My Library Home

私たちが日本に簡単に追いつくことはできない理由

チ・マンウォン

韓国の経済がまもなく日本に追いつくことができると考える韓国内の人々に対して、社会発展システム研究所長で軍事評論家でもあるチ・マンウォン氏が語る。
2009年12月1日サーチナより。



「韓国の多くのエコノミストたちは、いくつかのマクロ経済数値のみを持って、韓国経済がまもなく日本経済に追い付くことができると信じている。しかしそれは、日本が今日の経済をどのように発展させたのか理解が不足しているためだろう」

「日本人は歴史から学び、自他の誤りから学ぶことができるが、韓国人は5千年の歴史だけを自慢したところで、過去の問題から学ぼうとは思わないだろう。日本人は埋められていた問題をも発掘して解決しようと努力するが、韓国人は自ら出てきた問題までも隠匿しようとする。日本人にとって、昨日の問題は今日の知恵や教訓となるが、韓国人には処罰されるという事実にしか目がいかない」

「日本人は製品の設計に対して、世界で最も多いお金と時間を投資する民族だが、韓国人は設計にお金を使わない。設計は最も高い付加価値を産むが、その部分に金を使わない民族には希望がない」「技術には『文書に含まれた技術(Paper Technology)』と『生産技術(Production Technology)』がある。米国人が新しい技術を開発すれば、日本人はそれを最初に生産技術に切り替える。これは途方もない技術力だ。しかし韓国は、大前研一氏が指摘したように、日本の部品を入れ変えて、組み立てるだけの『通過経済(Transiteconomy)』の水準に留まっている」

「韓国の経済が日本に簡単に追いつくことができると考える人々は、日本と韓国とのこれらの相違点が、どれだけ克服しにくいことかを、吟味してみることすらできないのだろう。そして私たちの経済政策には、数学的深さと論理がない。そのことがまさに、日本に追い付くことができない最大の理由だろう」

サーチナ:(編集担当:李信恵・山口幸治)http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=1201&f=national_1201_005.shtml


Page Top | My Library Home