防衛大学校卒業式における内閣総理大臣訓示

内閣総理大臣 菅直人

2011年(平成23年)3月20日



 訓示に先立ち、今月11日に発生した東北地方太平洋沖地震によって、お亡くなりになられた方々に深く哀悼の意を表しますとともに、ご遺族と被害に遭われた方々に心からのお見舞いを申し上げます。今回の地震と津波はわが国に未曾有の被害をもたらしました。政府は自然のもたらしたすさまじい被害から何としても国民を守るべく、現在も必死の戦いを続けています。

 この大災害に直面し、自衛隊は全組織を挙げて過去にない規模で救援活動、支援活動を展開しています。孤立した人々を救出し、支援物資を運び、原子力発電所に命がけで放水をする。私はまずもって危険を顧みず、死力を尽くして活動を続ける自衛隊員諸君を誇りに思うとともに、彼らを支えるご家族の皆さまに心からの敬意を表したいと思います。同時に全ての国民に対してこの試練の先に「日本の明るい未来を作るべく力を合わせてこの国難を克服しようではありませんか」と呼びかけたいと思います。

 さて、本日防衛大学校を卒業する諸君。卒業おめでとう。厳しい訓練に打ち勝ち、本日を迎えた充実感にあふれた表情、新たな挑戦に挑まんとするりりしい姿に接し、誠に頼もしく、そして、心強く感じます。真摯(しんし)に教育と訓練を授けた五百籏頭(真)学校長を始めとする教職員の皆さまに敬意を表すとともに、防衛大学校にさまざまな形でご協力を、ご支援をたまわっております来賓の方々に改めてお礼を申し上げます。

 幹部候補生としてはばたつ諸君にまず求められるのは、国を守るというわが国の根幹を支える役目を果たすことです。今日の国際社会は新興国の台頭、テロ活動の蔓延(まんえん)など地殻変動とも呼ぶべき大きな変化の中にあります。特にわが国の周辺においては北朝鮮の核ミサイル問題、中国による急速な軍事力の近代化など不安定さが顕在化しています。こうした新たな現実に対応するためには日米同盟を機軸としながらこれまで以上に高い構想力と対応力を備えた安全保障政策を実践することが必要です。

 昨年わが国が策定した新防衛大綱では防衛力の運用を重視し、即応性や機動性を備えて、動的防衛力を構築することとしました。諸君にはこの新たな方針に沿って、いかなる危機にも迅速に対応できる態勢の整備に努めることが求められます。ここ小原台で身につけた知恵と技能を総動員して取り組んでもらいたいと思います。

 2番目に諸君に期待される役目は地域や世界の平和と安定への積極的な貢献です。自分の国だけが安全なら良いという一国平和主義は成り立ちません。平成3年にペルシャ湾において機雷掃海活動を行って以来、自衛隊は数々の国際活動に従事しています。その成果は各国から高く評価されています。私もかつてカンボジアを訪れ、わが国のPKO活動の原点となった自衛隊の活動を直接視察し、現地の方々が自衛隊を真摯(しんし)な活動と規律正しさを称賛するさまを目にしました。現在もハイチやゴラン高原でのPKO活動、ソマリア沖の海賊対策など世界各地で自衛隊が活躍しています。諸君が培った技能をぜひこうした活動で発揮してください。それが日本の国益にもつながるものです。

 3番目に諸君に期待する役目は、災害などにより困難に陥った国民を支援することです。国の防衛は国民一人一人に支えられて成り立つものです。自衛隊は国民と共にあるという原点を常日頃から率先し、国民の理解と信頼を勝ち取らなくてはなりません。冒頭、申し上げた通り、今日の正に国難というべき状況の中にあって、諸君の先輩は被災者の支援を始め、ありとあらゆる活動に懸命にあたっています。

 中には家族が被災しながらも国民を助けるために任務を遂行している隊員もいると聞いております。こうした献身的な活動を通じ、国民の期待にしっかり応えることで、自衛隊への信頼は揺るぎないものとなります。先輩が築きあげてきた国民とともにある、この伝統を受け継ぎ、さらに発展させるべく励んでください。これらの役目を果たすにあたって、諸君には軍事専門家である前に立派な社会人たれ、という初代防衛大学校長、槇智雄(まき ともお)さんの言葉をかみしめてもらいたいと思います。

 硫黄島の戦いで戦死した栗林(忠道陸軍)大将の名前は諸君の多くがご存じと思いますが、彼もまた比類なき武人でありながら、家庭においてはよき夫であり、よき父親でありました。専門家としての能力を発揮する確かな土台として、豊かな人間性を身につけるよう精進してください。そして真に国を守る使命感を持った自衛官たることを目指してほしいと思います。このメッセージは防衛大学校で学んだ留学生の皆さまにも送りたいと思います。皆さんが小原台での経験と、日本での日々を忘れず、母国で活躍されることを祈っています。

 卒業生のご親族に申し上げます。皆さまが大切に育ててこられた若者はこうしてたくましく成長しました。そしてわが国だけではなく、世界の安全を築く重要な任務に就きます。大事な若者をお預かりする政府は自衛隊がしっかりと任務を遂行できるよう万全を期して参ります。どうか誇り高き彼らを温かく送り出していただきたいと思います。卒業生諸君はご家族、ご親族の応援があって今日を迎えられたことを決して忘れずに、常に感謝の気持ちを持って、これからの人生を歩んで下さい。

 歴史の分水嶺に立ち、同時に戦後最大ともいえる試練のまっただ中での卒業を迎えた諸君にはたいへん大きな期待と責任が課せられています。諸君がこのことを自覚し、新しい時代を切り開いてくれることを願い、私の訓示とします。卒業本当におめでとう。

 平成23年3月20日 内閣総理大臣 菅直人


Page Top | My Library Home