My Library Home

長澤まさみのエピソード

2012年 Wikipediaより



・父親は元サッカーの日本代表で、ジュビロ磐田の初代監督でもあった長澤和明。

・第5回(1999年度)東宝「シンデレラ」オーディションに応募し、35,153人の中から2000年1月9日に当時、史上最年少の12歳(小学6年生)でグランプリに選ばれ、芸能界入りした。

・2004年には、社会現象となった興行収入85億円の大ヒット作『世界の中心で、愛をさけぶ』にヒロインとして出演。白血病治療の副作用による脱毛症を抱えた亜紀の役を演じる。自ら申し出てスキンヘッドになった。この作品により、第28回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞など多数の映画賞を受賞した。

・目標の女優は松たか子で、好きな映画は『ジョゼと虎と魚たち』を挙げている。 好きなアーティストは、SPEEDとYUI、BUMP OF CHICKEN、尾崎豊、RADWIMPS、スキマスイッチ、Cocco。

・友人には、麻生久美子、榮倉奈々、小泉今日子、柴咲コウ、須藤温子、水川あさみ(「新世紀エヴァンゲリオン」好きは水川の影響)らがいる。また、高校の同級生だった鈴木杏とは、「いちばん親しい間柄」と語っている。


Page Top | My Library Home