震災避難所の渡波小学校でのルース大使の言葉

ジョン・V・ルース駐日米国大使(John Victor Roos)

2011年3月23日、避難所となっている宮城県石巻市の渡波(わたのは)小学校を訪問した際に述べた言葉。



 本日、ここにスージーと私をお迎えくださり、ありがとうございます。自然は貴重な生命、資産を破壊することはできても、人々の精神までをも破壊することはできません。私は今日ここで人間性の最高のかたちを目にしました。

 米国国民の思いと祈りは皆さまと共にあります。私たちはここに皆さまの力になるためにいます。私たちは皆さまを愛しています。今日も明日も、そして何カ月、何年もの将来にわたり、日本で役に立ちたいと思っております。ここにいらっしゃる皆さまをはじめ、日本国民は世界で最も逆境をはね返し復活する力のある国民であり、皆さまはこの悲惨な災害から必ず復興すると信じてやみません。ありがとうございます。

米国大使館HP『政策関連情報』http://japanese.japan.usembassy.gov/j/policy/tpolicyj-translations.html


Page Top | My Library Home