My Library Home

金正恩 第一書記 初演説

金正恩 第一書記

2012年4月15日、金日成広場での金正恩初演説内容。金日成生誕100周年の軍事パレードの際に行われた。



私は、神聖な先軍革命の道でいつもの仲間たちと生死運命を共にする戦友になる。

そして、私は金正日同志の遺訓を奉じ、祖国と革命のための責任を果たす。

我々は皆偉大な首領様の子孫であり、偉大なる戦士であられる将軍様の弟子らしく一つの心に固く団結し、力強く戦っていこうではないか。

我が国の過去100年は、同時に多くの受難の歴史でもあったが、団結して力強く戦っていくことにより、我々は受難の歴史に永遠の終止符を打ち、祖国と人民の尊厳を我が国の民族史上で最高の境地に上げ立てることができるのだ。

我が国の地政学的位置は以前と同じだが、列強に駆逐され、無残にも侮蔑され続けてきた弱小国だった我が国の今を見よ。こんにち、我が国は堂々と政治と軍事の大国に転換しており、我々人民は、誰もあえて触れることができない自主的人民としての尊厳を持ち振る舞っているのだ。

この驚異的な出来事は決して歳月がもたらした偶然ではない。

この偉業は、先軍革命の先駆者であられた指導者である偉大な金日成同志と金正日同志が抱いてこられた歴史の必然の結果なのである。


これまでの100年が終わり、我々はこれから次の100年を迎える。

この次の100年も、金日成同志と金正日同志の意志を継承し、先軍政治と経済も最大に利用し、そして、最強の社会主義国家を作っていこうではないか。


今日、我々は新しい主体(チュチェ)が開始された 100年の歴史の分水嶺に立っている。

今こそ金正日同志のもとで革命を学んだ我々は、そのどの時よりも決然と頑張っていかなければならない責任を持ち、そして今は、その責任を持つ重大な時期なのである。

永遠の総書記であり、永遠の国防委員長である金正日同士は主体(チュチェ)革命の偉業に対してまったく妥協することなく、将軍様のやり方を最後まで継承した。我々も、それを継続し、完遂し続けていこうという我が党と軍と人民の確固不動の意志を持たなければならない。

先軍朝鮮の尊厳を最大限に輝かせるために、我々は、社会主義の強い国家の建設という偉業を成功させるために、一にも二にも三にも、人民軍を全面的に強化していかなければならない。


そして、次に党に忠実な朝鮮人民が社会主義の中で富と栄華を存分に享受することができるように、我々は経済大国化していくのだ。

わが党の確固たる決心と偉大な金正日同志が、経済強国建設と人民生活の向上のために我が国の大地に撒き続けてくださった貴重な種を、個性輝く現実に開花させなければならない。

我々の一心団結不敗の軍力と、そしてここに新しい時代の経済と産業革命を加えれば、すぐにも我々はさらなる社会主義の強国となることができる。

我々は新しい世紀の産業革命の炎、 咸鏡南道(ハムギョンナムド)の炎をさらに激しく燃え上がらせ、我が国を経済大国として全面的に建設し続けていかなければならない。


Page Top | My Library Home