教育ニ関スル勅語ちょくご

教育勅語(きょういくちょくご)ともいう。
明治23(1890)年10月30日 発布。
昭和23(1948)年 国会で排除・失効確認を決議。



 朕惟フニ我カ皇祖皇宗国ヲ肇ムルコト宏遠ニ徳ヲ樹ツルコト深厚ナリ

 我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世世厥ノ美ヲ済セルハ此レ我カ国体ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦実ニ此ニ存ス

 爾臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ恭儉己レヲ持シ博愛衆ニ及ホシ学ヲ修メ業ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓発シ徳器ヲ成就シ進テ公益ヲ広メ世努ヲ開キ常ニ国憲ヲ重シ国法ニ遵ヒ一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ

是ノ如キハ独リ朕カ忠良ナル臣民タルノミナラス又以テ爾祖先ノ遺風ヲ顕彰スルニ足ラン

斯ノ道ハ実ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ子孫臣民ノ倶ニ遵守スヘキ所之ヲ古今ニ通シテ謬ラス之ヲ中外ニ施シテ悖ラス

 朕爾臣民ト倶ニ拳々服膺シテ咸其徳ヲ一ニセンコトヲ庶幾フ

 

 明治二十三年十月三十日

 御名御璽

 

-口語訳-

私(明治天皇)が思うには、皇祖天照大神と歴代の天皇が国を始められたのは、遙か昔のことであり、代々の天皇の御徳は深く厚いものである。

我が臣民も、よく忠孝につとめ、すべての国民が心をひとつにして、これまで忠孝の美徳を発揮してきたのは、日本の国柄の最もすぐれたところで、教育の根元もまた実にここにある。

お前たち臣民は、父母に孝を尽くし、兄弟は仲良くし、夫婦は協調し、友達は信じ合い、人にはうやうやしく自分には慎み深く、誰彼となく広く人々を愛し、学問を修め業務を習い、知能を伸ばし、徳性と能力を磨き、進んで公共の利益に奉仕し、世の中のつとめに励み、常に憲法を重んじ、法律を守り、いったん国家に危急がせまれば、忠義と勇気を持って国のために働き、天地とともにきわまりない皇室の運命を助けるようにしなければならない。

このようにすれば、忠君の心厚い善良な私の臣民だけでなく、お前たちの祖先の残した美風を明らかに表すことにもなる。

この道徳は、実に私の皇祖天照大神と歴代の天皇が言い残した教えであり、その子孫・忠臣がともによく守るべきもので、昔から今までを通してあやまりがなく、これを国の内外に行っても道理に逆らうことがない。

私はお前たち臣民とともに、心にとどめて忘れず、皆がこの美徳を第一にすることを切に希望している。


Page Top | My Library Home