My Library Home

ケンシロウ

Wikipediaより

ケンシロウは、漫画『北斗の拳』に登場する、架空の人物。本編の主人公である



一子相伝の暗殺拳「北斗神拳」の第64代伝承者。ラオウ、トキ、ジャギの義弟であり、ヒョウの実弟。北斗神拳創始者であるシュケンに列なる子孫。出生地は「修羅の国」(中国)。赤ん坊の頃「日本」へと移された。ただ、これについては『蒼天の拳』で矛盾する場面がある(後述)。かつて恋人のユリアを南斗聖拳(南斗孤鷲拳)の使い手シンに奪われ、胸に北斗七星を模った7つの傷を負わされた。その経緯からシンを宿敵として追う。その途中、元来生き方が不器用だったせいか行き倒れるが、コソ泥だったバットや、リン達と出会うことで世間や人々とのふれ合いに深く関わるようになる。バット達を連れて、再びKINGと名乗るシンを追う旅に出る。シンに敗れて以後は執念深さと冷徹さを身につけ、悪党に対しては非情に徹することができるようになり、いつしか非情でなければ身につけられない「闘気」を纏うまでに成長する。

KINGの四腹心を葬り、ついにはシンを倒す。しかし、ユリアはシンの暴走を止めるため、その直前シンの居城(サザンクロス)から身を投げていた(後に生存していることが判明)。ケンシロウは一時生きる目的を失いかけるが、バットやリンと共に、各地で虐げられている弱者達を助けながら旅を続けていくことになる。

やがて他の南斗六聖拳の猛者・強敵(とも)との闘いを経て、世界の覇権、そしてユリアを我が物にせんとしていた拳王こと長兄(義兄)のラオウとの対決に至る。その戦いの中での自分自身や強敵たちの様々な怒りや悲しみなどの想いを経て、歴代伝承者の誰もが為し得なかった究極奥義「無想転生」をも会得し、いつしか荒廃した世界に生きる人々の救世主的存在となってゆく。そして物語終局では、「北斗あるところ乱あり」という北斗神拳伝承者の宿命に生きることを選んだ。

筋肉の隆起で服が破けるほどの激しい怒りを露わにすることも度々。弱者や子供達には愛を注ぎ、心に傷を負っていたサウザーやカイオウ、バラン、セイジらの死を情で見送るなど、本来は優しい性格である。しかしジャギやアミバなど同情の余地の無い悪党に対しては残忍と言っていいほどで、しばしばいたぶってから惨殺している。ただ元々非情になれなかったせいか、修行時代のジャギやスペードやボルゲのように止めを刺さなかったケースがあり、それゆえ後の災厄を招いてしまうこともあった。彼の甘い性格と無用心さは義兄ラオウや親友シンにも危惧されており、特にシンは、ケンシロウの甘さで命を拾い復讐鬼になったジャギにこの危惧を指摘されたことが、暴走する引き金になってしまった。

戦闘は基本的に徒手空拳で行うが、一定の強さを持ち得物を持った敵を相手にする、悪党でない命令によって攻撃してくるだけの兵士の集団を相手にするなどの状況によっては携帯しているヌンチャクや鉄柱などの武具を使う。悪党を成敗する際にはその場にある物を色々と使うこともある。銃は手に入れても使わなかったが、爆薬や火炎放射器は使ったことがある。いずれにしろ、使用後はすぐに捨てており、ラオウやファルコといった強敵との対決で武器を使うことはない。北斗神拳の極意からか、200tの大岩を軽々と持ち上げたりもできるが、修羅の国編では、ハンとの闘いにおいて、闘気で大岩を浮遊させるなど、超能力じみた力を発揮してもいる。カイオウとの初戦で倒された時は、赤鯱・シャチ親子が決死で救助する中、無意識のまま北斗宗家の血に目覚めて、魂でなおも戦った。

『北斗の拳』サーガの「エピソード3」に当たる『蒼天の拳』ではケンシロウの誕生シーンから始まり、名前の由来(リュウケンの兄「霞拳志郎」から)や、頭に北斗七星の痣があることなどが明かされている。なおに、そのシーンにおいてケンシロウの生年は197×年であり、日本で誕生したことが判明している。

読切版では霞という苗字があり「霞拳四郎」であった。中国版『北斗神拳』では「健次郎」になっている。

【セリフ】

流行語にもなった台詞に「お前はもう死んでいる」があるが、アニメでは多用されたこの台詞は、原作ではカサンドラにてカシムに対しての1回のみの使用である。ただし、第1話でZ-666に対して「お前はもう死んでる」、牙一族を相手に「きさまは既に死んでいる」、最終回では「お前は既に死んでいる」(この台詞が本編におけるケンシロウの最後の台詞である)など、似たような台詞はある。

【プロフィール】

週刊少年ジャンプ特別編集『北斗の拳 SPECIAL』のケンシロウのデーターバンクによる。

・身長185cm
・体重100kg
・B132cm・W90cm・H105cm
・頭の大きさ59cm、首の太さ45cm
・肺活量8700c.c.
・腕の太さ48cm、リーチ187cm、足の太さ63cm、股下92cm、靴のサイズ29cm、
・握力・腕力・背筋力・脚力計測不能
・視力・暗闇でも生物のオーラを察知して光の中にいるのと同じように見える。
・動体視力・放たれた矢も止まって見える。
・聴力・2キロ先の内緒話も聞き取れる。
・嗅覚・猟犬並み。
・味覚・毒物には敏感に反応する。
・声・様々な音、動物の鳴きまねが出来る。
・筋力・緊張時なら小口径の銃弾も跳ね返せる。
・パンチ力・厚さ5mの岩も割る。
・拳の速さ・百裂拳では3秒間に50発。
・キック力・200キロの大男を25mも蹴り飛ばす。
・足の速さ・100m9秒台。
・ジャンプ力・9m台。
・潜水時間・53分間。
・睡眠・1週間寝なくとも耐えられる。
・絶食・3か月間食べなくとも体力が衰えない。
・毒物耐久力・常人の致死量の5倍の青酸カリにも耐える。


Page Top | My Library Home