My Library Home

夏の暑さ対策

2ch 作者不詳

個人の範囲で出来る事



・緑のカーテン
ツル性の植物で作る、天然のカーテンの事です。
日よけと、葉の蒸散作用による冷却効果があります。
蒸散作用が強く病害虫にも強い植物以外では、やらない方が良いでしょう。
一般的に、ゴーヤ・アサガオ・フウセンカヅラが使われます。  
節電にもなるので、冷房費の節約も出来ます。
http://midorinoka-ten.com/

・サンパチェンス
蒸散効果がとても高く、打ち水効果がある植物です。
ツル性ではないので、緑のカーテンには使えませんが、
照り返しが強い場所やコンクリートの所などに鉢植えをおけば、地表の温度上昇を防ぎます。
http://www.sakataseed.co.jp/special/SunPatiens/kankyojoka/hinyari.html

・スダレ
スダレは、各社の100円ショップでも売られています。
窓の外側の1m程離れた場所に吊るすと、より効果上がります。
直射日光で、スダレが温まり、スダレ自体が熱源になる事を避けるためです。

・ヨシズ
スダレがとても大きくなったようなものをイメージしてください。
壁に立てかければ、壁から伝わってくる熱も防げます。

なお、スダレもヨシズも、
ドライミストや超音波加湿器(常温の水蒸気を出すもの)と組み合わせると、
緑のカーテンと同じような、蒸散作用による冷却効果が期待できます。
すぐに蒸発する程度の水が、常にかかっている状態を作ればいいのです。

防虫と防犯の為に、網戸と補助錠も忘れずに用意してください。

・窓への遮熱シート
部屋の中が熱くなる熱源は、主に窓から入ってくる赤外線です。
窓ガラスに貼る、赤外線をカットするシートです。
アサヒペンから良い物が出ています。
マジックミラー効果もありますが、貼ると部屋が多少暗くなるのが難点です。
透明の物が一番光を通しますが、赤外線のカット率は低くなります。
ブラックは、一番光を通さないので、部屋が暗くなります。
ある程度明るくて赤外線のカット率も高いものは、シルバーかブロンズではないでしょうか。

一番お金がかからない方法は、全く光が入らなくなりますが、雨戸を閉める事です。
雨戸が無い窓へは、100円ショップでアルミシートを買ってきて、それを貼りつけるだけでも効果があります。
売り切れていたら、台所用のアルミホイルでもかまいません。
アルミは赤外線を防ぐ効果が高いです。

・屋根への遮熱塗料
窓に次いで熱が入ってくるのは、屋根からです。
屋根に塗れば、屋根の温度上昇を防ぎます。
直射日光が長時間当たる壁に塗っても良いでしょう。

・天井裏への断熱材&換気
屋根裏に敷き詰めます。
遮熱塗料を屋根塗るのが大変な場合は、断熱材を屋根裏に敷き詰めてもいいでしょう。
熱が屋根裏まで来ますが、部屋の中まで伝わるのを防ぎます。
なお、天井裏に排熱をする換気扇を設置すると、より効果が上がります。
太陽電池で動かしている人もいますので、自作の説明をしているサイトを探してみてください。

・空調服
作業着用がメインですが、オフィス用にYシャツタイプの物も出ています。
Yシャツタイプのものは、半袖よりも長袖の物の方が腕まで空気を送ってくれてるので、涼しいです。
ただし、四方八方に人と密着し合う満員電車の中では、効果は期待できません。
また、静かな場所では、ファンの音が多少目立ちます。
シャツにファンを取りつけているので、人前では上着は脱げません。

製造販売しているサイトでは、空気を送る座布団や寝具もあります。

・ケイタイエアコン
冷却スプレーで体を冷やすものです。
太い血管が通っている所を冷やせば、体全体を冷やす事が出来ます。
シャツに下につけられて、首に巻くネッククールとつなげるケイタイエアコンハイブリットも製造されていますが、
この書き込みをしている現在は、ネット上ではどこで品切れ中です。

・シャツクール
ミント系の冷感スプレーです。
ミントの香りが強すぎると感じた場合は、女性用を使ってみてください。

・アンダーを工夫する
綿100%の物より化学繊維100%の物の方が速乾性があります。
製品によっては、暑いときには排熱させ、寒い時には熱を逃がさない構造になっているものもあります。
これを書き込んでいる私個人としては、ダクロンQDの製品がお勧めです。
登山用品店に行ってみるか、店に直接言ってみると良いです。

天然素材が良い人は、メリノウール100%の物をお勧めします。
汗かきで冷え性という人には、特に進めます。
速乾性と保温性と防臭性があるものです。
繊維が細いので、チクチクしません。
ただし、値段が高い事と、中性洗剤を使ってウールモードで洗濯をする手間があります。
  
化学繊維とウールの良さを合わせたスポーツウールを使った製品もありますが、
白で無地のものがないので、白のYシャツの下には着られないかもしれません。 

なお、これらの製品は、靴下にも使われています。

・冷感素材の物をつかう
Yシャツやシーツなどで使われています。
肌に触れると冷たく感じられる素材です。

・冷蔵庫の工夫
冷蔵庫を開けた時、冷気が一気に流れ出ないように、
冷蔵庫の内部に透明のフィルムをノレンのように吊るすと良いです。

また、ペットボトルに入った飲料の一部を冷凍庫で凍らせておき、
凍った後に冷蔵庫に戻せば、それが保冷剤の役割をします。
凍ると体積が増えるので、その事をあらかじめ考慮しておいてください。


Page Top | My Library Home