬもの也。

三十六、聖賢に成らんと欲する志無く、古人の事跡を見、迚(とて)も企て及ばぬと云う様なる心ならば、戰に臨みて逃ぐるより猶ほ卑怯なり。朱子も白刃(はくじん)を見て逃る者はどうにもならぬと云われたり。誠意を以て聖賢の書を讀み、其の處分せられたる心を身に體し心に験する修行致さず、唯个様の言个様の事と云ふのみを知りたるとも、何の詮無きもの也。予今日人の論を聞くに、何程尤もに論する共、處分に心行き渡らず、唯口舌の上のみならば、少しも感ずる心之れ無し。眞に其の處分有る人を見れば、實に感じ入る也。聖賢の書を空(むなし)く讀むのみならば、譬へば人の劒術(けんじゅつ)を傍観するも同じにて、少しも自分に得心出来ず。自分に得心出来ずば、萬一立ち合へと申されし時逃るより外有る間敷也。

三十七、天下後世迄も信仰悦服(しんこうえっぷく)せらるるものは、只是一箇の眞誠也。古へより父の仇を討ちし人、其の麗(か)ず擧(あげ)て數(かぞ)へ難き中に、獨り曽我の兄弟のみ、今に至りて兒童婦女子(じどうふじょし)迄も知らざる者の有らざるは、衆に秀でて、誠の篤(あつ)き故也。誠ならずして世に譽らるるは、僥倖(ぎょうこう)の譽也。誠篤ければ、縦令當時(とうじ)知る人無く共、後世必ず知己有るもの也。

三十八、世人の唱ふる機會とは、僥倖の仕當(しあ)てたるを言ふ。眞の機會は、理を盡して行ひ、勢を審(つまびら)かにして動くと云うに在り。平日國天下を憂ふる誠心厚からずして、只時のはずみに乗じて成し得たる事業は、決して永續(えいぞく)せぬものぞ。

三十九、今の人、才識あれば事業は心次第に成さるるものと思へ共、才に任せて爲(な)す事は、危くして見て居られぬものぞ。體有りてこそ用は行はるるなり。肥後の長岡先生の如き君子は、今は似たる人をも見ることならぬ様になりたりとて嘆息なされ、古語を書て授けらる。
   夫天下非誠不動。非才不治。誠之至者。其動也速。才之周者。其治也廣。才與誠合。然後事可成。

四十、翁に從て犬を驅(か)り兎を追ひ、山谷を跋渉して終日獵(か)り暮らし、一田家に投宿し、浴終りて心神いと爽快に見えさせ給ひ、悠然として申されけるは、君子の心は常に斯(かく)の如くにこそ有らんと思ふなりと。

四十一、身を修し己れを正して、君子の體を具ふる共、處分の出来ぬ人ならば、木偶人も同然なり。譬へば數十人の客不意に入り来んに、假令何程饗應したく思ふ共、兼て器具調度の備無ければ、唯心配するのみにて、取(とり)賄(まかな)ふ可き様有間敷ぞ。常に備あれば、幾人なり共、數に應じて賄はるる也。夫れ故平日の用意は肝腎ぞとて、古語を書て賜(たまわ)りき。
   文非鉛槧也。必有處事之才。武非劒楯也。必有料敵之智。才智之所在一焉而已。


Page Top | My Library Home