My Library Home

世界統一政府陰謀説

2012年 Wikipediaより



世界統一政府(One World Government)は予定されている。この説は次のような内容である。

2050年ごろまでに超富裕層と貧困層による超格差社会が建設され、ロスチャイルドやロックフェラーなどの財閥当主が支配層となる。世界人口は10億人(一説によれば5億人)まで減らされる。人口の割り当ては、中国と日本を合わせて5億人、日本だけで6000~7500万人。これはアジア系が権威や権力に弱く従順で扱いやすいためとされる。ヘンリー・キッシンジャーは「アメリカの人口は1億人で十分だ」と言っていたとされる。秘密結社の究極の目的は儀式を行い、世界統一政府の建設にある。他の陰謀はこの目的のための手段として行われる。
具体的な世界統一政府の構想として

・首都はエルサレム
・言語は英語
・通貨はドル
・人口は10億人
・支配層はロスチャイルドやロックフェラーなどの財閥当主
・宗教はルシファー信仰の一神教
・度量衡はメートル法

【世界統一政府樹立の方法】

世界統一政府を樹立するための方法には次のような方法があるとされている。

・国連機能強化による方法
国連などの国際機関の機能を徹底的に強化していくという方法。常設の国連軍を作れば、それに伴い国連の他の機関も強化していかなければならなくなる。

・世界大戦法
第三次世界大戦を意図的に引き起こし、反戦ムードを盛り上げ、国家があるから戦争が起こるという主張を行うという方法。

・軍事征服法
アメリカによって世界を軍事的に征服する。アメリカの軍事力は圧倒的であり、世界対アメリカでもアメリカが勝つと言われているほどである。

・宇宙人法
電離層に、「実際には存在しない」UFOなどの映像を投影し、「実際には存在しない」宇宙人による侵略に見せかけ、全世界の団結を訴えるという方法。

・地域統合法
ヨーロッパをEUに統合したように、各地域をブロック化していき、最終的に世界政府に統合する。


Page Top | My Library Home