おさしづ

明治二十九年



明治二十九年一月八日
城法支教会市川会長辞任するに付、山本藤四郎へ御許し下され度く願
さあ/\尋ぬる事情/\、さあ/\もう十分話し、十分諭し合い、替わり/\諭し、なれど、こうという処に赴かん。赴かねばどうすることも行かん。余儀無く事情、運んだ理一寸でもあれば、繋いでという。なれど言葉一つ、末代吹く事情はどうもならん。尋ね通り思う通り、事情はすっきり委せ置こう。

檜垣へ移転の願
さあ/\尋ねる処/\、皆んな一つだん/\心という理、そも/\では治まる事出けん。一つ洗い替えて事情、こら余儀無く事情、余儀無く事情なら、精神一つの理に委せ置こう/\。

明治二十九年一月八日
井筒梅治郎身上願
さあ/\尋ねる事情/\、前々以て事情諭したる。一時の処余程事情でありたであろう。もう一つ心病んだる処、もう一寸踏ん張る処、よう聞き分けにゃ分かり難ない。事情にて思う事取り替えて了え。どうなるも後々一つ/\淋ぶしいから淋ぶしい思い出す理沸かす。十分なら思う事要らん。いろ/\事情思うから頼り無き事、世上諭したる。聞きながら/\一時なればどうでも理に拵える。これまで尽したる処、生涯末代もう暫く、それは思うやろう。聞きよう取りよう、一つ集まれば一つどうなるか知らん。一寸見れば思えば一寸理や。世界一つある。たんのうせにゃならん。後々放っとく者は一人も無い/\。よう聞き分け。尽した理はこゝに遺る。末代理と聞き分け。これだけ諭せば悟り付くやろう。心に取り直し出けるやろう。押して、身上の処如何と願
さあ/\尋ねるまでや/\。そういう事尋ねんならんような事やによって、諭す事に分かり難ない。速やかなる事十分諭したる。道のためには、身は果たしてなりと一つ理を遺さにゃならんという理、有ると言うか、無いと言うか。

明治二十九年一月十五日
撫養部内高松出張所教堂五間に二間半板間四間に三間座敷一間半二間炊事場二間に四間井戸一箇所、便所二箇所、事務所一間に一間半、外に居宅一箇所門一箇所願
さあ/\尋ねる事情、さあ/\数々事情、二間に四間はこれは出けんで。一尺なりと五寸なりと、伸ばしなりと縮めなりとするがよい。後々事情は許し置こう/\。

明治二十九年一月十六日
増野正兵衞身上声出ぬ障りに付願
さあ/\尋ねにゃならん/\。身上迫るという。身上これまで行く/\の理も諭してある。どんな理も諭してある。心たんのう/\所帰りこれまでもうや/\、これまでどうしょうと言えばどうしょう、日々日が遅れながら十分定まりの理が集まる。身上の理上今年々々一日の日勤まらんという処、万事よく聞き分け。一日一席諭する理定め。刻限の理遅れ/\、一寸始め掛け急がしてならん。急がしうてならんのは、昨日や今日に急がしなったやない。前々の理諭しある。一つ心に留めてある。それ/\からそれ/\話し、一時に話聞かす事出来ん。夜々の刻限に諭したい。日日同様それよう用いらねばどうもならん。これから心を浚えて忙しうなる。長い年限から手が足らん。一日の日が三日遅れ、古き見立て諭しの理、七十五人々々々々とも諭してある。今以て七十五人要らん。なれど、三名五名七名の人では多く集まる処、たんのう与える事出来ん。どんな古ても、上で古き下で古き、成るようにしてやれ。成らん者使えば人間心、日々万事立てや成るもの、日々早く取り立てにゃならん。

明治二十九年一月十九日
紺谷久平目かいの障り願
さあ/\だん/\に及び来たる処の理、中に尽す運ぶ中に一つどうであろう。運ぶ中尽す中どういう理でなる、心に思う。心の理は早く発散。何も思う事は要らん。心に事情思えば理が回る。さあ/\これまでにだん/\来たる処一日という、十分の理に治まる。世上の処を見て、どういう事もこういう事も心に発散。案じる事すっきり要らんで。さあ/\所にて万事一つ気に掛かる心に事情理を治め。案じる事はすうきり要らん。案じると心に理が回る。案じる事はすうきり要らん。

明治二十九年一月二十五日
台所の裏門壁及び教長宅の湯殿を取り除き、客殿の廻り東北西に壁を立てること、西の方に門を立てること、元の教会の裏門壁とも取り除け、又木小屋大工小屋柴小屋を取り除けること願
さあ/\尋ねる事情/\、さあ/\あちらこちら今日は邪魔になるやら、何処へやらんならんやら分からん。皆一時仮家々々の事によって、どんな事委せ置こう/\。

又、客殿と蔵の間にふたまを立てる願
さあ/\尋ねる処/\、さあ仮家と言うたるで。仮家々々の事にするによって、仮家さあ/\許そう/\。

又、古井戸底一間位掘り、ぐるり石垣にして石井戸屋形立てる願
さあ/\尋ねる処/\、さあ/\井戸々々、井戸の処随分綺麗に/\、これまでむさくろしくてどうもならん。これまで出けなんだ。一時出け難ない。仮家普請でも綺麗にする事は綺麗にせにゃならん。綺麗にして/\。

明治二十九年一月三十一日
城法支教会敷地寄付の願
さあ/\尋ぬる事情、さあ/\事情一日以て尋ねる。将来いつ/\まで、これより先永く楽しみ、生涯末代の事情に受け取る。さあ/\事情願通り許し置こう/\。

明治二十九年二月三日
本席歯の痛みに付願
さあ/\尋ねるまで。尋ねというは分かりて居る。親はどんな事も相変わらん。身に一つ何でも親という一つの理を聞き分け。運ぶ一つの理は尋ねるまでゝあろう。

明治二十九年二月四日
来年教祖十年祭に付御居間の処存命の通り火鉢なり其他つくらい致し度きに付願
さあ/\尋ぬる事情/\、尋ねにゃなろうまい/\。存命々々と言うであろう。存命でありゃこそ日々働きという。働き一つありゃこそ又一つ道という。存命一つとんと計り難ない道なれど、又日々世界映す事情聞き分け。尋ね掛けば諭す。どんな事も諭さにゃならん。まあ今日はこれで治めて置け。又後々十分話伝えるによって。

明治二十九年二月五日
桝井伊三郎地所買い求めの願
さあ/\尋ねる事情、さあ/\地所一つ先々事情尋ねる。どうせにゃならん、こうせにゃならんとは、これは言わん。成るよ行くよ事情、今一時心一つ理に委せ置こう/\。

押して願
さあ/\尋ねる処、それは皆々治まり、それ/\一つどうなりこうなり、との心に委せ置こう/\。

明治二十九年二月五日
寺田半兵衞身上願(五六日前より頭痛せし故願、その時二月二日におぢばへ出でし後娘たき咳出でしに付悩みを心に兼ねての願、この時の出席、教長、梅谷四郎兵衞、桝井伊三郎、鴻田忠三郎、取次高井猶吉書取板倉槌三郎)
さあ/\尋ねる事情、さあ/\身上心得ん事情尋ねる処、余儀無く事情尋ねる事情身上一つよう聞き分け。大半一つ越してこれまでどんな道も通り来たる処、ようよう一つそれ/\皆々心どんな道も通り、これから事情だん/\始まる。内々に話してそれ/\の中案じる。案じる事要らん。余儀無き事情、これからという道、一ついかなる事も楽しませ/\、たんのう/\これより一つ先々どんな道も付けて見せる。楽しみ一つ道これより先々こうである。先々道めん/\日々送り、これから先いかなる事情も案じる事要らん。身上も案じる事要らんで。

明治二十九年二月七日
桝井伊三郎小人孝四郎三才身上願
さあ/\尋ねる事情/\、小人に一つ事情心得んという。事情に心得んという処尋ねる。余儀無く事情であろう。小人というは何も知らん。事情に事情一つ分かればどんな理も分かる。よう聞き分け。これまで何が手引きや身の障りやと言うたる。十分聞いて居る。小人という程親の愛深いものは無いからというは漸くのもの。小人というはだん/\深い。よう聞き分け。旬という事情ある。いつ/\まで同じ事なら同じ事替わりて事情有る。よう聞き分け。そこで事情、親の意味空事々々は空の事。よう聞き分け。とんだ話だけのよう思う。内々だけなら又旬という。世界の理ある。小人案じる事要らん。それからそれ皆知らん理聞いて治まるやろう。

押して願
さあ/\尋ねる処/\、前々は皆小人である。追々というは空々から又空。第一は内々の処、遠いよう思うなれど今言うて今に思い難くい。そこでよう聞き分けて置かんならん。ふしから一つ治めるなら旬々という。小人速やかなりたなら追々事情運び掛けるがよい。

明治二十九年二月十二日
堀内与蔵身上に続き娘ヨシ身上事情願
さあ/\尋ねる事情/\、さあ/\いかな事情も尋ねる処、まあこうして居れば一つあちらも寄りこちらも寄り、一時以て思やん変わろまい。思いも変わろまい。なれど身上とんと計り難ない。又堪えられん、一つどういう事であろう。尋ねる処よう事情聞き分けにゃならんで。この処来うと言うて来らるものやない。居よと言うて居られん。よう聞き分け。人がどうすれば、我がもどうしよう、一つ掛かり内々あればこう、楽しんで居る。又中に一つ人がこうとする、我がもこうしよう。これ聞き分け。この道というは扶け合いという。めん/\一つ救けにゃならん。世界に事情、世界にたんのうありても、内々無ければ薄くなる。損得は言うまで。重々理あればこそたんのう無けにゃならん。外から一つ、遠い所こう、近い所から一つ人がこうすれば我がもこうと必ず持たず、世界見て我がにたんのう、成程とたんのう定めるは一時理という。身上一つという。身上案じる事要らん。案じてはなろうまい。

明治二十九年二月十八日
教祖十年祭に付仮屋二十間に二十五間の願
さあ/\尋ねる事情/\、もう程無う日柄の処も追々の事情になりたる。まあ仮家という、一寸の事情仮家々々。仮家一つとすればなか/\大層。あちらもこちらもすれば事易く出来る。治まる。思い立ったる処大層大きな事は随分大層でなろまい。まああちらへこちらへという事情にすれば、事安い事情にしてくれ。皆んな真っこと思い過ぎて大層になりてならん。建家でさえ仮家と言うたる。未だほんの仮家の仮家、これからこれという縄張りでもよい/\。よぎせん事情はせにゃならん。大望は受け取り難くい、何するも仮家、未だ/\仮家、一棟に一つにすれば大層であろ。あれからあれと印打て。縄張りでもよい。又天災雨思う処これは受け取る。大きい事したさかいにどうという事は無い。随分これまで話通り、仮家々々縄張りでも仮家。天災思うなら、あちらこちら一つ治めてくれ。どうせいこうせい堅くさしづ無い程に。その心持って掛かりてくれるよう。

押して
さあ/\成るよう/\軽く/\、とかく軽くして、そうして皆んな一つの心を治めたい/\。その日/\の心だけではどうもならん。将来の心を治めてくれ。世上一つの理がある、世界いかなる事情、前々より知らしたる。その日が来る。心の理を繋いでくれ。さあと言うたらさあ。順序治めてくれ。何ぼ賢うても人間思やんはその場だけより治まらん。とかく一つの心で成程という。あちらの事情こちらの事情はどうもむさくろしてならん。

御祀り向きはどちら向きに致して宜しきや
さあ/\その事情はさしづして置く。北に置いて南より事情、これだけ一つさしづして置こう。

押して、南より北向いて拝しますや
さあ/\その一つの理に委せ置こう。それより運んでくれ/\。

やしきの周囲板囲いの願
さあ/\それは縄張り同様、それは委せ置こう/\。

今の御殿の雛形にして別に大きい御殿新に作る願
さあ/\事情は、もう追々の話も替わりて出るやろ。後々とんと心を治め。あちらもこちらもというは、切りが無い。これして又これというが真の切り無し。一日の日目出度いなあと、ちゃんと治まりてこそ、端々までも治まる。又々事情集まりて来るやろ。その時又々のさしづに及ぶによって、しっかり聞き分けてくれ。

押して
さあ/\休息の所は日の決まったる処、それはもうどちらやらというように、ほんの祀り、式だけ受け取って置こう。

御殿あのまゝにして御遷りの願
さあ/\ありゃあのまゝに置くがよい。仮家出張る所別に要らん。ほんにこれはこうかいというだけでよい。

仮に御殿拵える願
さあ/\仮家に準じたもの、ほんのあれかいなあと、めどう印さえあればよい。仮御殿やというような事情は、どうも許さん。皆んな重々仲好く治まりたら受け取る。皆繋ぎ合い/\、心一つの理より、受け取る処は無いで/\。

信徒へ弁当の代りとして米百石余り施与の願
さあ/\尋ねる処/\、そのまゝ/\、もうこれまでのようにどうする事も出来ん。もうこうなれば届こまい。なれど届かいでも届かそうという心を以てすれば届く。世界大きい成るによって、要らん所は軽くして、届かん所まで届くよう運んでくれ。

一戸に付何んぼという割にして渡したもので御座りますや願
さあ/\遠くまで広い中届かん勝ち、届かいでも届かそうという心を以ておっとり何名何人とすればあら/\届く。こちらは十分こちらは半端、足る足らずいう所もあろ。なれど又中には、こゝまでよう届いたもの結構やなあと言う者もあろ。とても一戸のようには行かん、十分には届かん。届かんようになったのがなか/\ようようの道。あちらもこちらも、一日の日だけ成るだけこうと言えば、言う通りに取り計ろうてくれ。その心ばえで計ってくれ/\。

明治二十九年二月十八日
清水与之助身上二日間ばかりしんどうてたまらんに付願
さあ/\尋ねる処/\、変わった事やと身に思う処、身上の処は何にも案じる事要らん/\。これまでの処に変わりた道出来て来たる。よう聞き分け。そこで皆々心に掛かる/\。又皆々帰る中にどういう者もあろう。なれど、皆人一人の心の理を持って出て来る。日々の処万事思う処、すっくり気を休め/\。もうこれで十分であると銘々より治めてくれ。内々教会々々又先々ともいう。よう聞き分けて治めてやってくれ。皆掛かろ/\。方々から掛かる。この事情聞き分け。身は案じる事要らん。よく聞き分けてくれるよう。

明治二十九年二月十八日
梅谷たか身上願
さあ/\一寸一つ尋ねる処、身上不足あれば尋ねる/\。一時の処身又一つどういう事さんげ/\。いつまでもさんげして居た分にはならん。大き深き理聞き分け。越すに越されんという。どういう事間違う。間違いはあろまい。なれど身に不足あれば間違いという。尋ねる処身に堪えられん。案じる事要らん。案じてはならん。十分間違いめん/\あろうまいもの。十分の理見てたんのうを治めて、いつ/\まで一度二度三度という。治まりて一時一つなら堪えられんという。障るこれ聞き分け。これまで今日の日は思うよう皆であろう。世界見てたんのう。身上案じる事要らん。

明治二十九年二月二十三日
増野正兵衞身上の願
さあ/\身の内よりとんと心得ん尋ねる。身上の処一時どうではなき理であろう。めん/\の理がある。多くの中に理がある。多くの中の理を一人の理で治める事は出けん。これまでこれで安楽によいの理は世界にある。細く思えば細くなる。太く思えば太くなる。それ/\の取扱い諭し合い、尋ねてそれからの理、それからの理尋ねたら、何時でもどんなさしづもあれば、あっちこっち漸くの理から尋ねる。日日の処どうしたら如何で御座るかと尋ねる。さしづの理を集めてすればよい。どうがよかろう、こうがよかろう/\の理を集めて尋ねたら、さしづは後の間じゃ。これ一つさしづして置くによって、聞き分けてくれ/\。

明治二十九年二月二十九日(陰暦正月十六日)
教祖十年祭の事に付、日取りは二十五六の積りの処、五年祭は二十六七八の三日間に有之に付如何にさして頂きまして宜しきや伺
さあ/\尋ねる処/\、まあ一日の日を以て/\、万事の事に一つの理を諭そう。二十六日という、六七八という、又一つには五六七という。一つの理がある。まあこれまでの定まった理に変わらんようにするがよかろう。

二十六七八の三日にさして頂きます
さあ/\まあ前以て事情、事安く治まり又五年経つ。変わらんように、いつ/\までも変わらんよう。この理を一つ諭し置く。

二十六日の日に大祭勤めさして頂きますや願
さあ/\何もこれ御殿を持って出る、社を出すのやない。心を遷すのや。どんな事すれども、心は皆んなそれへ遷りてある/\。

式場
さあ/\大望な事やない。もう一日の事情で十分である。何ぼ返やしたとて同じ事。

二十七日一日だけ式場で勤める事
さあ/\六日はこれ存命からつとめをして居る。二十七日々々々々、皆んな心を合わせにゃならんで/\。これ一寸諭し置こう。皆んなしっかりと/\。

明治二十九年二月二十九日(陰暦正月十六日)夕方
今日昼のおさしづは二十七日に十年祭というさしづの処、五年祭の日記を調べたれば、二十六日は五年祭、二十七日は大祭執行の事に記してありましたから、如何にして勤めまして宜しきや伺
さあ/\尋ね返やさにゃなろまい/\。分かろまい/\。さあ/\これまあ/\、今の処変わらんようと言うて話したる。二十六日々々々々というは今の今には変わろまい。十年祭月々大祭々々、これ一つ聞いて理を治めて居る処、今の処一つの理に集めるというは分からんから、諭したる。月々二十六日として月次祭もあれば大祭もある。一日あいを空けて十年祭と言うてさしづしたる処分かろうまい。二十六日という、月々理と理とをあらためて、事情のあったのは生涯の理。よう聞き分け。又一つ二十六日というは、始めた理と治まりた理と、理は一つである。後先二十七日と又一つの理を諭したるは、二十六日は年々の大祭として、前々変わらんと言うたるは分かろうまい。五年祭の理と、十年祭の理とはなか/\の理。さあ/\二十六日は夜に出て昼に治まりた理。十年祭は後でも先でもだんない/\。いずれも一つの理に治まりて了うのやで。分かりたやろ/\。

押して、鉄道会社より新聞紙へ広告せし事情もありますから、十年祭を二十五日に勤めさして頂きても宜しう御座りますや
さあ/\尋ねる処/\、それ尋ねゝばなろまい。それやから後でも先でもだんない。夜に出て昼に治まる。これ台であるから、これ一つ諭し置こう。

又押して
さあ/\尋ねる処/\、前以て尋ねさえすれば事情は無い。後々の事情は前後するからどんならん。そこで先に尋ね出ようと言うたる。世界運んだる事情あろうから、後やからどう先やからどう、どうしたのがいかんと言うのやない。子供のした事やから、どんな事したからいかんと言うのやない。いかんとは言わん。とかく心の理を合わせて通りてくれば受け取る。これ一つ諭し置く。

当日出張警官の小屋掛五箇所願
さあ/\尋ねる処/\、そういう事は、どうがよかろうこうがよかろうという談示の理に委せ置こう。

明治二十九年二月二十九日(陰暦正月十六日)
山沢為信身上願
さあ/\尋ねる処/\、小人の事情いかなる事である。事情尋ねる/\、どうも分かろうまい/\。皆話一つで出けたる。変わりた事やない。道という、道は話の理から出てある。事情以て事情諭すやろ。諭すなら世界にこんな仮名な話の理が治まり、たゞ仮名な理で意味の理が分かろうまい。これ一つ事情又内々親々理聞き分け。何が違うこれが違う、そらどうせんならん、こうせんならん、言うでない。よう聞き分け。多分尋ねる処から、仮名な理諭し居るやろ。よう聞き分け。どういう事で痛む悩めると言うのやない。差し掛かりて案じる事は要らん。双方の理に諭し置こう。皆々の理に諭し置こう。

明治二十九年三月六日
網島分教会三月二日夜鎮座祭、同三日開講式、同四日大祭兼十年祭執行の儀願
さあ/\尋ぬる事情、さあ/\前々以て事情という。まあこの半ばになあという処、皆々心に待ちたる処、どういうものと思う。なれど、大望の中又一つこうという処、又一つ取り換えて一度の日、心一つの理に許し置こう。

陰暦三月二日教長、陰暦二月二十九日本席出張願
さあ/\尋ねる処、それは順々、こうという心に委せ置こう。

明治二十九年三月十三日
各部内分支教会に於て教祖十年祭の節広き場所へ御遷りの願
さあ/\尋ねる処/\、所々には皆心があろう。心遷してある。地所狭い処は取扱いだけ出来るようにせにゃならん。ほんの心だけ勤めてくれ。又一つ諭して置く。所によって掛け出しもせにゃなろまい。それは心の理だけに許し置こう。心だけ遷すのやで。日限の処も早い遅いは無い。

教祖御霊遷りの願
さあ/\心々、心だけ遷す/\。

同、日限の事情
さあ/\もう一度の話に許し置くから、それ/\の事情、日限早い遅いは無い。大層は要らん。心だけ受け取るのやで。

明治二十九年三月十三日
高安分教会教祖十年祭陰暦二月二十三日今回教会移転する地所に於て仮小屋を設け勤める事情願
さあ/\尋ねる処/\、地所一つ事情の処尋ねる処、それは何処でどう、彼処でどうと言うやない。思う所でするがよい。なれど、よう聞き分け。何処がどうやから、あちらがこうやから、どうもせにゃならんという理は、受け取る事は出来ん。所々銘々心だけ/\。大望大層は受け取れん。心だけなら思う処で許し置こう。

当日教祖の御霊御殿を仮小屋へ持参致すべきや御遷り下さる事情願
さあ/\尋ねる処/\、それはもう心だけ遷そう/\。

御幣にて遙拝する事情
さあ/\心だけ遷そう/\。

当日信徒へ御供御神酒弁当施与の事情
さあ/\心だけ/\。心だけと言うたる一つの理を、よう聞き分け。これだけこうしたらよかろうという、心だけの理は十分受け取る。なれど、何処がどうやからという理は受け取れん。大層の事情は大いの事情、ほっという理無いとも言えん。心だけなら皆受け取る。

明治二十九年三月十五日
上田たき身上よりナラトメ身上足の痛み願
さあ/\尋ねる理/\、身上に掛かるから尋ねる。尋ねるからは諭そう。内々は、これまでの処とんとどうもならなんだやろう。思うように行かなんだやろう。大抵大抵の道は通り越した。一人今一時身上に不足あるから尋ねる。変わりたさしづをする。内々今一時の処何たる事と思う。思うは理なれど、よう聞き分け。いんねんの理も聞いては居るやろう。神が言うた理は違いは無いで。一時結んだ理は違わんで。又一つ小人たる処、遠く事情何の事やらと思う。長い事の理ではあろうまい。一寸話し掛けたら、一つ/\集まりて来る程に。外へどうという心を持たず、いんねん事情の理をよう聞き分けてくれ。しっっかり定めてくれ。

明治二十九年三月十六日
清水はる大熱の願
さあ/\尋ね事情/\、皆々中に中に中、皆の中にどうも心得ん事情であろ。よう聞き分け。尋ねる処には一つ事情も諭し置こう。多くの中と言うであろ。多くの中に大抵道の事情追々思案、古い事情である/\。あちらにも一寸こちらにも一寸、古い事情よう聞き分け。皆家内に掛かるか、銘々に掛かるか、一つ/\掛かりたる処、今日の日に身上に堪えられん事情ありてならん。尚々届かん中に、身上不足ありてはならん。一つ話、多くの元という。元はどういう処から寄る。前々忘れて了う。時々流行るよう思うてはならん。それではどうもならん。あちらから障り、こちらから障り、障りの道から随いて来た。又談じ合いもあろ話し合いもあろ。多くの事情通れば、満足さす理遅れる。一寸話し掛けたら話して了わんならん。いずれ話し一名心得事情、銘々も事情思やんして/\。これまで話してある。心一つならという心、そも/\ではどうもならん。よう聞き分け。こうして尋ねる。それ/\席事情尋ねて聞くであろう。他所の事のよう聞いてはならん。銘々に聞いて真実治めてくれ。身上案じる事要らん。一時の処早く/\安心、よう諭してやってくれるがよい。

明治二十九年三月十六日
島村菊太郎妻銀代三十六才身上願
さあ/\尋ねる事情/\、いかな事も尋ねるやろ。又一つこれまで事情々々、長らえてよう/\一つ理を以て多分集めたる。まあ一つ片付いた/\心中一つどういう事と尋ねる。よう聞き分けにゃ分かり難ない。一つ諭す事情集まり来る処掛かる。これから聞き分け。身の内心得んという、一寸こういう処、この中にどういう事も言わず思わず、善き事も掛かればどんな理も掛かる/\。一つ事情こうと言うたらこう、あゝと言うたらあゝ、これまで治め、又聞かにゃならん。身の処案じる事要ろまい。こうなりたらどうと必ず思わず持たず、これよう聞き分けてくれるよう。

明治二十九年三月十九日
東分教会当地事務所用地に豊田村字楢田持主西田二反二畝歩買い入れ度く願
さあ/\尋ぬる事情/\、さあ一つの皆それ/\心という時の事情見て、それ/\心という。これまであちらこちら通り来たる事情、道はだん/\大き成る。一つ集まる処、こうもせにゃならん、どうもせにゃならん、一つ精神集めてするなら、許し置こう、さあ許し置こう。

明治二十九年三月十九日
南海部内大阪の講社大阪市西区阿波座戸屋町槌橋東入北側坪数一間二坪建物共買い入れ願
さあ/\尋ぬる事情/\、所一つ事情は集める。又皆々それ/\どうしょうこうしょう、精神一つ理の集める処、実々の処は、後追々じいと思やん定めて、そうして運ぶがよい。

明治二十九年三月十九日
松村吉太郎長男義孝身上障りに付願
さあ/\尋ねる事情/\、小人の事情に心得ん。尋ねる処、別段事情どうこうあろうまい。なれど、小人事情余程事情、どういう事違うこういう事違う、それは言うまで。道は道の理ある。又諭す事情、万事の中に事情尋ねる。尋ねば一つ諭そう。皆篤っくりと大き理と言う。それは理と皆見れば理、聞く理あろう。万事理ある。それはどんと理は大き、寄せて来れば小さい。大き事はどのくらいの事、又寄って来る。又大き中皆寄って来る。小さい事は面倒い。世上皆一つ理、聞いて理、思案せにゃならん。それより又思案せにゃならん。

押して、大き小さきの伺
さあ/\皆これ一つ治まる処、皆事情内々何も事情あろうまい。道一つ事情、多くの中へ人一つ、一人それは一人、皆世上集まって来る。この理分かり難くい。世上見るという聞くという理、思案すれば分かる。

押して、見る聞く事情願
さあ/\皆世上に一言や二言やない。多く集まって居る。それより世上扱えば満足一つの理という。

明治二十九年三月二十一日 夜八時五十分
刻限
長らくのさしづ、何にもならせん/\。さしづ楽しむはさしづ、この区域の理というものは何処にある。何処にもあらせんで。どうなりこうなり十年祭経った。よう踏ん張りてくれた/\。これで十年祭速やか出けた。御苦労であった/\。さしづさしづ、さしづ結構と思てこそ結構。結構と思わんから、さしづは邪魔になる/\。一人二人の理は要らん。どうしてなりと国々まで通りて来た。さしづから出けたもの。十年後一つの理分からんから、さしづは邪魔になる。さしづ邪魔になればすっきりさしづはせん。十のものなら一つも用いらん。さしづに未だ嵩が掛かりたる、理が殖えたる、これだけの事言えば分かるやろ。皆力何処にある。力あれば分かる。力無いから分からん。力無い者はどうも仕様が無い。明日から残り席して了う。すっきりして了う。皆々勇んで帰やすで/\。往なして了う。これだけさしづして置いたら分かる。腐りたさしづも起きて来る日があろ。こんなさしづは門三寸、外へは聞かされんやろ。鏡やしきにこんなさしづは少しは邪魔にならせんか。やれ/\よう救けに来てくれた/\。やれ/\楽になりた。

明治二十九年三月二十三日 午前二時
刻限
なか/\そんな事で行くもんかい/\。まあとう/\帰った/\向こう見えた/\。なか/\えらい事して来たなあ/\。あんな事は一寸には行けんで/\。何っから何処まで、偉い事して来居ったなあ。隣りの奴も、俺一人と言うてしゃかりゃがった奴がよう働きよった。そらもう少々の事は、何と言い居ってもあかん/\。隣りの奴ぼろくそに言い居ったのに、今度はなか/\働こった。あゝ道具やなあ。今度の秋の大祭はどうやろ。偉い事やろ。何放っといても行かんならん。本部も同じ心になりてくれて、遠い所へ行きゃ銭持って行くか、と言うてくれた。持って行けと言うたけれど、まあ借りはせなんだけど、今度の秋の大祭には、何でも精だいして置いて、前日から手伝わして貰おうやないか。行こ/\。何処へ行たとて、あんな結構な所はありゃせんで。未だ五六年後は、未だぼろくそにぬかした。何処も彼処も偉い事務所建てよったなあ。俺等のような者にでも、遠い所へ行きゃ小遣い持って行けと言いよった。遠い所の事やないで。近い所が分からんで/\/\。ウヽヽヽヽヽヽヽ、さあ/\もう早いものや/\。三十年経つ。古い者はどんならん。あちらで亡くなる、こちらで亡くなる。その時は一寸間に合うた。世界第一等、天が下第一等や/\。何を言うやろと思うた。今ではその通り成ってある。今までは、一日の日も悠っくりした日が無い。悠っくり楽しみさしてやろ。今では何も無い者、さいならと言うて出て了たら仕舞。知らんから怖わいもの、分からんから危ないもの。橋というもの強いようでも、水が出たら流れて了う。流れた事もあった。又あるやろ。よう十年祭勤めてくれた/\。結構や/\。何も言わずとのう、ようまあ勤めてくれた/\。まあちょい/\との話して置くから、ほんにそうであったかいなあという日がある。ようまあ腹立てずに通りてくれた。腹立てたら、途中でどんな事あるやら知れなんだ/\。まあ三十年通りてくれた。功は今にあるのやで/\。もう楽してくれ/\。今日はあちらへ行きこちらへ行き、何っ処へも連れて歩く/\。連れて歩くで。まあ/\心配さすな/\。どうか/\気休めさしてと言うて/\、よう十年祭通して来た。何も安心なった事と言うては一つも無い。何が安心なったるぞ。たったこれまあ/\僅かの兄弟や/\。子供や/\。七八人もあったら皆摘もみ出して了うやろ。伏せ込んだ理はどうなるぞやい/\。嘘になるわやい/\/\。嘘になるわい/\/\。

明治二十九年三月二十四日 夜十二時半
刻限(教祖十年祭の後にて別席四五千人程もあり本席五六百人もある時、七日間本席御休みになりし時の事情)
びっくりしなよ/\。びっくりする事出けるで/\。あちらへ連れて往ね/\/\。あちらへ往ぬ/\。あちらへ往ぬで。水一杯汲んでくれる舵を取る者も無いのか。あゝ一言話して置く。いつも同じように思て居たら違うで。思うようにならんから話は一寸もさゝん。長い間さゝん。一日の日も気休めさゝん。草生えから通り越した者なら、一日の日も待たずして、満足与えてこそ、三十年の道の効があるのや。もうこれだけ言うたら何も言わん。何処とも身上も迫り切ってある/\。どうもならん。後で後悔無いように。一時ではない。今までこんな話は無い。今までの話何も効が無うて潰れて来た。なれど一寸終の話が効になるかも分からん。明日日から席や/\と必ず言うてくれな。言うのなら言うだけの楽しみを付けてから運ばせ。勝手のよい時には重大の荷を負わせ、勝手の悪い事はそのまゝ。楽しみの道を運ぶなら、又々話もせんやない。遠く来て居る者も帰やさにゃならん。こう言うたら一日やない。一時一時間も待たんで。

押して
さあ/\なあ万筋の糸でも、口は一筋という理を聞かそう。万筋の糸、一口の理を聞き分けるなら、どんな事も口が開くやろう。開いたら理が分かるやろう。口という理を聞き分けるなら皆んな糸に成る。口というは二つも三つも無い。早うにも言うたる。一寸掛かりに教会という。あちらにも本部や、こちらにも本部や/\。偽や/\、本部や/\と言うたる。なれど、これも今ではよう/\一つの理に集まりたるやろ。これから話するからしっかり聞き分け。もうさしづ止めようかと思うて居る。用いんさしづなら、したとて何の役にも立とまい。さしづは人間心ですると思う心が違う。心が合わんから疑わんならん。何処の者も彼処の者も居る。どういう理から居るのぞ。この理が分かりたらそれ万筋の糸の理が出てくるやろう。好いと悪いとのさしづを取りて、勝手の好いさしづは用いるなれど、勝手の悪いさしづは潰して了う。第一これが残念でならん。これがどうもならん台である。台の話もして置こう。けつまずく台にもなるやろう。有るやら無いやらと思て居る者がけつまずく。心に持って通る者はけつまずかん。皆一寸の虫にも五分の魂、と、皆言うたる。人間と人間とどうこう言うならさしづは要らんものや。これだけ諭したら皆分かる。今日に今日来ても、所の充足ぐらいは出来る。充足と言えばほんのその所に居るというだけのものやないか。こゝに居るという印だけのものや。それと三十年余の道筋の理と照り合わしてみよ。男女にはよらんと言うてある。心次第で何処までもと言うたる/\。それを皆潰してある。これも勝手の道を通るからどうもならん。これ十年祭々々々と言うて、詰員や本部員や、所々国々待ち兼ねた。十年祭もよう勤めてくれた/\。十年祭と言うて些かのものでも、覗き歩いてゞも、それそれたった一人を頼りにしたもの。当番というはこういう時の当番、物々の時に当番も無く、もう、明日日から当番は要らん、すっきり要らん。この理を答えよ。十年祭に席々と言うて、あちらこちら、これだけの人体は無いと言うてくれたから治まったもの。誰も、今日はどうしなさったか、と言うて尋ねてくれた者も無い。どうもこれ三十年、前々より連れて来た理が治めるに治められん。もうそれで当番も何も要らん。何万とも帰る者が、何でもないもの、ほんの口先で説いて居るのも同じ事や。もうこれですっきり何も言うな/\。もう、えいわ/\。明日日から思う所へ遊ぶがよい。遊べ/\。

明治二十九年三月二十六日 夜
本部員一同より御詫び願
さあ/\一寸始め掛けたら始まるやろ。話し掛けたら分かるやろ。これ一つ事情、一寸事情、これどうであろ。変わりた事、こんな事どうもこれが分からん。思わにゃならん。又思うから分かる。明日から席は要らんものと言うたる。言い訳立たんようなもの。道理これ一つ聞き分けたら分かり来る。どうも言わせん、言わして置けん、言うて置かせん。十年祭々々々働き出来た。一つの不足あってもどうもならなんだやろ。世上聞き損い称え損い。そら狂れる。一つ今苦しんだ理はいつ/\まで。又、いつ/\までも苦しめとは言わん。なれど、苦しんだ理は忘れんよう。いつ/\まで持って行けば、何処までも席一つ。剥げるか剥げんか、よう思やんせ。万事の理を治めるなら聞き取ろう。どんな事も皆聞き取ろう。

押して、本席明日より御運び下されますや願
さあ/\もうこれ国々から出て来る。だん/\人が重なる、用が重なる。働きによって重なる。多分人が出て来て、今一時こういう事であると言うたら、承知して戻る。今度又々こういう事出来たら、どうなるとも分からん。先は一寸も知らん。皆元にある。先は十分咲いた花のようなもの。空に上るは同じ事。可愛子を育てるようにするなら、何処も不足は無い。不足の理は心の理、不足の理はめん/\心の理から出るのや。どうこう説き置かれたる理から、誠の話に誠の理を添えるなら何も言う事は無い。理が増すようなもの。そこで道一寸始め掛け。一時ならん。無理でも一つは聞く。二度の無理は聞かん。明日からと言えば皆運ばす/\。遠く中多くの地所、狭い/\と言うて追々出来て来たる。あちらの端もこちらの端も、印出来て来てあるで。又変な話一寸するで。さあ/\又これからまあ/\皆引き均らして了う/\。十年祭経ったらそこえ/\引き均らして了う/\。こんな話あったと心得のため。これからなあ、どういう事するも二三日する。前日一つ/\尋ねて、尋ねた上、それから掛かるなら、後へは退かん/\。こゝまでしたらこれもこうやと、集まり仕事、前後した理は綺麗な事は無い。とんとどうもならん。前後した理は千に一つも取り返やすに取り返やされん。尋ねんとするから前後する。する事分からんから、こういう事出来た。今年は十年祭になりました。人衆分かりたるなれど、人はすっきり分からん。一応一つ尋ねたら万事さしづする。何をしてるやら、聞き難くい見難くい。それではどうもならん。人の中に小言言われんよう、前に尋ねたらさしづする。ほんにそうやなあと尋ねてすれば、隅から隅まで鮮やか。十人なら十人、二十人なら二十人、三十人なら三十人、言わず語らず心は同じ事。日々悔しむ心はどうもならん。あちらでくし/\、こちらでくし/\。人の事持って出る。又入る、又どうやこうや。そんな事すっきりやめてくれ。どうもならん。一つの理諭すからよう聞き分け。一人と一人の話は受け取るまでもない。人と人との話受け取るからあちらからもぞろ/\、こちらからもぞろ/\。ぞろ/\の話は知らん処へ理を拵えるからどうもならん。日々煩そうてならん。代々ぞろ/\の心は泥々になる。澄んだ理持って入るなら後は綺麗なもの。二三人の理を持って行けば、又取り上げにゃならん。一度で治まる者もある。二度三度の理はどうもならん。難し事せいとは言わん。どうやこうや/\。さいやったなあ。小さい声で言う事はどうもならん。これからすっきり無いようにしてくれ。これやめてくれ。一つは熱心から言うた事やろ。十年は一ふしとして、二十年は尚もしっかりという心を持って、明日日からどういう事も行て尋ねてこう/\すれば、そのまゝ直ぐにさしづする。不足あると言えば不足あると答せい。又答えてやるし取り換えてもやろう/\。又控えてもやろう。さあ一時には行こうまい。多分の事やから一時には行こうまい。又又の皆理さえ分かりたら、こういう事どうもならんと言えば、又尋ね返やしてもよし、勝手の悪い事もあろうし、又世界へ出す事出来ん。勝手の悪い事は直さねば、世界へ対して何処から眺めても賤しいものや。

明治二十九年三月二十七日 夜八時
刻限
アヽヽヽ、堅い/\/\、堅い処に又々堅いものがある。

明治二十九年三月二十七日 夜
刻限の次に平野楢蔵胸迫りし時の願
案ぜる事は要らんで/\。理から皆迫りたると言うやによって、早く/\道を/\。ほんの一言一寸説いたるから、この理に基づいてくれ。なか/\の道であったやろ。今までは思うて居ただけで、心に分からなんだやろ。そうやから何も思う事は要らん。よう思案してみよ。種を下ろして置いて、今年はよう出来た/\。これよう聞き分けて楽しめ/\。不足思い掛けたら、何ぼうでも不足思わんならん。三十日試してくれ。そうしたら速やか理が分かる。速やか分かりたら不足も要ろうまい。喜ぶ理を早く/\。今までこうでありました、これからはこうなります、先はこうなります、と、一つ/\括りの理を供えにゃならん。

押して、梶本の事情まさゑの事情伺
どうもならん/\、何をしてるのやら分からん。よう思案せ。何も知らん者ばかり寄って、これまで遠い所、古い所、何も知らん者ばかり、誰がどう、彼がこう、知らん者が難しい道を通りて成り来たる道、精神だけは受け取る。どうなるもこうなるも、こうという精神は受け取る。

又押して縁談順序
そらどうなりとしたらよいやないか。成らん事せえとは言わん/\。言うたとて成らん事はどうもしようあろうまい。よう聞き分け。どういう理で出てる/\。理から研究してみよ。どうしてもこうしても成らんと言うから開いて了うたもの。なれど、小さい時から寄り合うて来たから、皆それ/\親子という理は治めてある。兄弟の理も治めてある。皆々たんのうさしてある。

明治二十九年三月二十七日
中河分教会教祖御殿落成に付、遷座式陰暦二月十九日夜に行い度く二十日は十年祭、十八日に本席招待、十九日教長招待願
さあ/\尋ねる事情/\、事情は願通りに許し置こう。又一つ席事情心は十分受け取りて居るから、又々後々悠っくり遊ばしてくれるよう。

押して、教長は十九日に御許し願
さあ/\尋ねる処、事情は許し置こう。さあ/\心置き無う許し置こう。

明治二十九年三月三十一日 夜九時
刻限
さあ/\水が出る/\/\。ごもく引っ掛かって錆水もあれば悪水もある。すっきり出すで/\。抜ける処はすっきり聞いて置け/\。さあ/\書き取れ/\。悪水も出る、錆水も出る、泥水も出る。どんな道に付けるやら分からん。一時以て洗い切ったら、一時に救かる程に。席の身上もう救かるか/\と言うたとて、何程譬の話もある。けれど今の話は更に悟りは無い。これよりすっきり一時に話を付け。談じ合うて話を付けて喜ばさにゃならん。隅から隅までどんな事も皆知らす。これも一言説いて置くで。これを早く聞いて、皆の者も早く呼び寄せて通じてくれ。通じる理が分かりたら鮮やかやで。あちらこちら人が出る。籠らん道もある。道に流るる水を、途中で理を揚げて了えば、育つ事出けん。いかなる者でもこの話を聞いたら改良せねばならんで。又一時さんげもするであろ。いかなる事とは思うなよ。
さあ/\この話を聞いて何と思てる。草生え話、草生えの時の話はとんと分からなんだやろう。聞き応え無く、とんと仕様無い時の話、言葉を楽しめよ/\。話を楽しませ/\、長い道中連れて通りて、三十年来寒ぶい晩にあたるものも無かった。あちらの枝を折りくべ、こちらの葉を取り寄せ、通り越して来た。神の話に嘘は有ろまい。さあ/\あちらが出て来る、こちらが出て来る、国を隔てゝ出て来る。三十年以来仕込んである処、提灯や旗やこれは分からん。国の柱か/\と人が満足する。中の中、中の理分からん。明日日分からん。よう聞き分け。一時も早くあちらの穴も破り、こちらの穴も小突き廻し、水をどろ/\流るゝならば、錆も一時に除れる。一時除れたなら、いかな勇みも付くやろ。ほんに成程やと、道中道筋は付いて来たのやろ。七八年このかたの事情見たなれば、疑いはあろうまい。
さあ/\行こう/\。早く救けにゃならんで/\。急ぐ/\。席の身の内、これは急ぐ/\。談示や/\、改革や/\と夜の目も寝ずに、あちらも談示、こちらも談示、やはり元の清水、水の穴がとんと分からんから、すっきり井手を流して了うで。

明治二十九年四月四日 夜一時
刻限御話
もうどんならんで。あかせんで。ウヽヽヽヽ。
さあ/\筆に付け掛け、筆に付け掛け。どういう事を説き掛けるなら、長い間、今日に言うて今日来た者でもあろうまい。万事の処手を繋いで行かにゃならん。今日の処でこれだけの人衆で行く訳もあろまい。さんげをせずに行ってはならん。人衆の処も、七十五人まで要るという事は、これまでにも言うてある。どういうものなら、多く出て来る者に、僅かの人で送れるものか。もう席を仕掛けては休み/\、これまでの処は一寸にさんげはし難くかろ。何ぼう言うても取次人衆増やす事出けん。なむ/\で送って居る。どういう事で増やす事出けんか。明日日になりたら皆談じ合うて、明日日席に返答せにゃならん。さんげだけでは受け取れん。それを運んでこそさんげという。今夜のさしづはえぐいさしづ、えぐいさしづやなけにゃ効かせん。もうこれ幾名何人はこれまでに埋れたった。この道は会議から成り立った道か。会議するから遅れる。出て居る者も明日日に早く皆呼び取って了え。このまま送れば、びっくりするような事出ける。出来てから何にもならせんで。

明治二十九年四月九日
増野いと身上居所の願
さあ/\尋ねる事情/\、尋ねるは一つさしづに及ぶ。どういう事さしづする。身上事情迫る。迫れば尋ねにゃなろうまい。さしづ取らにゃなろうまい。尋ねば一つさしづよう聞き取らにゃならん。もう大分々々長い間、一つ身上速やかならん/\。これまで何度さしづ及んだる理ある。よう聞き分け。一時尋ねる処、一つさしづ及ぶ。よう聞き分け。身上に掛かれば、一戸一つ事情と思う。身上速やかなら尋ねる事要らん、思う事要らん。身上に掛かれば、心に発散出け難ない。皆そう中/\多く/\/\これ一つ事情、こうと言えばこう、あゝと言えばあゝと、又こうと言えば理が集まる。幾名何人あれば、一名それ/\事情ある。なれど、重役又軽き事情、あちらこちら事情、そこ思やんして内々では分からん。こうして事情、出たる事情聞き分け。幾度さしづあるのや。よう聞き分けて、一つ事情一寸は案じる事要らん。なれど、又候々々と言えば安心の心。又世界の理運んで明らか事情。さしづと言えば、うっかりして居てはならん。うっかりして居られん。積もれば糸口忘れて了う。皆聞き分けて、今日までうっかり/\通りた、と聞き分けてみよ。

押して願
さあ/\いつ/\も同じ事/\、うっかりして居られん/\。そんだら、めん/\内にどういうもの、皆聞き分け。おらこうして貰いたい/\と言えばあわる/\。結び/\理は解きほどき出来ん。皆だん/\にある。放うて置けばならん。よう聞き分け。心を寄せて/\こうしたらという。裏を悟りてみよ。裏を聞いたらどうむならん。
よう聞き分けにゃならん。同じ何人中、この教会やしき中、十人居れば十人、二十人居れば二十人、三十人居れば三十人、どんな者も区域隔て無い/\。こうもして貰わにゃならん/\。一名放って置く事出けん。七十五人の中の一人よう聞き分け。三人名というは、あちらこちら集めにゃなろうまい。その事情は分からん。前々一つさしづ、刻限にも諭したる。席何処というさしづ、この事情放って置けばどうむならん。放うて置くに放うて置けん日が来る。道を明るくしてあちらこちら明らか。そうしたさかいにと言うて、めん/\心に掛からんよう。

押して、おやしきへ人増す事でありますや
さあ/\これ/\よう聞き分け。幾度さしづ中繰り返えし/\、取り込み理集まる処、どういう事放って置く。身上迫る。あちら一寸尋ねる又さしづ、変わらん/\さしづ、別段変わりたさしづ無い。時々さしづ及んだる事ある。よう聞き分け。何ぼどうしたてどうむならん。一時に重なる。重なりて、世界満足与える事出けん。何名何人よりて運ぶ。人が減り/\、用が何ぼ入るとも分からん。入りても運ぶ者無いようなもの。刻限にもある。だん/\諭したる。多くの人衆要ると言うたる。十年祭は世上満足与えて、これから少のうなればどうなる。これだけの事すれば人要ると、一つ運ばん理は何という心ぞ/\。一時以て早く満足さゝにゃならん。同じ事。

明治二十九年四月十日
城島分教会所地所名前人を教長に切り換えの願
さあ/\尋ねる事情/\、さあ皆々一つ談示、だん/\事情これ名こう改め、こう取り調べ尋ねる処、どうでもと言えば許す。もう一度二度三度、又こうという理は又々の理に尋ね出るがよい。

明治二十九年四月十七日 午後六時
平野楢蔵身上願
さあ/\身上以て尋ねる処、一時事情心得ん/\、どうも心得ん事情である。迫る迫る、迫る処心得ん事情である。道に於て一つ事情、いかな事情、どういう事、精神一つと言うも理、思うも理、皆んな一つの理の集まりたる。一つ理解くに解けん、掃くに掃けん事情身に事情一つ尋ねる。尋ねば諭しよう。思案してみよ。万事こうという、どうという。あちらへ外れこちらへ外れるから、一つめん/\からどういう事も早く駈け付いて、一つこういう次第からと言う。一時満足、大きい成れば、何ぼうでも大きい成る。早くどう、何でもこうと易い理によって、一寸事情陰に一つ言葉一つ理、日々所々からこうなりてあるのやら、どうなりてあるのやら、聞き分け。一時迫る。万事早く諭してくれ/\。身上迫ればどうと思う。案じる事はあろまい。事情思い/\遅れるから、一日の日早く/\。よう聞き分け。事情遅れる/\。言わず語らず諭し置く。早く事情諭してくれ/\。

桝井伊三郎より押して、前両名から運ばして貰って居る事情でありますや又外の事でありますや
さあ/\もうどれだけ仕切りに思えども、それは定まり難くい。あちらも掛かり、こちらも掛かり、どちらもどうと安心の日というは、何ぼう待ったてどうもならん。心にはある/\、運ぶ事情遅れたさかいに、どうという事無い。互い/\理立て、攻め合い/\、攻め合いあれば、心に何の楽しみ有るか無いか、よう聞き分け。ほんのこれまで微かの話聞いて、こう一寸なりたとほんの微かの話聞いて、鮮やかとは言わん。前々から刻限から諭したる。現われてある処治まらん。何の楽しみ有るか無いか、よう聞き分け。心の安い/\何の不自由でも、これより不自由無いと、これ聞き分け。あちら気に合わんこちら気に合わんというは、心あるからや。理に起って理に治まる。つい/\皆ほどふとりて来るから聞き分け。理集まるから、事情早く安心なる話聞かしてくれ。話もう一つして置く。言葉は言葉、罪は罪、罪はすっきり嫌い。その処世界から寄り来る。知らん間は話、話から頼りにして、今日の日は話。話は嘘でない/\。皆んな楽しんで聞き分け。間違いの理/\、これ一つ皆心寄せて一つの心、一つの心に暫くの処、理以て治めてくれ。あちら外れるこちら外れる。日遅れるから、どうもならん/\。日々待って居る/\。言葉無くば楽しみ無い。言葉で一つ、聞きよでどうなりた。日々悔しみ/\。一日も/\早くこうでありた/\、早く安心。互い心なりたら十分の安心働きがある。これ一寸話して置こう。

明治二十九年四月二十一日
内務省訓令発布相成りしに付、心得まで伺
さあ/\いかな事も言うて来る/\。皆これまで十分話伝えたる。どんな事しようと思うて成るやない。今一時尋ぬる処、どういう事もある/\。尋ねる処、どんな事もすっきり取り調べさす。取り調べさすと言えば、おかし思うやろ。地方庁や、願う/\、却下や/\。どうしてもならん。時々の処にてはどうもならん。皆すっきり寄せて了う/\。尋ねにゃなろまい。一時見れば怖わいようなもの。怖わい中にうまい事がある。水が浸く、山が崩れる。大雨や/\。行く所が無いなれど、後はすっきりする。今一時どうなろと思う。心さえしっかりして居れば、働きをするわ/\。反対する者も可愛我が子、念ずる者は尚の事。なれど、念ずる者でも、用いねば反対同様のもの。これまでほんの言葉々々でさしづしてある。これはというようなものは、さしづがさしづやないと言う。世界の反対は言うまでやない。道の中の反対、道の中の反対は、肥えをする処を流して了うようなもの。こんな所にこんな事があったかと。鮮やか分かる程に/\。必ず/\悔むやない。悔むだけ心を繋げ/\。これからは、どうでも皆集める程に/\。山が崩れる、水が浸く。雨風や。何処へ駈け付く所も無いというようなもの。泥水すっきり流して了う。泥水の間は、どんな思やんしてもどうもならん。心一つの理を繋げ/\。いかんと言えば、はいと言え。ならんと言えば、はいと言え。どんな事も見て居る程に/\。

会議の決を願(会議の点九点)
さあ/\前以て事情諭したる。泥水の中というは、何処へ駈け付こうかというようなもの。一時泥水の中やから見て居る。尋ねる処は皆こうしたらよかろうという処、それはいかんとは言わん。落ちて了てからどうもならん。無くなってからはどうもならん。泥水の中でもあちらへ這い上がり、こちらへ這い上がりすれば、どうなり道が付く。これがいかんと言えば、はいと言え。これより這い上がる道は無い。もう安心の言葉を下げて置こう。これがならんと言えばはい、いかんと言えばはい、と、答えて置け。

祠宇建築に付伺
さあ/\尋ねる処/\、それは心に持って、又ぼつ/\。

明治二十九年四月二十二日
陰暦本月二十七日招魂祭執行願
さあ/\尋ぬる事情/\、事情は心だけに許したる。今日と言えば今日。何時なりとそれは許したる。心置き無う。

明治二十九年四月二十二日
河原町分教会治め方に付、桝井伊三郎、平野楢蔵出張願
さあ/\尋ねる事情、事情というは皆一つのもの。多くの中、事情沢山あれど、時時に変わる。治まりたる理が治まりたるのや。治まるだけの理を、治めてくれるがよかろ。

今日午後より出立の願
さあ/\事情というものは、一つ/\の心という理があるから、どうもならん。幾重にも変わる。治め方というは、嬉しい頼もしい治まりたる処の理を胸に持って、治めてくれるがよい。

明治二十九年四月二十二日
山田作治郎次女ゆう身上願
さあ/\一時迫る処早、さあ一つの理諭し、どういう事こういう事さしづ一時用ゆる事出来ん。事情一つの理も一寸さしづに及ぶ。ならん処であろ。どうしたらよかろ、こうしたらよかろ、一日々々の理である。よう一つの理を治めくれ。何が一つ間違うてなる。一時なる処何程話聞いて分からん。一時定めた理、生涯の理、どういう事も無い。騒ぐ事も無い。何が間違うてある。遠く所早、さあ一日々々日が遅れる。とんと一人でない。それ/\運ぶ者まで諭し置こう。身上は一寸おゝと言うような事であろ。急ぐあわてる事も要らん。遠い所は遠い心を以て早くとんと分からん。又々理もある。理を書き記してくれるがよい。

明治二十九年四月二十三日
村田かじ身上願
さあ/\尋ねる処/\、身上に心得ん事情、この事情と言えばどういう事でなるどういう事でなる、思う処皆これまで身上の障りから尋ねる処に諭したる。又変わりた理はあろうまい。思う中身上不足よう思やんしてくれ。どういう事も思うようになる。思うようになれば身上不足。不足あれば何の楽しみあろまい。身上不足から沸く。沸く理を裏に取って、悟り換え/\ば、身上は暫くという。これだけ諭し置こう。

明治二十九年四月二十五日
高知部内岩浜支教会地方事情に付願(和田、青木両名出張の付心得のため願)
さあ/\事情を以て尋ねる。いかなる事と思う/\。一時事情という、前々より諭したる。一列々々泥水々々濁り切って/\どうもなろまい。さあ出越す処穏やか一つの理を以て治めてくれ/\。泥水の中あちらへ掻き上がり、こちらへ掻き上がり、どうも一時の処ならんという。よう聞き分けてくれ。勘忍これが一つの理。やれ怖わい恐ろしいという中に、楽しみ一つの理がある程に/\/\/\。

日根野弘継同行の願
さあ/\まあ一人二人三人という処、どういうもこういうも、穏やかな心を以て治めてくれ。どうしたがどうと言うやない。大丈夫の心を持って、楽しんで勇んで行てくれるがよい。

明治二十九年四月二十九日
河原町分教会治め方の都合により深谷徳次郎を副会長に願
さあ/\尋ぬる処、事情は万事一つ改めてこうという処、それ/\一つの理幾重変わりて又一つ、治め方一つ事情こうという。一つ集めた理に万事許し置こう/\。

明治二十九年四月二十九日
富松たみ身上願
さあ/\尋ねる処、前々事情、身上一つの理を諭したる処、又一時なるという処、必ず思わず持たず、更に思うやないで。皆々諭してある。これ聞き分け。この際になあという、この理をよう聞き分け。

明治二十九年五月一日
梅谷たね身上伺
さあ/\尋ねる処、さあ/\さしづは変わらん。さしづはいつとても変わらん。一度の諭に生涯の理まで諭してある。理のある限り神のさしづの理は変わらん。一人事情又事情変わるように皆思う。なれど、よう聞き分け。何が間違う、こうが間違うと思う心が間違う。さんげこれ一つよう聞き分け。これまで細い道、細い中から通り来たる処、それは案じる事は無い。又日々にたんのうもしては居る。案じる心は皆身上に、一時迫る処は余程大層やで。皆々それ/\治める中に、事情は余程大層やで。事情世上一つ事情以て、早く明るく運んで安心という。

押して、医者に掛ける事でありますや
さあ/\それは第一やで。前々からそれを皆諭して居る。それを分からんのや。皆分からんで、日々苦労して居る。それはどうしたさかいにどう、こうしたさかいにどう、という理は無い。医者の手余り捨てもの救けるが、神のたすけという。日々皆それ/\遠く所から寄り来る処、よう聞いて居るやろ。それをよう諭して置いて、日々という。これ一つ諭し置こう。

明治二十九年五月三日
永尾楢次郎小人せつ、たつゑ、きぬゑ身上願
さあ/\尋ねる処/\、身上に障りという事情という、一人又二人いかなる事と思う。話に聞けば世上は流行るという。内々万事聞いて事情小人という。小人は何も分からんもの。親という。二度三度々々々々定めた事情は、いつ/\変わらんというは、教一つの理聞いて成程の理を治めて居れば、常の理なれど、中に一寸一つ所/\、出て一つ事情将来と言えば、生涯という。一つの心、第一の理。親々という、一名一人いつ/\事情という。小人事情ではない程に。皆んな、一つさしづという理は、うっかり出けん。生涯のさしづというは、変わらんが生涯の理。変わるというは、心が変わる。見る目は辛い。身上の処一寸には怖わいようなものなれど、身上は案じる事は要らん。互い/\一つの理治めてくれるよう。

明治二十九年五月十一日
井筒梅治郎娘たね十八才、松村五三郎二十三才縁談の願
さあ/\尋ねる事情/\、縁談一条の理を尋ねる。尋ねば一つの理は諭そう。縁談という、両人と/\十分と言えば十分。又若い/\と言う。又そんなら/\と言えば、一日も早く/\言うは直ぐに結んで、理は、又いろ/\ある/\。事情運び難ない。こうという、こうという、若い/\という、こうという事情なら、十分一日の日、生涯同じ事、いつなりと心と心と理はあるによって、こうと言えば、何時なりと運び掛けるがよい。

明治二十九年五月十三日
高安分教会役員安藤鶴松の遺族を教会へ引き移し度く願
さあ/\尋ぬる事情、さあ/\一代の理は生涯末代の理、又事情こうという処、それは随分の理である。これまで尽した理、今一つ十分改めて、諭し一つの理に許し置こう/\。

明治二十九年五月十四日
永尾せつ左の耳より喉へかけて出物願
さあ/\尋ねる処/\、前々事情いかなる事情知らざる。小人事情身上の処、どうしょうこうしょうと思うて、なるものやない。一人二人三人事情、どうも堪えられん事情であったやろう。小人長らえての事情、どうであろうと思う。事情は余程大層、一日と二日又三日、何かの処も鮮やか分かる。為すいんねん事情も理も分かる。一時どうと言うやない。どんな事も、たんのう一つの理を聞き分けてくれ。

明治二十九年五月二十日
五月十八日会議案の点に付願
第一、朝夕の御勤今日より「あしきはらい」二十一遍を止め、「ちよとはなし」一条と「かんろだい」の勤三三九遍とに改めさして頂き度く願
さあ/\だん/\事情以て尋ねる。それは余儀無く事情から尋ぬるやろ。なれど、一つの理抜くに抜かれん。又一つ事情無理にせいと言えば、心の事情大変と思うやろ。なれど、一つ方法というものは、天にある/\。子供可愛から、どのような事情も受け取ってやろう/\。

第二、月次祭には御面を据えて、男ばかりで「ちよとはなし云々」、「かんろだい」二十一遍とを勤めさして頂き度く、次に十二下りを勤めさして頂き度く、鳴物は男ばかりにて、女の分は改器なるまで当分見合わせ度く願
さあ/\だん/\に尋ねる処、理は一つの許ししよう。同じ事/\どうせにゃならんと言うた処が、人々の心の合わん事した分にはどうもならん。理は子供可愛々々の理から、皆許したるのや、許したるのや。

第三、守札これまで出しましたが、この度政府より喧しき故、鏡に致して宜しきや、御幣に致して宜しきや願
さあ/\尋ねる処、道の上から見れば、道の上からの事情に治めてやってくれ。聞く理は治めて、一つ重々の理に治まるようにして、治めてやってくれ。台は許したる。

押して、神鏡にさして頂き度く願
それは、その心に一つ委せ置こう/\/\。

第四、天理王命の御名、天理大神と称する事願
さあ/\万事皆方法の変わりた事で、当惑して居るやろ。暗い道になりたると思う。暗い所は暗いだけの理に許してやる。自由の理に許してやる。これだけ話したら皆分かるやろう。そうして一つ話がある。皆兄弟集まりた。今が一つの理の台である程に/\。真実より怖わい道は無い程に/\。心の散乱思うから、これまでの処皆見許したる。並んで居る顔、実々兄弟治めるなら、明るい道は今にある程に/\。皆んな一つの心の理を以て、一つの物も分けてやるという心を定めるなら、成程という日はある程に/\。
さあ/\又一つ話して置く。これまでの処に何度の理に諭してある。大道で怪我はしなよ/\と諭したる。細い道は怪我はせん。皆んな仲好くが神の道、妬み合いは世界にも数は無い/\、思い/\なりて来た。今日限り前刻話してある。一つの物は分け合うて/\、又そちらへもこちらへも分け合うて、楽しんで通るが一つの理の台/\。よう聞き分け。諭した理は、裏も取るから、横も取るから、治まり兼ねる。聞き損いあってはどうもならん。万事の理を治まり兼ねる/\。よう/\の道治まり始め掛けたる処から取れば、今日はどういうものと思う。これは一つのふしと思てくれ。これより小そうなると思たら、いかんで。一つのふし/\、ならん処はあちらへ廻りこちらへ廻り、心さえ繋ぎ合えば、実々一つの理はある程に/\。又先々の処、繋ぎ合うて通れば、天の理がある程に/\。

明治二十九年五月二十一日
永尾せつ身上三度目の願
さあ/\尋ねる処/\、一度二度三度まで尋ね返やす処、容易ならん処から尋ねるのやろう。よう聞き分け。小人という小人もだん/\、小人の中の小人。一時の処どうも堪えられん。見るも一つの理が無い、聞くも一つの理が無い。だん/\日々日を送る。どういうものいかなる事と皆思う。よう聞き分け。どうでもこうでも堅う思たなれど、一日延び/\余程日が延びたる/\。もうどうもなろうまいという処より、五日どころやない、一週間の日も送り、その中だん/\世界の道も運び、合点が行かん、どうも不思議や、という処まで集まりたる。そこで尋ねる。尋ねたらどういうさしづ下さるかと思うやろう。小人三人の中に一人どうも分かり難ないという。だん/\日を送る処、日の経つ処はどういうものという。なるものならば。ようならんものならば早く、と思う。それは一足凭れも同じ事、それではたんのう一つの理には添わん。たんのうという理は、よう聞き分け。なか/\の道やなけにゃたんのうとは言わん。何が違う彼が違うというは、めん/\にさしづあれば、めん/\に定める。定めたら戻らんが定め。未だ/\先は長い。風の便りに誘われんよう、聞かんよう、しっかり早く定めるなら、明い暗いの理は早く/\。又一つあちら兄弟、こちら兄弟、安心なる処の理、いつか安心の日は無い。安心どころやない。日々心を病むばかりや。どうも顔が出せんというようでは安心とは言わん。安心のかどと言う。変わりたら又変わりた理も定めにゃならん。何とも無くば放って置くようでは、互い/\扶け合いという理は、失うて了たも同じ事。人の事やない、皆めん/\の事やで。めん/\が痛み悩みと思えば、放って置く事は出来ようまい。よう聞き分けて、日限経って安心の日を見て、一月も早く、一日も早く、ほんにこれが安心の道であったかという日を早く/\。身の障り/\、身の障りから皆寄せ掛ける、拾い掛ける。跨がった道は踏み違い/\、山の中で夜を明かすも同じ事。尋ねという、さしづという、さしづの理を埋るようではどうもならん。さあ/\元より改めて掛かるが一つの理。小人の事情明らか分かりたら、早く掛かれ/\。小人の処は、たんのうより外に理は無いで。

押して、安心と仰せ下さるは飯降まさゑの事情でありますや
さあ/\皆んな掛かり掛けたら一つ、思い掛けたら一つ、いつまでも放って置いてはなろまい。何処へ放って了えという訳にも行こうまいし、内外隔ては無い。刻限は定められんなれど、皆引き寄せて了う。

押して、上田ナライトの事情でありますや
さあ/\何ぼ急げども急ぐ程いずむ。いずむ処はいずむ理、事情というものは、治まり掛けたら治まる。騒々しいから治まらん。怪しい処まで行かにゃ治まらん。又又追々に話を伝えば、自由という理治まるやらも分からん。

明治二十九年五月二十五日
大裏地所二筋東西水抜の願
さあ/\尋ねる事情/\、あちらこちら一つこうがよかろ、それは委せ置こう。

又、大裏の地所西方半分北より西南へ廻り石垣する願
さあ/\尋ねる事情/\、一つの決まり/\、それはせにゃなろまい。何時なりと許し置こう。

又、元鈴木地所へ二間半に十五間の物入れ建てる願
さあ/\何程でも、何処から何処まで建てにゃならん。仮家の事なら皆許し置こう。掛かりてくれるがよい。

又、大裏へ木小屋九間に十七間の物建てる願
さあ/\尋ねる処/\、まあ/\今の処あちらへ仮家、こちらへ仮家、道である程に。どんな材木囲わんならんや知れん。今に成る程に。

明治二十九年五月二十七日
田中松二郎小人身上願
さあ/\尋ねる事情、さあ身に不足なってどういうもの。日々長い事情、幾重思やん。何の理も無いと思う。いかなる理も取り直せ。どうせにゃならん諭あろまい。皆一つの理成りたる理、内々一つの理大変の理あって又々一つの理。又身が自由ならん、一時思う理であろう。どれだけ多分、身の一つの理、心の緩むあろ。緩む取り替え。成る成らん今である。今で思う処一つの理。どうしたいかん、これまでこれである、今はこうで、身一つ改め幾重聞いて、一時鮮やか見にゃなろまい。心どうこういう事思わん。身上からこれだけ世界の事情になあ、一時に成らん。これを聞き分けてくれにゃならん。

明治二十九年五月三十一日
城作治郎屋敷地所買い入れの願
さあ/\尋ぬる事情/\、さあ一時以て尋ぬる処、前々事情どうでもこうでも何でも、細面通り取りて了わんならん。なれど、一つ事情急ぐ事無い。なれど、一つ話し掛けたる処、一つ治まりたら、一つ事情委せ置こう/\。

明治二十九年六月二日
地所七筆合わせて反別五反二畝十九歩矢追楢蔵、八尾伊三郎、沢田忠蔵、中西徳松所持の処、治道支教会へ寄付の願
さあ/\事情以て尋ぬる処、皆それ/\真実理を集めての事情、言い/\心治まりて一つの心、それは理に許し置こう/\。

右の地所へ治道支教会移転の願
さあ/\尋ぬる事情は、許し置こう/\。

明治二十九年六月二日
高見宇市妻タメ二十五才身上願
さあ/\尋ねる事情/\、事情に心得ん、どういう事であろうか思う。どういう事こういう事心に事情、どんな事こんな事どれだけさんげえすれど理が無い。よう聞き分け。皆別段思わくあろまい。なれど日々の心、日々の心は受け取りて居る。身上不足なる処、どういう事と思う。何か間違ってどうと思やせん。日々心に掛かる処、皆それ/\兄弟一つ心、互いやい心やい/\。何も別段不自由あろまい。身上一時どうとはあろまい。なれど、よう聞き分け。いずれ/\という心は、先々理持って楽しむよう/\。

明治二十九年六月四日
増野正兵衞歯痛の障り願
さあ/\尋ねる事情/\、身に心得ん事情あれば尋ねる。尋ねば一つ諭しよ。いついつ事情にもだん/\事情諭してある。身上から諭す事情、一人事情ところりと違う。よう聞き分け。多くの道の理掛かりて来る。それより万事理与えるである/\。めん/\心得んと言えばさしづ。心得ん皆んな話し、それ/\写し持たさにゃならん。よう聞き分け。多くの中理取り難くい。取り難くい処思案して、皆んな何名何人多くの中である。世上は又軽いもの又諭しよい。皆さしづ用いらねば一つ治まらん。又やしき合わんようでは、とても/\一つ世界治められん。これ聞き分け。そこでめん/\掛かる。思う理掛かる。身上不足ありてはどうもならん。障りというは、今自由し難くい処、一時にすうとする。又掛かる。すうとする。これは身の障り。する事毎夜諭したる。為す事と障りところりと違う。小さいように取りて居た分にはならん。やしき一つの心運んでくれ。働く者下がありて出ける。身の不足から尋ねたら、こういう事ありたと万事心に持って、一つさしづは生涯同じ事。これだけ諭したら悟るやろう。悟りやない。皆実の事や/\。身は案じる事要らん。案じてはならんで。

明治二十九年六月五日
永尾楢次郎、喜多治郎吉宮崎県及び九州地方へ巡廻の願
さあ/\尋ぬる事情/\、広くの中でありて、皆それ/\何処までもと、説いたる/\。まあ道付けたいと言う。危ない所付けたいと言う。どんな日ありても、道というものは固まりたら堅いもの。なれど、今の処あちらぞれ、こちらぞれ、あちらあれ、こちらあれ、これは通り話。道という、よう/\世界聞いてほんにこんな事と言う所もある。道は新しい間は雨風や、又山崩えやというようなもの。なれど、まああちらこちら堅く道付いたるも同じ事。これ心に持って、心勇んで一つ堅くの道に、改めよ/\。事情は速やか許し置く。万事道の景況見て、万事道のため固めとして許し置こう。さあ/\何時なりと/\。
本日より
心進め/\。勇め/\。何時なりと/\。

明治二十九年六月六日
城島分教会の地所所有名を、教長の名義に致し度き儀再願
さあ/\尋ぬる事情/\、前々以て尋ぬる。まあ/\暫くという。十分まあ/\事情、どういう事こういう事、実際事情あるによって、十分計りて後々一つ又事情と言う。

明治二十九年六月十二日
郡山部内山家出張所を分教会直轄に致し度く願
さあ/\尋ねる事情、さあ/\事情、それは事情によりて許さんではない。皆々それ/\談示、いかな事情も心得まで。それ/\皆々事情心得まで諭し置こう/\。

明治二十九年六月十五日
郡山部内山家出張所付属替え願
さあ/\尋ねる事情、さあ/\事情は前々一つ事情ありて、今一時以てこうという処、先々一つ一時理がありて事情ある処、一時改めてこうという処、それ/\三名とも精神に委せ置こう/\。

明治二十九年六月十六日
教長箱根へ御出の儀御願
さあ/\尋ぬる事情出越す処、一時に行って一時に帰る/\。用済み次第直ぐ帰れ。万事の処出越す処、事情済み次第直ぐと。

明治二十九年六月十七日
本部長随行に橋本清、平野楢蔵両名の願(併せて平野楢蔵東分教会事情治め方兼ねて行く儀願)
さあ/\尋ぬる事情/\、事情は願通りの事情、余儀無く事情、万事又々鮮やかなる処、早く開いてやるがよい。

明治二十九年六月十七日
郡山部内北陸支教会所都合により元の雲浜出張所跡へ移転し万事事務取扱い致し度く願
さあ/\だん/\事情尋ぬる処、前々一つ事情に一時こうという処、又一つ多くの中、事情によってこうと言う。余儀無く事、又十分という。思う処、いかなるという処尋ぬる。それは、どうせにゃならんと言わん。運ぶ者尽す者、心の中打ち合わせ、一つ台と言う。それは一つ委せ置こう/\。

雲浜出張所元の北陸支教会の跡へ移転仕り度く願
さあ/\それはどちらどう、それは要らん。寄りたる一つ運ぶ一つに委せ置こう。後で思やんは要らん。後で思やんするなら、前の通りにして置かにゃならん。だんだん運ぶ事情は、それは委せ置こう/\。

明治二十九年六月二十一日
山沢ひさ歯痛み肩にこりつめ願
さあ/\尋ねる処、さあ/\日々の処、事情にて一つどうも何も思う一つあろまい。なれど、日々の処運ぶ中、めん/\から一つこれまで一つ万事事情、一つ皆掛かる/\。一つ鮮やか運ぶ/\理が一時分からん。そこで、身の処堪えられんと思えば一時なろまい。まあこんな事という/\、何ぼうでも速やかならん。よう聞き分け。内々一つ皆中どうでもこうという処、何でも彼でもこう言うたら、中に一つ台になりて諭さにゃならん。長らく事情、年限相当一時こうと諭し難くかった事情、一時長らえて、まあ遅れ/\事情ありて、めん/\からこうとせにゃならん。思やんして、これまで/\だん/\さしづ有りたか無いか/\。一つ諭し掛けにゃならん。話せにゃならん。身上尋ねたらこういうさしづありたと、今日定めて出してみよ。身上長らえ事情からさしづ。ほんにそうでありたかえ、これまでこうでありたと、皆中に、こういうさしづ有りたやないか/\。すうきり改めて、何処から眺めても、何人寄りても成程と、誰にどうと分けず、事情一日定めてみよ。身上定まるさしづして置こう。

押して、中山夫人へでありますや願
さあ/\唱い違う/\。身上事情ありて尋ねたら、こういうさしづありた、心に事情いかな事、よう聞き分け。取り次いで居る。日々寄り来る。前々さしづ、未だ事情でありて、何人はっちゃならん/\。いつ/\まで運んでるからならん。そこで一人事情からこれ運び掛ける。これよう聞き分けにゃならんで。

明治二十九年六月二十八日
中山もと十八才身上願
さあ/\尋ねる事情/\、身上に不足なりたる。一寸の事ならそのまゝ。又事情によってもう幾日経つ、幾日なる。また身上鮮やかならん。内々何かの事情にも分かろうまい。又一つ事情、諭し難くい事諭さにゃならん。取次なら、諭さにゃならん。一寸見れば一寸と思うなれど、道という、道から道という理、これ聞き分け。何たる、どうである。親は親だけ、叔母は叔母だけ。取次は取次。どうしてこうして思たて、出けやせん。身の苦しみ/\聞き分け。これ十分聞かして、ほんにそうやなあ、これ聞き分けにゃ、速やかなるものやない。これだけ聞き分け。

明治二十九年七月十日
東分教会上原佐助教会長そのまゝにして、副会長始め総役員一段改選して治め方伺
さあ/\だん/\事情を以て尋ねる処、いずれも/\元という。一つどう、見難くうても、元を失うたら台を失うたようなものである。元々の理、株たほかしたらほかした処から芽が出る。捨てるに捨てられん。ほかすにほかされん。難しい/\、難しい中を治める。元の理から一時という。この心めん/\胸に治めて、治めたら危なき怖わき事は無い。運ぶ/\。十分心を持って運んでやれ。元を失うたら、どうなるやら知れん。どんな事を失わにゃならんやら知れん。磨いてやれ/\。

押して願
さあ/\まあ/\一日を運びて、気が合わん。そも/\の道は危のうてならん。これはどうもならん。そも/\ではどうもならん。又々心を以て治めて立てる。一つの心の事情を以て、治めてやってくれ。

又押して
さあ/\尋ね返やす処、どうでも治まらん。どうでも行かん。めん/\から一つこうという、運ぶ中、間が有るによって、あれの言う事は根性の悪い事を言うなあ、その一つの道を通りたる。一人心改め。改めば治まる。退く心が働く心や。今一時という心、道のため一時心という理、どうなろうこうなろう治まる。早く/\得心さしたら治まる/\。

明治二十九年七月二十三日
増野いと身上血が次第に枯れ身体追々弱るに付伺
さあ/\尋ねる事情/\、まあ二度三度諭したる。又候身に一つどうでも心得ん。尋ねる。これまで身の処案じ無きと諭したる。道の事情どんな道も通り来たる。一時尋ねる身上にて一寸大層のようなれど、一寸どうであろうまい。なれどよう聞き分け。これまで難しい中、どんな中通り来たる。その中思い/\旬々思たる。この話、言葉の話は、聞く者もあれば又聞かん者もある。又分かる者あれば、分からん者もある。これまで話したる。一時になると些か持たず、よう聞き分け。力落すやない/\。精の無い事と思うやない。しっかりして居よ/\。

押して、喜市身上治め方の願
さあ/\尋ねる処/\、心に掛かる事はどうでも急がにゃならん。心に掛かる処運ばにゃならん。心にやれ/\と聞かしてやらにゃならん。内々心に掛からんよう。心に安々は神の道、神に随いて心に掛かるような事ではならん。楽しみは何処にある。あゝという心に待たず、心に事情ありて楽しみたんの、頼り無きもの。よく聞き分けてくれるよう。

明治二十九年八月四日(陰暦六月二十五日)
大裏西手方北より西南へ廻り壁建てる願
さあ/\尋ねる事情/\、まあ二度三度諭したる。又候身に一つどうでも心得ん。尋ねる。これまで身の処案じ無きと諭したる。道の事情どんな道も通り来たる。一時尋ねる身上にて一寸大層のようなれど、一寸どうであろうまい。なれどよう聞き分け。これまで難しい中、どんな中通り来たる。その中思い/\旬々思たる。この話、言葉の話は、聞く者もあれば又聞かん者もある。又分かる者あれば、分からん者もある。これまで話したる。一時になると些か持たず、よう聞き分け。力落すやない/\。精の無い事と思うやない。しっかりして居よ/\。

押して、喜市身上治め方の願
さあ/\尋ねる処/\、心に掛かる事はどうでも急がにゃならん。心に掛かる処運ばにゃならん。心にやれ/\と聞かしてやらにゃならん。内々心に掛からんよう。心に安々は神の道、神に随いて心に掛かるような事ではならん。楽しみは何処にある。あゝという心に待たず、心に事情ありて楽しみたんの、頼り無きもの。よく聞き分けてくれるよう。

2832,明治二十九年八月四日(陰暦六月二十五日)
 大裏西手方北より西南へ廻り壁建てる願
さあ/\尋ねる事情/\は、それ/\一寸囲い/\、囲いの理を以て、許し置こう/\。

又、職人小屋二間半に十間建築御許しの願
さあ/\尋ねる事情、あちらも建ち掛け、こちらも建ち掛け、切り無し普請とこれまで諭してある。旬という、旬が来たら、何でも彼でも広くして、皆満足をさしてくれ。これが世界の台や。これをよう聞いて置かにゃならん。許し置く。

又、南北へ門の願
さあ尋ねる。皆囲い/\には、一つ/\の切りが無けにゃならん。囲いには囲いの心でせにゃならん。皆ざっとしたものや。これを心得て置かにゃならん。

又、東方も追々石垣工事土持ち御許し願
それはもうどうなりと委し置く。切り無しと言うたるよって、追々に決まりを着ける。今の処は仮家なれば、何時取り払うても構わんように、ざっとして置かにゃ、世上の理も済まぬ。末代のような事してはならん。何時取り払うようにせにゃならん。勿体ないというようでは、道理に適わん。これだけさしづして置く。

又、稲納屋を大裏へ持ち行く願
さあ/\それは時々の風を以て、こうというようにしたらよかろ。それは委し置くによって。

明治二十九年八月十八日
上原佐助身上願
さあ/\尋ねる事情/\、身上にどうも一時いかなる事尋ねるは余儀無くであろう。事情はいつ/\同じ事、十分となれば又々伝えるから何かの事どう、これまでという、聞いて治めるなら治まる。当分の事とは思われん。皆んなそれ/\の心を寄せて一時という。治まるというは、一人の心の理で治まる処、何度の事情治まり難くい処、身上に身体余程大層とも言う。そこで早く聞き取って、これまでめん/\心という理がある。身上穏かなれば、又々諭すから、早く理を伝えてやれ/\。

押して願
さあ/\尋ねる事情/\、互いという理は皆一つ。心だけ運んでやるがよい。

明治二十九年八月二十二日
上原佐助身上申し上げ前さしづの理に付願
さあ/\尋ね出る事情、前々事情、一時成る成らん処、堪えられん事情から一つさしづ。堪えられん一つ事情、どうよこうよさしづ。身上速やかなりたら、何かの事聞いて思やんと言う。前々事情からさしづ。一つ/\の理、一つ/\の理を聞かす。よう聞き分け。よう/\の年限である。よう/\年限事情によって、所どんと変えて始め掛けてから、いろ/\道通りいろ/\道聞いて、ほのり話。実があれば実は誠、よもや/\一つ理大き、品々始め掛け。ほのり話。道聞いたなら鮮やか分かる。年限の道によって事情聞く。どんな事聞くよう、又言われるようになりた者は、並大抵やない。何でもなき者と、何でもない事情。こんな事なあこんな事なあ、知らず/\心分かる。人は一代名は末代、と、これ伝えたる。真実は誠、実である。実は世界、又道と言う。実あれば、どんな曇り被せようと言うて被せられん。真の理、天の理、天の理は曇り掛からん。よう聞き分け。前の掛かり、細々理、泣き/\通り、それから心楽しみて、道に理があり、身に一つ余儀無く障り。障りから一つ聞かす。最初の理は元。後の道は無い。元の心無けにゃならん。元の心受け取りて理である。受け取りて理は、どんな剣というとも、岩の中でも切れやせん。理は元の理、元の理は神の話す理。これ一時よう/\通う道筋、通う道筋にあちらこちら言う。又心休み、この理立てべき理やない。どんな所へ行かにゃならん。日のじか夜が明けば、道の理から、それより心運べば世界身も鮮やか。道に理が跨がれば、皆皆の者までとんだ理やなあ、変な事やなあと言う。身に案じ無い。守れば案じ無い。守らねば後々何時とも分からん、とさしづして置こう。

明治二十九年九月四日
芦津部内福知山支教会水害に付本部より二名見舞いに行く願
さあ/\尋ぬる事情/\、余儀無く事情尋ぬる。余儀無く事情である。万事の処世界という。どういう事も言うたろ。聞く一つ掛かりて来れど、どうむならん。掛かりて来れば、尋ねやらにゃならん。又一つさしづして置こう。重なり/\、事情重なりて/\、いつとてもよいは/\ばかりでは通れんようになるで。よいは/\ばかりでは通れんようになると、さしづして置くで。

山中彦七、高井猶吉二名出張の願
さあ/\尋ぬる処、事情は早く運び、早く運んで、ようく心休めてやれ/\。

明治二十九年九月五日
撫養部内海部出張所増築二間に四間その外いろ/\願
さあ/\尋ぬる事情は許し置こう。なれど、二間四間の処些かなりと、伸ばし縮めするよう。さあ/\許し置こう/\。

間半伸ばす願
さあ/\許し置こう/\。

明治二十九年九月九日
清水与之助心得の願
さあ/\尋ねる処、事情々々事情はどうも判然々々ならん/\という処から、だんだん一つ/\あちらこちら見分け。どうでも事情暫く心一つ、身は一時以て尋ねる処、一寸早い/\。十分心という処十分集め、そんならという処尋ねるなら、許し置こう。これ一寸さしづして置こう。

明治二十九年九月九日
諸井松太郎身上願
さあ/\尋ねる事情/\、身上に一つ変わりた事やなあ思う処、思い/\来る処、身上迫る。心に掛かる。身に一つ心得が治まらんから、治まらん理が出る。事情日日先長く、先長う一先ずこれでと言う。一時これではなあと言う。日々忘れられん。忘れられから、だん/\日々疎くなる。これ発散。心広く世界大き深き心、楽しみ深く、今心失うてはならん。こうして居れば、世界行てはならん。早く踏み留めて、又日々心に踏み留めて、前々から見れば今一時なあ、という理出る。長い間なら広い心持って、未だ/\道の掛かりと言う。何処で治まるも働くも皆一つの事、それから心治めてみよ。

明治二十九年九月十日
網島分教会長娘寺田コウ身上願
さあ/\尋ねる事情/\、身上に事情尋ねる。長らえ/\尋ねる処、まあ一時成り立つであろうまい。これまでどういう事も伝えたる。伝えたる処から日柄遅れる。日々の心皆それ/\であろ。一時さしづ取る。さしづはどういう事思う。よう行かん。さしづ通りすれば、さしづは行かんやない。よう聞き分け。大抵内々それ/\日々の事情はこら十分。まあ一時の処、身上からさしづ/\。変わりたように思わず、一時も思わんよう。事情先々長く/\なら急ぐやない。急ぐから事情出ける。事情出けるから理が沸かす。まあほんに長ければ長い心。いつの事であったやらなあと言う。又一つ道ありてよう/\治まりたる。この治まりたる道から、内々聞き分け。こゝから治めるなら、ほんに何やったぞいなあと言う。これだけ十分に諭したるで。

明治二十九年九月十四日
大裏戌亥の隅へ南北十四間東西十四間半四間梁前に八尺の庇付建物御許し願
さあ/\尋ねる事情、一時以て尋ねる処、退く一つの事情、成らんも一つ、何にしたのやろう。万々心に治め。成るも一つ成らんも一つふし、時々諭してある。治まれば治まる、治まらねば治まらん。これから治めてくれ。成らん処から互い/\心に治めてしたなら粗相は無い。心に一つ理を思い、大丈夫の心一つ道理一つの理も同じ事。大きもの弱い、弱いものが強い。尋ねる処何処へなりと建てるがよい/\。

明治二十九年九月十六日
撫養分教会長土佐卯之助身上伺
さあ/\尋ねる身上/\、どうも心得んという処尋ねる。尋ねば事情に一寸さしづして置こうが、身上心得ん事情々々、事情に日々忘れられん事情であろ。どうしたらよかろ、こうしたらよかろ。日々だん/\一つ事情一時堪えられん事情、心が堪えられん。堪えられん処よく聞き分け。多くの中、又々の中その中皆心で持ったる一つ事情。身上あちら掛かる、こちら掛かる。よく聞き分け。めん/\に病まず、心に病まず、身を大事、身上事情聞き分け道という。堅い細い道、あちらへ付け替え、こちらへ付け替え、道だけ付ける。付ける往還、どういう処から成るとも分からん。よう聞き分け。一代々々と思うから、どうむならん。思い出して思やん/\。これ心に持って、どんな道でも通れると思やん定め。通れるで。

明治二十九年九月二十一日
本部より信徒へ渡すべき神鏡の祈念は如何に願いまして宜しきや伺
さあ/\尋ぬる事情/\、めどうという、変わりた事情であろ。一寸始め掛けたる処、これまで変わらんがよい。これまで通り許し置こう/\/\。

本席に願いまして宜しきや
さあ/\もうどちらこちら無い事情に、皆譲り置いたる。どちらこちら手の塞がりたる時に、差し支え無いようにしてある。裏と表という処諭したる。どうよこうよという、これは要らんで。

明治二十九年十月四日 夜
井筒梅治郎身上障りに付願
さあ/\/\尋ねる処/\、事情々々一度事情、二度事情、三度事情尋ねる処、身上の処/\一度尋ねて一つさしづ、二度尋ねてさしづ、三度尋ねて一つさしづ。事情という、よう聞き分け。諭し一つの理、十人寄れば十人理はどうなりと取る。これ第一の理。前々事情内々思う処、日々の処身上不足、どうなろうと思う。心にも掛かる。これまでという長い道筋、いかな道中、どんな中も通り来たなれど、今の処身上一つこれなあと言う。内々も日々の事情を見て、どうなろうと思うなれど、さしづ一つの理を聞いては、何でもという一つの理は定める中に、身上を見て又どうやろうと思う。取り直せ/\。他に事情世界事情どうやろう。内々も又これではなあと思うから、身の事情成らん。成らんから尋ねる。日々送り、月々送り、年々送り、身上どうであろうと思う。案じるやないで。いかなるも処、心一つよう聞き分け。めん/\も諭するやろう。いんねんという、いんねん一つの理は、たんのうより外に受け取る理は無い。よう聞き分け。しっかり一つたんのうの理を治めてくれ/\。案ぜる事は要らんで/\/\。未だ/\/\これから/\/\しっかりしっかり/\。

明治二十九年十月五日(陰暦八月二十九日)
梅谷四郎兵衞身上事情より定めたる事情願
さあ/\だん/\尋ねる処/\、談示事情尋ねる処、一時以て尋ねる処、余儀無く事情/\、身上事情無けねば何ともあろまい。身上事情あればどうとあろう。これまでさしづ一つ/\で、身の開き。身は互い/\事情、又多くの中、皆身の自由という理が無ければ、遠い所に親切便り、遠く道はあろうまい。理がありゃこそ、何処までも遠く、又聞こえる。これまで直か/\話したる。年が経ち年限皆から一つ曇るとは、皆の中よう聞き分け。一人談じ合い、又伝え合い、諭し合い、よう心得。事情々々何か事情々々、よう/\聞き分けにゃ分かり難ない。これまでさしづ心得て、一つが元という/\。この一つの理にあちら曇り、こちら曇り、この一つの残念日々と言う。これ何とも諭されん。日々事情の処に分かり難ない事情日々ある。楽しみだけ見て嘘と言われようまい。世界どういう、又何と聞く。皆々あちらこちら事情々々と解け合わん。解け合わんから、この一つどうも分からん。分からんから身に障り。一時障り付いて、さしづから身上安楽になれば、嘘やない。よう聞き分けにゃならんで。あちらほゝこちらほゝ。又あちら見てうはんこちら見てうはん、どうもならん。よう聞き分け。さしづ一つの理より頼り無い程に。あちら眺めてもほゝ、楽しみ知らしてある。なれど、どうもならん。めん/\で解けようまい。あちらこちらほこり/\、ほこり掃き取りて掃除せにゃならん。掃除というは、一寸計り難ない。国々遠い所、何名愛想出てあるか。互い/\話し合うて、皆んな早々事情ありたら、何時見るとも聞くとも分からん。よう聞き分け。これまでもこれからも皆同じ道。往還道は通りよい、細い道は通り難くい。なれど、細い道は心に掛けて通るから、怪我はせん。大道はけつまずかにゃならん。けつまずくというは、心に油断するから怪我をする。これ聞き分けてくれ。一人や二人や、又一人や二人や。これ諭し置くによって、聞き分けてくれにゃならん。

押して願
さあ/\こうして一つさしづ、あれこれ一寸聞いた限りは、忘れんようせにゃならん。何も忘れはせん。なれど、あちら欠けるこちら欠ける、日々どうもならん。あちらこちらというは、大層でならんやろう。なれど、こちらへと言うて、一寸暫く心持って、早く/\、互い心運び合うてくれ/\。

明治二十九年十月十日 夜十二時三十分
刻限
つも旨い事思うて居たら、違うで/\。話聞いて楽しんで居たのは今までや/\。来る者はよし、来る者だけは寄りてくれ。来ん者に来いとは言わん。来る者は皆寄りてくれ。内の者は筆取りするのやないで。筆取りする者皆呼んで来い/\。
さあ/\まあやれ/\長い間、やれ/\長い間十分待った/\。どうもこれまでと一つ事情ありて刻限の話と言うた処が、刻限話に錆は無し、神がするようなこの話、区域喰い違いある。よう聞き分け。長い間長い道筋長い日ならどういう日もあろ。これまで長い間どういう話もしてある。年限数えてみよ/\。年限の事情入り込むも入り込むも、道理諭しみよ。これまで長い間、年限は早く六十年なる。それはどうもならん。種という、種を蒔いても年によりて生えるものあれば、又生えんものもある。この理聞き分けて、だん/\話伝えてくれ/\、何も言うまで。今の道と半年後の話と、事情一寸心に案じもあろう。道は結構な中に案じあろ。蒔き流し蒔き流し、あちらにしょんぼり、こちらにしょんぼり。蒔き流しはどうもならん。蒔いたもの修理する。あちら一人育て、こちら一人育て、何処へ種蒔いたやらという処から生えて来る。眺めて見れば、その道筋一粒万倍という。百石蒔いて百石取る話では分からん。たゞ一つの理から出けて来た。この話は深い心の話、前々一寸説いた処が、筆を取る者はなか/\容易やない。一寸取り掛けたら十分取りてくれ。さあ/\今に百石蒔いて、一粒万倍取る事ばかり思うてるから、どうもならん。聞き分けてくれ/\。言うたばかりではならん。上ぼり切りたら下だらんならん。よう聞き分け。雨降る中もだん/\凌ぎ、百石蒔いて一粒万倍という楽しみ。席や席やあら/\分かり結構と思えば結構になる。ちょい/\の話し難くかった。この結構一粒万倍分からん。煩い/\なあと思ては、どうもならん。楽しんだ理はいつまでも/\。孫子の代まで楽しんでくれるよう。話から理を諭す。道はどういう処から出て来たる。分からん。聞き分ける者だけ聞き分けてくれ。聞き分けん、出けん者はどうとも言わん。これまで説いたで。一度や二度や三度やあろまい。こゝへどうしましたと伝えてくれ。聞くに聞かせん、見せるに見せられん、口に言うに言われん。曇り/\濁り/\溜まるから、多いの中から他の心にちょい/\皆ある。よう聞き分け。同じ一腹一種、我が身になるあたゑ、兄弟という親族という、皆結んでくれ/\。雨風や/\。あちらこちら津波や、地震やと言うても、遠い所は怖わいようで、聞いて真の心に無くばつい/\忘れて了う。よう聞き分ける者だけ聞き分けてくれ。聞き分け出けん者はどうもならん。嘘と言えば嘘になる。疑えば疑わにゃならん。疑うから、世界に疑うような事出けて来る。さあ/\月が更わり年が更わり、事情だん/\多くなる。これも分かり難ない。よう聞き分け。根出しの悪い方へは枝が枯れる/\。根出しのよい方へは枝が栄える。こら何でもない話と思えば、何でもない。これ聞き分けば古い話。これだけ諭せば分かるやろ。今夜はこれだけ話して置く。又めん/\聞いて居る話の段取こうなったと、席に知らしてくれるがよい。これだけ知らし置こう。

明治二十九年十月十六日
島村菊太郎家内銀代身上願
さあ/\尋ねる事情/\、さあ事情を以て事情を尋ねる。どういう事であろ。まあ十分の事情々々、どういう事こういう事皆通り来たる。身上の事情ありて尋ねた。こういう諭あった。又これまでさしづもあろ。どういう間違いであろと、さしづ頼りならよう聞き分け。いつ/\まで事情長らえて事情なら楽しみ事情、一時こうなればどうと案じる処あろう。よう聞き分け。これまで長々の道筋道すがら、どういう日もありた。これではなあ、一日事情以て事情という。これから年限長い間、あちらこちらあれこれ事情治まりたであろ。又身上身の悩むと思うは違うでなあ/\。よう聞き分け。皆内々それ/\親々一つ事情、よう聞き分け/\。成らんやあろうまい/\。どうで所に一つ身上に一つ所/\、名を一つというは、なか/\事情でない。どうでまあ、あちら治まればこちらなあ、なか/\よく/\心、何でもと言うた日から今日の日。この年限楽しみ、これから未だ/\、又内々改めて、これああと更々持たず、国々一つ早く治めてくれるようと。

明治二十九年十月二十五日
城音次郎の藪地九十一坪本部にて買い入れの願
さあ/\事情以て事情尋ねる。これまで話伝え、いずれ/\及ばさにゃならん。時旬に及ばさにゃならん。先とも今とも言わん。今と言えば今先と言えば先、これでは分からん。心を運び、世上又うっとしい。先はあゝなあ、なか/\心一つ難しい。今までは委せ置き、よかったなあ、治まって世界一つ渡らにゃならん。又事情程事情、あちらこちらで一つ真実尋ね/\の事情、これまで事情印打ってある。一時心もある。長い心もあろ。年々という仕切ってこう、楽々という、ずつない尋ぬるさしづ。さしづの理に違わん。事情に違わにゃならん。又ぢば/\一つ事情、年々の道見て諭さにゃなろうまい。楽の道がある。一時坂道を登る。一服しょうかいな、ろくぢの道、何程遅れても追っ付く。この道一つ諭したら、先一時。今に急くともどうせえとも言わん。楽々の道、これ一つ諭したら分かるであろう。

明治二十九年十月二十五日
山田伊八郎及び長男長女身上願
さあ/\尋ねる事情、内々事情にて重ね/\だん/\事情、こうなる事でこうなるこうなると思う。一寸道理で事情以て事情尋ねる。身の内あちらもこちらもこれではどうもならん。日々事情あろ。一時何でどうなろ、こら要らん。日々の処、一つの道一つの理、それ/\理残そ、一つの理を残そ。身上不足なってどうなろう。この道言葉一つの理である。難しい事諭してない。一時の処どうなろうこうなろう、これまで事情、心の一つ事情治まりあろ。これも聞き分け。代々の理を聞き分け。内の処運ぶ、十分受け取りてある。身上どういうものである。これまで年々の理、あちらこちらも事情が障る。年々になあ、よく聞き取れ。所々見るであろう聞くであろう。この理聞き分け。たんのう、たんのう出来まい。さしてくれ。大難小難、一つ伝え出来る。理の為すさんげ。内々一つの理を早く伝えてくれ/\。

明治二十九年十一月六日
松村五三郎、井筒たね婚約整いたる処同月十八日結婚式に付願
さあ/\尋ねる事情/\、事情は願通り、人々心一日も早く待つという心、さあさあ許し置こう/\。

明治二十九年十一月七日
これまで御守りの名称を、信符として出さして貰う御許しの願
さあ/\尋ねる事情/\、まあどうでも尋ねにゃ分かろうまい/\。余儀無くと言うであろ。どれもこれも、どうも一時これだけ越えられん思うから、成らん事情から許したる。どうも日々成らん、通る事出けん。ほんの心休め/\、そこで色品変えてなりと通す心あれば、許し置こう。心あれば許し置こう/\。

明治二十九年十一月九日
神道本局の敷地教長の名称に成り居る処、本局へ寄付致し度きに付願
さあ/\尋ぬる事情/\、事情に一つ、どうがよかろこうがよかろ、それ/\談示一つ尋ぬる。一つたんのう、喜ばせ。順序運んで満足一つの理に許し置こう。

明治二十九年十一月十四日
梅谷分教会事情に付、会長笹西治良兵衞辞職に付願
さあ/\尋ねる事情/\、一時以てならん事情尋ねる。ならん/\これまでの処道すがら、長い年限よう/\の道、そこえ/\付いて一つ心遂げられん。留まらんという事情、よう聞き分けにゃならんで。一つの理やない、二つの理やない。所々変わる、又変わる/\。この事情聞き分け。所々で一つ理が変わる又変わる。又尋ねる事情又思うやろう。この一つ理はよう聞き分け。どれだけどうしてやろう、こうしてやろう思ても、どうも心に迷わされ曇らされ、心変わるからどうもならん。幾度諭せども心変じどうもならん。一時放って置けばならん。成る可くは十分運んで治まらん。是非に是非無い。惜しいものや、可哀想なもの。どうもならん。後で後悔せにゃならん。悔んだ処がどうもなろまい。変わる/\後種無い。すっきり切りて通らんならん。もう諭する理も無い。どうも見難くい聞き難くい。この話聞いて一つの所やあろまい。又見えてはなろまい。今日もや明日もや、楽しめば世界楽しみであれども、あちらこちら靄掛かり、一つ頼り無いもの、他事や他所事やない。道は変わりてはならん。皆々心まで諭し置こう。一時尋ねる処、すっきり洗い替えて、よう聞き分け。それ/\尽した者がある。細々丹精尽した者に、理が替えてやるがよい。

明治二十九年十一月二十六日
宮森与三郎母身上願
さあ/\尋ねる事情/\、さあ/\身の処自由ならん。これどういうもの。何がさんげいしたらよかろう。分からん/\。尋ねる。これまで/\何も分からんでありたなれど、少々事情分かり、案じる事要らん。これ残りある。一寸分かり難ない処、又所変わりて一寸理。事情定まりて一寸改まりたら、治まらんやない。皆心ある。何程心ありたて、分からにゃ自由ならん。よう聞き分け。身上不足なりたるより、心配あらせん。あちら眺めこちら眺め、これだけ成人したか、時々ほっと思う事聞き分け。いんねん為す事聞き分け。いんねんというは、成ろまいと思たて成りて来る。しようと思たて成らせん。成らんとすれば、これどうもならん。成ると成らんと聞き分け。身上案じる事要らん。これ一寸さしづして置こう。

明治二十九年十二月六日
山名部内甲府支教会長事情に付、当分山名分教会長兼任致し度く願
さあ/\尋ねる事情/\、どちら聞いても事情と思う。成らん事せえとこれも成ろまい。又一つ思わずする事分かろまい。どうも明瞭ないと言う。成らん心があろまい。事情大変縺れてある/\。そこでこういう理になりて来るのも、よう聞き分けて、互い/\道の中の理に聞かして伝えて、是非に是非一つというは道と言う。影形無いという処から聞き分けたら、又一つどんな理でも治まらんでもない。この一つの理聞き分けにゃならん。

押して、山名分教会長出張の願
さあ/\そら一度の処十分の諭、是非に是非というは、こらどうもならん。ならん理でも、こうと言うて、めん/\からこうと言うは又集まる理。よく聞き分けるなら又一つ理もあろ。これだけ一寸諭し置こう。

明治二十九年十二月七日
飯田岩治郎身上願
さあ/\尋ねる事情/\、余儀無く事情尋ねる。さあもうよかろか/\思い/\日が経ったる。どうでもならんから心一度さしづ。どういうさしづ便りする。よう事情長い間、今日一つ発散。一つ案じるであろう。案じてばかり。よう聞き分け。何年前こういう事があった。道は何年後こういう事があった。外々一つの理も聞き分けば分かる。知らず一つの理見てみよ。内々これだけ神の道をほうして、十分の理である。遠く所、所々の理を聞き分けてみよ。一大事の処やで/\。

押して、夢見し事を尋ねる
さあ/\心得ん/\夢と言うであろ。知らす一つの理どういう事であろ。一つの道の中、大きい道もあれば、小さい道もある。心一つで道が分かる。道は太い。どんだけ広く道は行けど、小さく道は行けん。危ない道で行けん。心に何でもというがあろ。心というものが第一。これまでふあ/\道で、これが道であろう。ふわ/\道で行けん。皆取り合うて道である。その道を踏み留めには、心得々々諭さにゃならん。同じ立ち並ぶ理もあろ。あちらの理も聞く。放って置く。見て居りゃ見て居られん。皆一つの理、一つの手を打てば一つの音がする。二つの手を打てば二つの音がする。万事聞き分け。万事内も掛かり外も掛かる。よう聞き分けて置かにゃならん。案じる事も要らん、心配も要らん。どんな話も一つ/\片付いて、安心もあろ。何処にどういう理諭すとも分からん。何処と言うたら世界とも思う。今晩席の話あったと、今に一つの話も計らにゃならん。

押して
それも話までのものやで。どういう事も聞いて居る。成ると成らん事情、世界が鏡、鏡やしき。世界の元が曇れば世界も曇る。又々照ると思え。今夜席長い話、夜々刻限諭し難くてならん。刻限取りようで破れる。消そうか。事情大きい。取り損いの無いよう、皆治めにゃなろうまい。

明治二十九年十二月七日 夜
安堵飯田岩治郎身上御願の後にて
一寸筆取れ/\。どういう事筆取り掛ける。分からん道の譬え話、話はどういう譬えの話。朝起き一日の中の日あろ。年と言えば正月、一年一つ初め言わいでも分かって居る。代々続いたるよう、年々明けて何年なろ。よう諭し掛けたら、勇めば勇む曇れば曇る、言い/\日は経つ。よう聞き分け。皆々それ/\話し合いもあろう。よう事情諭し置け。これ幾度の話諭してある。皆これ一本柱があって、一本柱は立つまい。あちらから風吹く、こちらから風吹く。ひょろ/\細い柱も、太い柱も植え込んだる。伏せ込んだるもあれば、十分突っ張り/\言うたら、そこえやれ/\にたり、皆事情それ/\事情取り違い、事情送る/\。安心事情、何年道すがら知らせん、分からせん。新しい良いようの道、山路も崖路もある。どちら向いて通り、やれ/\と思えば又道を失う。何年々々、分からん道を連れて通りてある。三年以来、十年以来の事情は分かりてある。事情分からん/\。道を固め、あちら固め、こちら固め、一寸々々にをい掛ける道の中である。安心十分、楽しみ十分、身に不自由あろまい。今日何を喰べた。明日はどうであろう。待つもどうであろう。十分じゃなあと、心と日々ところりと相違する。どういう所行たとて、十分西向けど東向けど、曇り掛かりが第一の心である。こゝまで諭し置く。又々談示一つもするであろう。どういう話やない。よう聞き分け。もう道ならこそ、これだけ辛抱せにゃならん、と。年限の道見れば年限は長い。年限聞き分けば、我々も放って置けん、捨てゝ置けん。これよう聞き分けてくれ。

明治二十九年十二月九日
深谷源次郎本部庶務見習に繰り上げる願
さあ/\尋ねる事情/\、さあ事情は追々事情である。皆それ/\旬々事情ある。尋ねる事情は、さあ/\許そ/\/\。

明治二十九年十二月十三日
前川梅吉宅地買い入れの件願
さあ/\尋ねる事情、さあ/\一時以て尋ねる処、まあだん/\に、年々あちら事情こちら事情、これだけ一つ又一つ。これだけこうあれだけこう。事情ぼつ/\の事情、事情急いてはいかん。一寸には未だ/\行かん。急いてはいかん。楽々通そという。休んでる間もいかん。そこで取り捌き皆々定めてくれ。一時に行かん。楽楽通りていつの間にやらなあ。又世界という理、自然の理と諭したる。自然の理に成りて来たら、内々どうでもせにゃならん。年々通りよい理ある/\。これさあさあ長く持って、いつやらと言うて成って来たら、これは天然の理と言う。この理から皆々談じ合うて、談示の理に委せ置こう。

明治二十九年十二月十五日 午後四時
増井幾太郎次女ヨシヱ身上願
さあ/\尋ねる事情/\、さあ/\小人々々小人の事情から尋ねる。身上一つ堪えられんであろう/\中に、事情にては大層々々事情、これを一つどういう事がこうなるという、分からんから尋ねる。どういう事こういう事、身上不足又候かいなあ/\。真に堪えられん/\から、事情どういう事という。心治めてくれ。変な話して置こう。一度二度これはどうであろう。又候という。真実から尋ねば諭そ。よう聞き分け。道に一つ理がありて/\一時事情、なあこれ一つ事情、よう思案してみれば、一寸には何をしてんのやら分からん/\。ほのかの理/\先にある。先と言えば、遠いようなものや。又小人からとんだ話という。そうでない。内々事情無ければ何にも思うやせん。又都合々々と思う。よう聞き分け。大難事情小難事情という、事情はなか/\事情。一時どうなろうと思う。一時にどうではない。事情は取りよでころりと違う。元から拵える。寝ても覚めても忘れられん。これから一つ話して置こう。筆に取りてよう聞き分け。古い/\/\、子供々々や又子供、又今一時に事情、ほのかのような事情々々、ほのかの事情、なあ道に理が立つ。国に一つ所に一つ/\この事情分からん。ほのかの理、大き小さき一つ、大きい台になりて、ほのかは埋れてある。どちらが早いかこちらが早いか、諭し置こう。楽しみ成るも道成らんも道、これ聞き分け。心に思わず/\、道に一つ集まる理は、どちらとも分からん。こういう事、何年以前にありた。これ諭し、あこの小人事情大層々々は、一つ何でなると思うな/\。思うやない/\。

明治二十九年十二月十八日
平野トラにおさしづ
さあ/\尋ねる事情/\、さあ/\まあ/\長らえての事情、今一応身上障り尋ねる。どういう事と思う。成る成らん、行く行かんの心の事情、幾重の思案。なれども鮮やかならん。よう聞き分け。身上どういう不足無きものなれど、事情という、事情にはいかなる事情もある。何が違う、どれが間違いという。よう聞き分け。内内一つの中とも言うてある。だん/\の事情、幾重の事情重なり/\理が有りてあれば理は無きもの。よう聞き分けにゃならんで。めん/\心に事情、理を沸かしてはならん。日々という、身上に不足ありては楽しみは無い。今日はよいか、明日はもうよいか。どうも今一時速やかならん、だん/\と言えば、どうも心に楽しむ理はあろうまい。まあどういう事もこういう事も成りて来た。事情長いようでも短いもの。経った後見れば短い、先思えば長い。今日もこう/\、明日もこう/\、何でもという。日々事情見る聞く中に、どうも判然出来難くいという。日々事情、心という理は幾重の理もある。こうしたらなあと思えば、あちらへちょいとこちらへちょいと廻る、曲がる。これだけ曇りた理は、ちょいとにほどけん。この道というは、心一つの理に留まる。その心という、一寸揺げば、どうでもこうでも思い返すは暇が要る。これだけ堰したらと思う。これとも一時に流れ込む。水はあちら切れ込みこちら切れ込み、どうもならんもの。よう聞き分けにゃならんで。いかな道、一時どうやろうこうやろと思う。なれども、後を見れば何でもないようなもの。よう聞き分け。何も外したのやない。皆外されたのや。この道という、道に危なきはない。何も探られる事は無い。よう聞き分け。このさしづというは、なか/\容易ならん諭である程に。所々名称々々数あるうち、最初一つの理より変わらん理で押せば変わらんなれど、どういう一つの事情より、めん/\勝手々々の理の出るからどうもならん。日々にもよう重々の理を諭せ。軽いものと思えば軽いもの、重いものと思えば何ぼでも重い。心に曇り跨がりの理ありてはならん。日々互い/\の心を集めてくれるよう。

押して願
さあ/\尋ねる処/\、事情余儀無くの事情を尋ねる。どうも心というものは、たった一つの心で成る成らんはあろうまい。長い事やないで/\。皆見えて来る。皆んなこれ同じ中にも、話一つの理はよう知って居るやろう。知らず/\やない。ほのかの理に巻かれ/\、一時どうしょうこうしょう、これは出来ようまい。日が経つ月が経つ。ほんに見えたなあ、ほんに早かったなあと言う日がある。前々ほのかにさしづも聞いたなあ、さしづ通りに成りたなあと言う。重々に結ぼれた理は、初めやら仕舞やら分からん。端と端と理から定めにゃ分からん。中程からはどうもほどく事は出けん。一つの口がほどけ掛けたら、皆それ/\独りほどけて来るやろ。又ほどかにゃならん。端と端とが、どうもほどき難くい。ほどく理が分かりてありてほどかれん。一人ほどき掛けたら、どうも一つの理がなあ/\、何でもないと思て来る者が、どんな働きするや知れん。軽い者が重うなる、重い者が軽いやら、これも分からん。初めから縺れたのやない。聞いた者は、元々分かりたる者もあろ。よく/\聞き分けてくれ。

 


<補遺>

明治二十九年一月八日
田中みつ四十四才並びに長男善永十九才身上願
さあ/\尋ねる事情/\、さあ/\いかな事も尋ねるであろ。尋ねば一つ諭しよ。よく事情聞き分けにゃ、分かり難ない。一時一つなるという心持たず、よう思やんしてみよ。これまで大変中と思う中、どういう事思う事いかな事聞き分け。これだけの事どういう事でありた。これ忘れるに忘れられん。忘れられねば思う心これ思い開く事出けん。出けば鮮やか分かる。どういう事も善き事も受け取る。受け取るは道の理と言う。為す事世上一つ理諭す。為す事いんねん聞き分け。一寸は分かるなれど、鮮やか分からん。これ聞き分けば随分分かる。分かれば発散出ける。よう聞き分け。人という、人という、いつ/\まで楽しみは言うまで。何程思やん。日日暮らす中不自由無い。なれど、世上聞き分け。遠い所やない近い所にある。よう聞き分け。暮らす処不自由無いなれど、為すいんねん聞き分け。たんのうは出けやせん。なれど世上の理から聞き分け。身の不自由あればたんのう出けやせん。なれどよう聞き分けば治まる。よう聞き分け。いんねんと言うて了えばどうもならん。いんねんというは、切なみ何遍でもと言う。これ聞き分けるは、いんねんのさんげえと言う。又小人たる処、理の集まるようなもの。為す事いんねん分かれば、よう聞き分けして十分たんのう。これまで楽しみの日ありた。又あゝと言うた日もありた。よう聞き分け。短いようで長いもの。これ聞き分けば、鮮やかなもの。又聞き分けば直ぐと治まる。これ一つ諭し置こう。

明治二十九年一月十四日
山中栄蔵三十九才身上願
さあ/\尋ねる事情/\尋ねる/\事情、尋ねる身に一つ不足という。どういう事知らす。どういう理であろ。皆んな一つ/\の事、もうよかろか明日起きよかと言う。身に事情余程大層。大層である。まあ一寸一時どうではないなれど、余程大層である。事情解きほどき、解きほどきて又暫くという。これまでとんと分かり難くい。日々捌けんから、身上今日の日と言う。我が事/\事情から見て居られんから、傍に見て居られん中に事情あるによって、これだけという楽しみ寄せて、日々事情大変。日々見難くなりてならん。又、一つ楽しましてやらにゃなろまい。

明治二十九年一月十六日
羽田平三郎五十才身上願
さあ/\尋ねる事情、身に一つの理いかなる事である。身上悩むという、障りという。悩む障りとも、どういう事でなる分からせん。尋ねる。尋ねば知らせ置く。どういう事日々の事情諭する。皆多く世界の理、身上悩む。尋ねたなら身の理世界の理聞き、この人がこうあの人がこういう事、重なる者理自由自在どういうものである。これ一つ一時どうでもない。一時見れば救けにゃならん救からんならん。身上迫りて一寸薄いものである。日々事情に迫って中に、中という理があろ。諭する理が元にある。世界の理諭する。日々の処から身上が不足。こんな事では思う。一人万人聞き分けて、事情どんな事情もある、事情にならん事情もある。話伝え、尽した理末代楽しみ。たんのうの理諭してくれるよう。

明治二十九年一月十七日
杉本鐵之助三十一才身上願
さあ/\尋ねる事情/\、身上一条理を尋ねる。一時以て事情日々の処にてとんと頼り無きという、又諭す理、いかな理悟りてよく諭してくれ。よう聞き分け。この道という聞き分けて、一日の日を以て精神定めてから伝わりたる。身上さんげえの外と言う。思いの外と言う。そうやない。尽しただけは世上にある。心一つ病まんよう。よう聞き分け。尽した理は世上にある。諭した理は外れやせん。いかな理も心にある。さあ/\捨てるやない/\。

明治二十九年二月十八日
安堂鶴造四十八才身上願(高安分教会役員)
さあ/\尋ねる事情/\、身上に堪いられん一つの理を尋ねる処、これまで一度二度これまでにある。どうなりこうなりよう/\道見て、一時身上迫れば堪いられん一つ思う処、余儀無く理一つ話し一つ諭してくれ。道という/\、これまでどうも通り難くい道、よう/\の日ありて楽しみ一度諭してくれ。これまでどうもなあと言うて了たら、一度通り了わんならん。これ聞き分け。一時どうとあろまい。なれど、大層。又双方後々子供案じ無きしもないなれど、よく諭して満足与えてくれ。早い遅い理聞き分け。互い/\通りた。後々いつ/\まで安心。いつまでも長らく安心。心に屈託無くば道という。聞いた理頼り無きものなれど、道弘めたる理生涯末代。生涯の理皆尽した理、後へ残る、後へ繋がりたる理ある。よう聞き分け。一時どうでない。なれど、大層。後々一つ満足与えてくれと、一つ話して置こう。

押して
さあ/\尋ねる処/\、それは皆思うは理なれど、二度三度から聞き分けにゃならん。たんのう治めにゃならん。一度やない、二度三度見にゃならん。一度やあろまい。これまで理聞き分けて、明らか通り、これでという処定めてくれ/\。

明治二十九年二月二十二日
鈴木円作長女ゆき身上願
さあ/\尋ねる事情/\、いかなる事情尋ねる。事情によってならん/\と一つ事情、さしづ取りて一つ事情。これまで聞いたる事情心に治めて、一つ事情、どういう事でなるこういう事でなる言わず思わず、治めてくれ。どういう事も心にあろう。これだけの中に、小人一つどういうもの思わず、どういう事も日々伝える理に籠もりてある。又中に一つ、多くの中大難小難々々々々というは、又思い開き一つ事情にある。よう聞き分け。難しと言や難しい。ならんと言やならん。後々ならんというはいかな心。いかな心も日々治めて居る中に、皆理ある。これよう聞き取りてくれねばならん。

明治二十九年二月二十三日
竹内伝太郎妻いと二十二才身上願(高知部内比江支教会長妻)
さあ/\尋ねる事情/\、一人とも事情、それ/\の処思う処、どうでもなろまいなろまい。余儀無く事情尋ねる。身上の処大変大層。事情一つ事情中にも事情、これまでの処余儀無くの道も通り、よう/\の道一つ大変であろかと思う。も一つ事情鮮やかなる事情諭し難くい。今日の事情迫り迫る。遠い所なら詳しい事情諭し難くいであろ。なれど、一つの理を諭す。一つの台とも言う。理とも言う。これ分かろうまい。又一つ、為す事皆いんねんという理を聞き分け。余儀無く事情通り、今という事もあろうまい。互い/\扶け合いと言うて、これまでの道を通りた道は、生涯末代の理とも言う。これ一つ早く諭して、気を休めてやるがよい。

明治二十九年二月二十三日
西初太郎二十五才身上願
さあ/\尋ねる処/\、さあ身上だん/\事情一時の処、なか/\めん/\にとってはどうであろ。この道聞いたる理は、間違わんで。一日一つ事情、世界一つの理があって、この道は世界の道。心の道の理をよく聞き取り、身の内迫れば、これまでの理を、余儀無くの理に混ぜるによって、どうもならん。一日でも生涯でも聞き分け。事情聞き分けば速やか成る。別段の心もあろまい。一つの心とこれまで通りた理と、めん/\に心に曇らす。十年二十年百年も同じ事や。これだけ身上迫れば、めん/\心にある。これまで何をしたるやらという心、混ぜんではあろまい/\。話通りは違わん/\。心の理を違わんよう。今日まで何をしたるやらという心を、早く諭してくれ/\。

明治二十九年三月五日
松岡国松外家内中障り願
さあ/\尋ねる事情、内々一つ事情、又事情々々々一つの理、いかなる事もよく聞き分けてくれ。もうこれ長い間通り、もうじゃ/\日限程無うの理内々の理があれば、どういう事思う。楽しむ事も出来ようまい。皆それ/\立ち寄って事情余儀無く事情尋ねる。余儀無く尋ねば諭す。一時切なみどういう事になろうかなあ、一人の煩いでない。それ/\所に一つ事情始め、成程の心を治め。今日どう、何を楽しんだやろと思う。成らん中に一時の処楽しみ果たされん、傍に思わんよう。たすけ一条の道を通り、たすけ一条の運び余儀無く一つの理忘られまい。楽しみあろまい。難儀さそう不自由さそう理はあろまい。これ一つ聞き取って治めてくれ。早く諭してくれるよう。心に一つ治め替え。何故なるかと思わんよう。どうもこの一条、世界何という理、些かも持たんよう。又暫くと言う。
さあ/\一時救からにゃならん、救けにゃなろうまい。早く諭して、内々不足の理他も何であろう思う。思わんよう。今まで遠く所たゞ一つの理諭してある。皆々心を聞き分けてくれにゃならん。早く諭してくれ。

明治二十九年三月二十九日
東保太郎身上又小人身上願
さあ/\尋ねる処/\、さあ事情迫る処事情々々迫る。どういう事もあろう。尋ねる処よう聞き分け、よう聞き分けば随分道のため、世上分かる。十分尽し十分働き、名ある働きして、身上迫る。よう聞き分けてくれ。真実心を通し、身が迫る。めんめんの理が嵌まらん。道のためこうと真実心を定め。どれだけ尽し果てたる。内々何たると思た理がめん/\心に迫る。悪も他人事は陰にも思わん/\。何したのや。よう取り替えて、そうかえ治まる。道のために真実始め掛けたる理は生涯。めんめんどう、今日まで危ない処も通り、心を実々納してある程に。よう聞き分けてくれ。

明治二十九年五月一日
増田おせい縁談願
さあ/\尋ねる処、さあ/\事情は縁談行く行かんの理を尋ねる。それは皆々それそれ諭して、縁談事情、皆二つ一つ合わせてこうという処、皆心の理を合わせて生涯の心定めてこうという処、それは運んでやるがよい/\。

明治二十九年五月十五日
向井儀平身上願
さあ/\身上以て身上尋ねる。身の処事情いかなる処尋ねる。さあ/\一時事情どうも何とも計り難ない事情、よく聞き分けて、十分諭して、事情はたんのう諭してくれ。どういう理でなる。一時心定めて改め。又一つから、どういう事、皆々それそれよう聞き分けにゃ分かり難ない。一つ諭しよう。どうでもこうでも/\心も改めてくれ/\。どういう心改めるなら、何でなる。これだけ通り運び、辺所どういう事と更に持たず、尽す事情は末代事情。満足与えてくれ。何でなる、更に持たず。この事情伝えて、又めん/\もしっかり定めてくれ。

明治二十九年五月十八日
和田平三郎次女きくゑ二才身上願
さあ/\尋ねる処/\、小人たる事情大変事情たる処困る処、どういうものである。小人たる、これだけ不思議と尋ねる。一時どうとあろまいなれど、一つ小人にしては大層である。どういう事思う尋ねる。いかな事情も聞き分けよ/\。身上不足無ければ何も思わん。事情諭しよ。何故なると思わんよう。これだけこうするどうする。これ思わず、理治めにゃならん。皆それ/\話する。話すれば、又内にいんねん為す理聞き分け。いんねんならと言うて了えば、どうもならん。よう聞き分け。又、一日の日、定めた日の事、よう思案してみてくれ。

明治二十九年五月二十九日
上田善兵衞四十四才身上願
さあ/\尋ねる事情/\、さあ事情身上尋ねる。思い掛け無いと言う、思う処、一つ事情に大変の処、心に事情を、これではなあ思う処事情、それは大層々々なれど、早く事情聞き分けてくれ/\。真実という、今一時という事情、心働かし、何か頼り無きようと言う思う処、早く発散/\。

押して東京の講社の願
さあ/\働いた/\。十分尽す尽し抜いた/\。これまでという処に、世上何たる事情これ聞き分け。成る処成らん処、これ聞き分けてくれ。早く発散聞かすよう。

明治二十九年六月八日
小山又四郎身上願
さあ/\尋ねる事情/\、さあ心得んであろ/\。一時遠く所又遠く所一時心持ちて一つ運び、又一つ何でもと思う中に、どうも一時いかなる事情思う。一人事情呼び取りて、又こうという心得んという。心得んであろ。中に事情という事情、又早く事情々々一時迫り切りたる。これは何の事情で迫り切りたる。どういう事情思わず言わず、これまで所にて、まあ一つまあいつ/\までという中、だん/\運び掛けたる。今一時迫る処余儀無く事情、だん/\の中に事情は、どんな者でもまあ多い世上のためなら何処までもと、一時定めた心受け取りたる。一時迫る。頼り無い。これだけ運ぶ中に一時身上どうも、という心持ちてはならん。一時早く話してくれ。道の中身上不足これはなあと思わず、道の中どんな中、怖わい中もある中に、身上もうどうなろうか知らんという心持たず、よう聞き分け。この道運び、心だけで治まれば末代事情、あゝと言うて了えばどうもならん。道失うて了えばどうもならん。まあ/\早く/\どうなる事こうなる事諭してくれ。落させん、失わせん。この理末代の理に治めてやりてくれ。

明治二十九年六月二十日
北村繁太郎妻ます身上願
さあ/\尋ねる事情、さあ/\身上事情いかな処も諭し、どういう話も諭すれど、どうもならん事情尋ねる。尋ねるから一つ諭しよう。一つ事情これまでどういう道、幾重の道も通り、内々にもどういう事情も治め。中にも身上不足なれば、これはどういう事と思うであろう。なれど、よう聞き分け。どういう理も改め。元々こうという心一つ定めた一日、尽した道なか/\の道。内々十分こうと思う中、身の内不足なればどうであろと思う処、よう聞き分け。これまでいかな道も通りた中、道理も聞きどういう理も諭し、世界一つの理も諭し、事情鮮やかなれば、身上どうとはあろまい。道理も取り替え。為す事いんねん、よう聞き分け。一時以て身上どうとはあろうまい。早々取り替え/\。早く諭して、いかな事情も改め替え。いかな事情も、早く諭してやりてくれ/\。

明治二十九年七月十六日
西村宗兵衞六十三才身上願
さあ/\身上尋ねる処、身の処長らえて事情、いかな事であろ。どういう事間違うてある。何違う。日々暮らす中、長い事身上尋ねる。さしづ及ぶ。どういう諭なら、よう聞き分けにゃ分かり難ない。一寸始めて日々それ/\心集まりたる処、又日々の処という。長らく事情、これ皆受け取りてある。受け取りてある中に、そんだら身上どういう事に思う。それ沸く。これまでこれだけ事運んで居る、尽して居る。他になあ、又世界なあ、これすっきり思わんよう。よう聞き分け。人一代と思うからならん。深い理続く/\又続く。末代とたんのう供いてくれ。折角尽した理あざにならせん。又内々たんのう。道の中どんな道もある。又ふしある。よう聞き分けてくれ。これよう楽しましてくれにゃならんで。

明治二十九年七月十六日
大江正一二十二才身上願
さあ/\尋ねる事情/\、よく事情一つ身上に一つ心得んと言うから尋ねる。心得ん理に諭す。めん/\身上鮮やかならん。身上鮮やかなら何も思う事要らん。尋ねる事要らん。めん/\身上不足なら、何の楽しみも湧こまい。どうやろなあ、この事情はぁちゃ湧かん。よう聞き分け。身上、うっとし思たらうっとしなる。しいかりしたらしいかりなる。夜明けたように心運ぶなら、身上速やかなる。これしいかり伝えてくれ。

明治二十九年七月十七日
岡崎軍治四十才身上願(玉島出張所)
さあ/\な、尋ねる事情/\、身上に一つ尋ねる処、一時事情どういう事情であろうと思う。だん/\の心尽せども、一時鮮やかならん。尽した理は受け取るなれど、身上事情は余程大層な事情である。どう思えども、思うようには行かん。殊に身上不足なれば尚の事思う心の理。なれども一つ改め。世上の一つの事情、どういう事聞いたそういう事を聞いた、という心を持たぬよう。最初定めた一日という心を、生涯の心を以て末代の理を楽しめ。いんねんならと言うて了えばそのまゝのもの。いんねんという理を諭せば、自分の身にもあろ。生涯末代の道である程に。いかなる事も末代の理。一時急いで事情運んでくれ。

押して
さあ/\身上の処は一寸には行かん。余程大層なれど、一時どうという事は無い。これだけ運んでくれ。これだけ運んで居るのに、これだけ尽して居るのに、という心を持たぬよう。諭してくれるがよい。

明治二十九年八月一日
前田喜四郎四十六才身上願
さあ/\尋ねる事情/\、余儀無く事情尋ねるであろ。身の内の処どういうもの。もうよかろかと日を通りたる。一時以て尋ねにゃならん処、よく事情聞き取らにゃなろまい。どういう事であろ思う処、思うだけさんげえして居る/\思うだけでは分かろまい。一言諭し置こう。これまでほんに成程という日から事情たんのう/\。何故なると思うやない。事情は世界にある。世界の理を皆見てたんのう、心にたんのう。道を通るには真の心にたんのうして通らねばならん。尽す中に身上どうであろ、身上は又世界からなあと言う。これよく取り直し、事情は世界にある。いんねんという、いんねんというはどんないんねんもある。いんねんは心から。いんねんならと言うて了えばどうむならん。又いんねん残してはならん。いんねん諭せば、めん/\いんねん事情治め。しよと言うて出けやせん。しょまいと言うて成りて来る。これ聞き分けてたんのう。たんのうは誠。身上は大層と言う。そこで聞き分け。何度と言わん。事情は世界見て明らく事情と言う。早く諭してくれ/\。

明治二十九年八月六日
加見兵四郎五十四才身上願
さあ/\尋ねる事情/\、どうでも余儀無く事情尋ねるであろう。どうしたらよかろうか。どうでもいかん/\。余儀無く事情尋ねるであろう。心事情は治まりてある。身上事情あれば、いかな理沸く。その日/\という。よう聞き分け。一寸事情はなか/\事情、一寸大層である。一寸事情聞く。又事情あれば又事情と言う。一寸には事情諭し難くい。なれど諭さにゃならん。どういう事なら、今の事なら十分治まりたる。どんな中今日の事情あろまい。日々事情思うよう事情でありて、道変わりて又一つ世界事情所々事情、これから見れば、どういう事も区域分かり難くい。これまで通りたる理恐ろしいという。通りたる理は心に持って事情、又身上不足あればいろ/\理沸く。これ取り直し、道に事情説き流して居る。いんねん事情、いんねんというは、めん/\為すいんねんこら分からせん。身に不足ありてたんのうは出けやせん。なれど、取り直し、所々事情皆見て、めん/\成程と言えば、前生さんげえと言うたる。一時事情どうでも成ろまい。なれど早々思た理ほんになあと取り直し、又一つ話何時どういう話、どういう事聞くとも分かろまい。これも一寸諭し置こう。

明治二十九年八月二十九日
森井宗吉長男宗太郎九才身上願
さあ/\尋ねる事情/\、事情によって余儀無く事情であろ/\。尋ねる一時事情にては一寸は大層事情である。思う事情にては又候という事であろ。思うよう行かん思うよう行かん。まあ内々にてもそら治められん。なれど、よう聞き取りて治めるなら、危ない怖わいという処、よかったなあという事がある。これまで楽しみ通り、事情にては何たる事情一つ理、この事情内々治めてくれ。一寸話聞けば、恐ろしい。又内々にこういう事では世上に対してなあ、この事情聞き直し取り直し、身上から出た一つの道、道から出た事情である/\。その事情治めたら、一時はじいと治まるよう。

明治二十九年九月六日
広岡あい四十七才身上願(青野原支教会長妻)
さあ/\尋ねる身上には、ならん事情というやろ、一時身上の処迫る。身上困る困るどんな話、いかな事聞く。身上些か見難くい事情という。尋ねる一時以て事情、身の処どうでも大層々々大層以てなる。一時以てどうとあろまい。よう聞き取りて、道という。道皆諭してくれ/\。よう聞き分け。一代と思うから出る。心に事情が治まるなら、何でなる/\。これだけ尽したのに、内々に持たず、事情どんな事情も、見比べてくれ/\。内々たんのう治めてくれ。たんのうは出けやせん。なれど、よう聞き分けば、たんのう治まる。これ一つ早く諭してくれ/\。

明治二十九年九月八日
吉岡栄蔵妻さと三十一才身上願
さあ/\尋ねる事情/\、身の処では心得んいかな事情尋ねる。どういう事でなる。どういうものである。日々の事情であろ。この事情よう聞き分けにゃ分かり難ない。人間それ/\長らえて事情の理は心に持って、事情だん/\日柄経ったる事情の処、よう聞き分けにゃ分かり難ない。よう思て見よ。これだけの事あろうか。これだけの事情日々の事情これだけありそうなもの。日々の処どうも印無いと言う。一つ聞き直し取り直し、もう身上大変事情一時であろまい。なれど、内々思やん定めてくれ。日々いんねん事情いんねん諭す処、世界又内に一つ聞き分け。愛想尽かすやない。よう聞き分けてくれるよう。

明治二十九年九月八日
原田平蔵腰痛みに付願(芦津信徒九条村)
さあ/\尋ねる処/\、長らえて身上不足なりたる。今の一時、不足なりたる処堪えられん。さあ/\話聞けば、どうであろこうであろう、皆同じ事。精神定め切りて、事情身上迫り、日々不自由であろう。よう聞き分け。又今度と思う心では、前前さんげ出けやせんで。この事情諭してやるがよい。

明治二十九年九月八日
上田浅治郎七十才身上願
さあ/\尋ねる事情/\、さあ/\尋ねる事情、もう年は余程事情々々。一時どうとこれはあろまい。なれど、心に掛けて置かにゃならん/\。よう事情聞き取らし、楽しまし、どういう事楽しますなら、これまで容易ならん道でありて、よう/\治まれば皆々治まりてある。よう聞き分け。あちらこちら散乱心ありては、心運び尽したのに、どうもなろまい。将来道によう聞かして、気を休めてくれ。気を休めてやるがよい。

明治二十九年九月十一日
小野辰三郎身上願
さあ/\尋ねる事情/\、尋ねる事情はいかな事情、余儀無く事情尋ねる。身上の処にて第一身上の処にて、痛む悩む。これはどういう事であろ。それ/\思う、又言うであろう。一寸諭し置く。心得十分諭して、どういう事いかな事諭すなら、さあ/\危なきや怖わきや、その中道の中事情の中、道通りて、こういう事と更々持たず。道がありゃこそ。よう/\治まりて、身上早く聞かして発散。世界中見分け聞き分けてくれ/\。危なきの処、一寸治まりたる処から聞き分け。何でも無きと思えば何でも無き、こんな事他に一つ話しよなあ、神の道にありてはなあ、これなろうまい。これ一つ、早く治めてやりてくれるよう。

明治二十九年九月十九日
横山与八家内中身上願
さあ/\尋ねる事情/\、さあ/\内々に一つ事情の理があり、どういう事であろう、いかな事であろうと尋ねて、一つどういう諭し貰う。心は真実心は真実であろ。内々事情の処よう聞き分け。内々も愛想尽かさんよう、この理聞き分け。どうと言うなら、人々心があるによって、内々満足はして居るやろ。なれど中に兄弟という世上という、よう思やんしてみよ。一寸世上あちらこちらうっとしいようなものなれど、うっとしい中晴れる日がある。内々事情ありて尋ねたら、こういうさしづありたと将来心治め。内々多くの中他の中聞き分け。聞き分けば、その日/\に治まる。これ一つ諭し置くによって、ようく聞き取りてくれるよう。

明治二十九年九月二十五日
松尾兵五郎五十八才身上願
さあ/\尋ねる事情/\、身上に心得ん理を尋ねる。長らえ一つ事情にては、大いに皆困る。一時身に迫る事情、よう聞き分け。たゞ一つに蒔いた分には分からん。我はこれだけ尽し運び、めん/\身上だけこうと言う。めん/\だけやない。他にまで心寄せ、これ取り直し聞き直し、皆元という。最初一日の日以て心寄せ、一日の日から思やんしてみよ。それから一つ/\、よく聞き分けにゃ分からん。めんめんこうして居るのに、何の効無いと言う。よう聞き分け。救からにゃならん、救けにゃならんが理であるするのに、身上鮮やかならん処、聞き分け。ずつない中辛い中、たんのうは治まらん。どうも治まろまい。なれど、為す事いんねん聞き分け。いんねんというは、何処にもある。それから話伝える理から、内々なあ。これから改めて、よう聞き分け。事情から身上大層になる。内々たんのう。悪い中切ない中、たんのう説けやせん。なれど、成ろうと言うて成らん。成ろまいと言うて成る。これから聞き分けてたんのうすれば、前生さんげえと言う。身上は一代と思たら頼り無いようなものや。なれど、末代という処から、よう聞き分け。

明治二十九年九月二十六日
中西菊太郎妻よね身上願
さあ/\尋ねる事情/\、さあ/\身上という/\、余儀無く事情尋ねる。一時以て尋ねる処というは、身上不足無ければ尋ねる事要ろうまい。いかな事情も悟れ。身上不足なる事情、どういう事であろ、これ持たず。身上というは、皆大変なる事情。よう聞き分け。何でこうなる。日々運び尽して居るのに、尽して居るのに身上事情、世界一つなあ、内々忘れられようまい。事情行く/\先見て内々改め。何でなる、日々こうなる。他に一つ/\心持たず、一つ改めてくれ。

明治二十九年九月二十九日
小西彦七三十才身上願
さあ/\尋ねる事情/\、思い掛けも無い事情であろ。どういう事と思う処、身上に事情ありて、一時どうしょうこうしょうと言う。一時どうもならん事情、よう聞き分け。皆んなそれ/\理が分からんから、分からんようになる。しっかり聞き分け。身上ありてこそ人間心の理を働かし、いろ/\どうしたらよかろこうしたらよかろと思う。それから一つの理を聞き分け。前々以て諭したる。内々事情には何にも不自由はあろうまい。なれど、身に事情不足ありては、心という理は治まるか。これからよう一つの理を聞き分け。一時堪えられん事情であったやろ。なれど今の処、よう/\じっと治まれば、一つの話も聞くであろ。いかな事情も定めるであろ。いかな事情も世界という、世上の理から話してくれ。年は未だ/\若い。先は未だ未だ長い。どんな者が、どう言う。なれど、どうもならん。楽しみありても、身から事情あれば、皆忘れて了わんならん。暫くの処は、治めてくれ/\。

押して、分教会常詰の事情伺
さあ/\皆心という理は、めん/\心から出にゃならん。勧めて貰たり、言うて貰うてするような事では、何もならん。心の理というものは、日々時々どんな理も出る。こうしたらこうなる、これは諭す事出来ん。めん/\真の心から定めてこうと言うなら、十分の理。何も案じる事要らん、という一つのさしづをして置こう。

明治二十九年九月二十九日
常極仁右衞門身上願(名草支教会長)
さあ/\事情々々、皆これ余儀無くの事情を尋ねる。取次も余儀無く事情を尋ねる。多くの中分け隔ての無きよう、成らん事情は繋いで諭してやれ。身上不足なりて尋ねたら、何でもない良き事やと言うようなら、尋ねるまでのもの。これまでの事情長らくの事情、運び尽す理は捨てゝ了うと思うようではならん。一代では頼り無きもの。なれど末代の理を聞き分けば、たんのうの理も出るやろ。見る処聞く処から、たんのう治めるなら、さんげとも言う。身にずつなみありては、たんのうは出来よまい。なれど、よう聞き分け。たんのうより受け取る理は無いで。この理を聞き分けて、皆んなそれ/\楽しましてくれるよう。

明治二十九年十月一日
仙田善蔵身上伺
さあ/\尋ねる事情/\、身上に一つの事情一時以て尋ねる処、身上不足なる、どういう事であろう、日々思う処、よう聞き分け。身上に不足なりて一つ尋ねたら、こういう一つさしづありたと、よく伝えてくれにゃならん/\。どうで長く道なら、先長く心持って、楽しんでくれにゃならん。どうで心に堪え難くい理もあろう/\。これ取り直し、よう聞き分け。人間前生生まれ替わり為す話、皆聞いて諭すやろ。諭す処めん/\よく聞き分けて鮮やかなら、身上も鮮やか。これをよく聞き取りて、諭してくれ、諭してくれ。

明治二十九年十月九日
前田喜四郎四十六才身上願(五条支教会長)
さあ/\事情以て尋ねる処、身上どうも長らえて不足なる。どういう事であろう思う処、前々諭してある一つの理と言う。将来諭しある一つの理という。又さしづ変わりてあろか尋ねる。一度のさしづは将来のさしづ。一度の印無ければ、どういう事という理で、これは利益がなあ印がなあ、見にゃならん。又一つ長らえてどう言うてもならん。一時諭してある。諭してある処、頼り無いものや/\必ず思わず、たんのうさしてくれ。何をしたんぞいなあと思わず、道に一つこれは一寸も思わんよう。人間という、一代と思うからどうもならん。よう聞き分けてたんのう。たんのうはなか/\出けやせん。なれど前々聞き分けてたんのう。身上不足ありてたんのう出けやせん。なれどたんのうはいんねんの諭し、前々の一つの理これさんげえと言う。長々切なみありてたんのう出けやせん。なれど、よう聞き分けばたんのう出ける。皆互い/\聞き合わせ問い合わせ。あちらこちらこの理聞き分け。いんねん為すいんねん日々理ありゃこそ尋ねる。あちらもこちらも尋ねるは道の理である。又いんねん為すいんねん聞き分け。成る成らんの理聞き分け。そのたんのうは前生いんねんのさんげえと言う。続いて聞かそ。皆んな続いて一つの話になろ。いんねんという、いんねんのたんのうというは、成ろうと言うて成らるものやない。成ろまいと言うて成りて来る。この理聞き分けば出ける。一代と思うから頼り無い。頼り無いとは必ず持たず、道ならこそ道がありゃこそ。遠く所あちら変わりこちら変わり尋ね、だん/\運んでくれる。これ道の理かとたんのう。又世界事情明らか道通りて、よく話してくれるよう/\。

明治二十九年十月九日
安井藤市三十七才並川馬太郎妹はる二十五才縁談事情願(蒲生支教会長)
さあ/\尋ねる事情/\、縁談尋ねる事情理を尋ねる処、さあ/\一日の日を以て尋ねる処、さしづよく聞き分けにゃ分かり難ない。縁談一つ理という。事情によってどんな事情もある。縁談というは、どういうさしづなら、人と/\一つ嬉しいという心と心の理、これさい治まるなら、何時なりと運ぶがよい。さあ/\心置き無う運ぶがよい。

明治二十九年十月十日
越智久八二十九才身上願(愛豫支教会長)
さあ/\尋ねる事情/\、さあ/\いかな事情も尋ねる。身上事情ありて一つ尋ねにゃ分かろまい。尋ねるから一つ又さしづと言う。身上不足なる。どういう事であろ思うから尋ねる。どんな話も聞く。いかな話も聞くなれど治まらん。どうも分かり難ないから尋ねる。尋ねるからよう聞き分け。幾名何名変わらん事情、さしづは変わらん。変わるさしづ出けん。身上事情変わりた事情である、違った事情である。事情はどういう事もこういう事も、皆さしづしてある。又変わりた事と思うから尋ねる。又言葉という、言葉事情尋ねる。よう聞き分け。身上不足なりて、なか/\一つどういう事と、一時捨てにゃならん。これ聞き分け。事情はめん/\事情ある。為すいんねんと言うたる。よう聞き分け。いんねんの為す事情は、取りよ聞きよで大変違う。いんねんならと言うて了えばどうむならん。一度と思うから頼り無いもの。身上不足なりてたんのうは出けやせんなれど、皆同じ人間、かりもの・かしもの中、どんな理どんな事情も見る。又聞くやろ。これからたんのう。たんのうはいんねんのさんげえである/\。これよく伝えてくれ/\。事情は、皆々それ/\心得事情に、一つ諭し置こう。

明治二十九年十月十八日
畑中国楠妻くま三十四才身上願(有田支教会長妻)
さあ/\尋ねる事情/\、事情は余儀無く事情、どんな話どんな理、どんな理も伝えども、どうも身上鮮やかならん。一つ理が無いと言う。尋ねるから、余儀無く事情であろう。どうでもならん。ならんというは、よう聞き分けにゃならん。一時尋ねる事情に、一つ諭というは、一時の処事情大層々々。大層は大層だけ、鮮やか見て一つ事情、どうも一つ大層。万事諭してくれ。こうして長い道筋、頼り無い事と更に持たず、又内々どうと、又世界なあと思わず/\して事情は第一。後々第一。一つ尋ねに行た。どうも一つなあと沸く。又日々諭す事情有る。いんねんという、いんねん諭す処、何でなる、これだけしたのになあと、内々思わず、よう聞き分けて諭してくれ。これだけ諭し置こう。

明治二十九年十月十九日
葛原常松三十六才身上願
さあ/\尋ねる事情/\、さあ/\事情、さあ/\尋ねる事情、遠く所どういう、とんと一時どうも鮮やか分かろまい。又聞かす事出けようまい。遠く所尋ねる処、一寸のさしづして置こう。身上の処大変事情になりたるで、大変事情になりたるで。皆心一つ理が難しい。これまでととんと心が一時難しい。そこで身上難しい。どういう事難しいなら、こちら事情やあちら事情や。よう聞き分け。こんな事情かいなあ、あんな事情かいなあと案じもあろ。心に緩む心ではどうもならん。難しい、心にあると言う。又心無くば通る事出けん。身上一日二日では鮮やか出けず鮮やかならん。そこで一寸諭し置こう。愛想尽かさずよう/\。愛想尽かしては、これまでの働き何もならん。人間というは先々分からん。一時難しい中どうなりこうなり心に治めて通れば、つい/\道があるのや。一時にどうと心に持つから、一時難しい。そんなら身上不足はどういう事と言う。よう聞き分け。さあ/\思わず/\付いたる道やない。一日以て事情という、一時難しいかったであろ/\。一つ諭し置こう。事情十分取り調べて、よう聞き分け。有るも無いも身上が第一。この事情難しい。多くの中理に合い、道理が無くばどうむならん。よう聞き分け。一時の理は生涯末代の理と持って通れば、又集まる事あろ。これ諭し置けば集まるやろ。さあ/\何時事情に。何時一つ身上こうという処が、一寸知らして置こう。よう聞き分けてくれるよう。

明治二十九年十月二十五日
上田与三郎母ノブ七十一才身上願
さあ/\尋ねる事情/\、身上の事情ありて尋ねる事情一つ、一寸さしづ事情に及ぶ。一時身上どういう事、内々人々一つ事情、思う事もあろ。よく聞き取れ。諭、これまでやれ/\皆内々一つ事情運ぶ。一つ楽しみ一つ治めてくれ。事情は大層であろ。楽しみよく聞かせ。尽した理は一代とは思わず、末代の理である程に/\。これを心に治めてくれ。

明治二十九年十一月七日
古川吉平事情願
さあ/\尋ねる事情/\、まあ遠い所は遠い所、心という理は、又一つ道というものは、よう聞き分けにゃ分からんで。どうでもこうでも、成っても成らいでも皆精神供えてあたゑ尋ねる事情、どういうさしづあろ。どれはよいこれはよい、それは必ずあると思うやない。皆めん/\精神にある。どれだけやろうと言うても、要らんと言う者にはやる事出来ん。あたゑ欲しいと言うても、くれる者無けりゃどうもならん。そこで遠い心澄まし、心定め運ぶなら、又道と言う。遠い所はそのまゝ。どれだけ遠い所という。めん/\思うだけ一時に求めるというは、難しい事ならん。よう聞き分け。遠い所は一時ありてはならん。心に乗りて皆開きたるものである。その心で治めてくれるがよい。

明治二十九年十二月二日
宇野又三郎二十五才安田治三郎長女ふじ二十一才縁談事情願
さあ/\尋ねる事情/\、縁談事情尋ねる。縁談事情尋ねば、一つ諭し置こう。縁談事情さあ/\人々の心/\、これが一つ理が縁談とも言うやろ。それで人々の心通り、一時も早く一日も早くと言う。それ事情治まるなら、何時なりと運んでやるがよい。何時なりと運んでやるがよい。

明治二十九年十二月十七日
天満益右衞門身上願
さあ/\尋ねる事情、さあ/\いかなる事情尋ねる。身上不足なる。いかなる事情であろう。聞き取りて、しっかり諭さんにゃ、皆々心にあろう。悟り一つ身上事情どういう事であろうと思う処、よう聞き分け。第一一つ心変わる。さあ/\一つだん/\事情、第一暫くという長々の道だん/\の道、長く/\の心治め。諭し第一しっかり聞き取りて、しっかり伝えてくれ/\。

明治二十九年十二月二十日
山中彦七長女いわ十八才縁談事情願
さあ/\尋ねる事情縁談一条、さあ/\まあこれ縁談一条、さしづ/\さしづ思えばさしづになる。どうや知らんと言えば返事上で分かる。諭したる。成るどう、成らんどう、これは行く行かん事情ある。又一つ思え/\事情でも人と/\事情。又一つ始めた。始めた理ならこれ生涯という理なら治まる。どうもならん。行く行かん、行かんから出る。さあ/\一つ分かり難ないなれど、今一時運ぶ主と、主と第一。無理という理はどうむならん。心に発散出け難ない。こちらもこうあちらもこう、人々こうという理に委せ置こう。こうと随分事情、思やん傍々事情あれば、傍傍。又あちらもこちらも、どちらも治まるなら、十分々々と諭し置こう。


Page Top | My Library Home