My Library Home

三浦知良(キングカズ)の深イイ言葉

2ch



■城彰二がW杯全敗でフランスから帰国した際、空港で水をかけられ、生卵をぶつけられた。

これを友人から聞いたカズは、城に電話をかけた。

「水をかけられたということはお前(城)がみんなにエースと認められたということなんだぞ。

俺だってブラジルでファンにドラム缶を投げられたんだぜ。

挫けるなよ。お前はまだ先を目指すべき男だよ」

自らが失った代表の座。
そのライバルだったFWに対してこんな激励の言葉をかけられる男、カズ。

本当にサッカーが好きなんだな、と思った。

■カズはJリーグ開幕の頃、バカなマスコミが「野球は時代遅れ」と言ってた頃、

「僕は野球好きですよ」

とテレビカメラの前でヴェルディの選手達とキャッチボールしてた。

俺、カズの人柄があのときから好きになった。

■カズは里帰りするたびに、実家の近所の老夫婦がやってる紳士服店でスーツを仕立ててるらしい。

どんなイタリア製のスーツよりもいい着心地だとか。

子供の頃よく老夫婦にアメ玉をもらっていたというカズいわく、

「もらったアメ玉と同じだけの数、同じだけの色のスーツを仕立てるつもり。

俺がサッカーを続ける限りね。だって世話になったんだもの。」

■「ワールドカップで優勝するのはどこの国ですか?」
「サッカーを一番愛している国が優勝するよ」

■「成功した時にスポーツ紙の一面になるのは普通の選手。

失敗した時にスポーツ紙の一面になる選手は限られている。

一面で失敗を取り上げられ叩かれることに誇りを持てばいい」

1998年柔道の田村亮子選手(現・谷亮子選手)がイチロー選手との対談で「カズさんに言われたこの言葉を思い出すと心強くなる」と語った)


Page Top | My Library Home