神のこうき(説話体)



 この世の本元と云うは、月日と云うも無く、人間も無く世界も無く、ただ泥の海ばかりなり。その中に神と云うては、二神いたるばかり。これ、今日の月日二神なり。

 月様と云うは、くにとこたちのみこと(国常立命)と云うなり。御姿は、頭一つ、尾一つの大竜神なり。日様と云うは、をもたりのみこと(面足命)と云うなり。御姿は、頭十二、三つの尾に三つの剣ある大蛇神なり。

 その中により月様が先に出て、国床を見定めて、お固めになり、日様へ御談じなされるには、泥海に、月日二神居たばかりでは、神と云うて、敬する者も無く、気のいずみたることゆえに、人間を拵え、その上世界を始めて、人間に神が入り込みて、物事を教えて、守護すれば、人間は重宝になる者で、陽気遊山、その他何ごとも見られることと、相談定まる。

この人間を拵えるには、種、苗代、道具雛形なくては叶わぬことと、道具雛形見出す模様

 二神、それより天より泥海中を見澄まし給うに、今なる子の方角にあたりて、岐魚(ぎぎょ)と云う魚が居る。この魚は、今の人間の顔で鱗なし。肌は人間の肌合い。これ今世の人魚と云うものなり。

 また見澄ませば、今なる午の方角にあたりて、巳(み)と云う白ぐつな(白蛇)がいる。この者も、今の人間の肌合い。顔は人間にして、鱗なし。この二つの者を見るに、その心真直ぐ、誠正しき者なり。ゆえに、その姿と心を見て、人間を拵える、種、苗代に貰い受けようと、相談しまして、この二つの者を引き寄せ、二神曰く、この度、その方の姿と心をもって、人間の種、苗代の雛型に貰い受けようと仰せられれば、二人とも嫌がるものに、楽しみを聞かして、人間を拵え、世界を拵え、天地開けたその上は、人間よりその方二つを、世界一の神とし、尚、人間の親神と云うて、礼拝さすなり。また、この世の子数の年限経ちたるならば、因縁の地場へ人間として生まれだし、それからは、陽気遊びをさすとの約束にて、二つの者を貰い受け、速やかに神名をいざなぎの命、いざなみの命と授け給う。

 それより、男、女一の道具、五体の道具、人間の魂を見出す模様と相談しまして、二神泥海中を見澄まし給う。

 見澄ませば、今なる辰巳の方角に辺りて一物あり。この者皮強く、こけぬ者にて、国の床に引っ付いておる者。これ今世にある、亀なり。この者を引き寄せ、承知をさして貰い受け、食べてその心味(こころあじわい)をみて、女一の道具と定め、尚、人間の皮繋ぎの道具とし、世界では、万一切繋ぎの守護とする故、この理を以て、くにさづちのみことと名付け給う。

 又、今なる戌亥の方角に辺りて一物あり。この者偏にしゃく張りて突張りし、勢い強くなる者。これ今世に云う、鯱ほこと云う魚なり。この者を引寄せ、承知をさして貰い受け、食べてその心味をみて、男一の道具と定め、尚、人間の骨の道具とし、世界では、万一切突張りの守護とする故、この理を以て、つきよみのみことと名付け給う。

 又、今なる卯の方角に辺りて一物あり。この者頭の方からも、尾の方からも自由自在に出入りをして、勢い強く、又、総体豊かにして、ぬるぬるとして滑りあり。これ今世にある、鰻と云う魚なり。この者を引寄せ、承知をさして貰い受けて、その心味をみて、人間の飲食い出入りの道具とし、世界では、水気上げ下げの守護とする故、この理を以て、くもよみのみこと名付け給う。

 即ちこれらを以て五体の道具とするなり。

尚、人間の息吹分けする道具見出す模様。

 それより二神泥海中を見澄まし給えば、今なる未申の方角に辺りて一物あり。この者身薄き姿にて、勢い強し、丸いものや、角なるものは風が出ず、この者は、身薄き者故によく風を生ず。これ今世にある、鰈という魚なり。この者を引寄せ、承知をさして貰い受け、その心味をみて、人間の息吹分けの道具とし、世界では、風吹分けの守護とする故、この理を以てかしこねのみことと名付け給う。

 それより、人間生き死にの時に望んで、縁を切る道具無くては叶わぬ事と、泥海中を見澄まし給えば、今なる丑寅の方角に辺りて一物あり。この者、至って大食する者にて、腹袋大きくしてよくあたりて、切る勢い強い。又、この者は、食べてあたるもの。これ今世にある、ふぐと云う魚なり。この者を引寄せ、承知をさして貰い受け、その心味をみて、人間生き死にの時の縁を切る道具とし、世界では、万切る物の守護とする故、この理を以て、たいしょく天のみことと名付け給う。

 この上は、人間の第一の楽しみとする食物を、地より引出す道具雛形見出す事と、泥海中を見澄まし給えば、今なる酉の方角に辺りて一物あり。この者、至って引力つよく、引いても切れぬ者。これ今世にある、黒ぐつな(黒蛇)なり。この者を引き受け、承知をさして貰い受け、その心味をみて、人間の引出し、引伸ばしの道具とし、世界では、食物、立毛、地より生える物の万引出し引伸ばしの守護する故、この理を以ておおとのべのみことと名付け給う。

 これにて、道具雛形揃うなり。

 それより、二神相談ありて、人間一人ずつの、自己の魂を定め給う。

 見澄ませば、泥海の上面一列、泥鰌(どじょう)ばかりなり。この者の数は、九億九万九千九百九十九筋にて、三寸の泥鰌なり。これを月日二神引寄せ。その心味をみて、人間の魂と定め給うなり。この時月様の食べた泥鰌は、男の魂となり、日様の食べた泥鰌は、女の魂となるなり。

 これを、神集えに集え、神計りに計り給うと云うて、今世の神道、大払え模様と云うなり。

 これにて月日二神の相談決定す。これより陰陽和合の理を始め給う。

 いざなぎの命へ、男一の道具としてつきよみのみことを仕込み、泥鰌を人間の魂として、これに、くにとこたちのみことの心を入込みて、天を司り、夫の理として、父と成り給うなり。

 いざなみの命へ、女一の道具としてくにさづちのみことを仕込み、泥鰌を人間の魂として、これに面足命の心を入込みて、地を司り、妻の理として、母と成り給うなり。

 以上、六尊六台を始めとし、この八敷、甘露台の地場を、身体の中央として、北枕に寝て、泥海中より九億九万九千九百九十九人の人だねを、三日三夜に、なむなむと、二人ずつ宿し込み下されるなり。

 この事を以て、南無とは阿吽の事なり。今も、人間は、南無南無としている事は良き事なり。南無と云うは夫婦の事なり。夫婦とは天と地を型取りて始めた事なり。

 人間と云う名を付けたのは、雛型の人魚の人と、人間は良き事があれば、げんと云う、この二つの理を以て、人間と名を付け給うなり。

 宿し込む時、北枕にして、夫婦とも、目は西向きにし給う。この理にて人間死んでも北枕の西向きにし、元々宿し込み下された神様へ借物の身を返すのは、この理を忘れぬ様する事なり。

 今、人間も、西、東、北、南と云うている事も、これは皆人間の宿し込みの時に云うた事を云うなり。

 西は、宿し込みの時に二神の目の向きたる方を二神の芯と云う心にて、西と名付け給うなり。神の目も芯なり、又人間も両目は芯なり。これは、芯の向かいたる故なり。

 東とは、日々に日を西へ貸す故、日がしと云うを、東と名付け給うなり。

 北とは、いざなぎの命先に起きて立ち、初めて向かいたる方を、北と名付け給うなり。

 南とは、いざなみの命後より起きて立ち、向かいたる方を、み様が起きた方にて、南と名付け給うなり。

 ここに於いて、いざなぎ、いざなみの二神は宿し込みて、天の岩戸に三年三月の間留まり、それより泥海の中へ産み降ろし給うなり。この天の岩戸に三年三月留まる間、いざなみの胎内の子数を成長させるは、胎内の飲食いの守護なり。これ即ち、くもよみの守護なり。

 この天の岩戸と云うのは、泥海中の事にて、今の中山氏の屋敷の地面なり。又、宿し込みの地場は、中山氏の屋敷の地面の内、甘露台を据える所の由、月日二神よりお話しなり。

人間産み降ろしの訳

 先ず、いざなぎ、いざなみの二神、天の岩戸より出給い、いざなぎの命、泥海中の泥をよけ、産場を拵え廻り給う。その後より、いざなぎの命、子数を産み降ろし給う。

 始めは、今なる奈良、初瀬の七里四方の間を七日掛かりて産み降ろし給う。この地場が神方と云うのは、この所の理なり。残る大和の国中へは、四日掛かりて産み降ろし給うなり。これ故に今なる人間も、十一日産屋明けと云うて祝いをするのは、最初十一日の産み降ろしの理なり。それより今なる山城、伊賀、河内の三か国へは、十九日掛かりて産み降ろし給う。三十日にして、四か国へ胎内の子数の半分を、産み降ろし給う。これ故、三十日をはんゆみと云うのは、いざなみ様が胎内の子数を、半分国中へ産み降ろしたる理なり。残る日本国中へは、四十五日掛かりて産み降ろし、合わせて、七十五日の間に九億九万九千九百九十九人の子数を、残らず産み降ろしたもうなり。これ故、七十五日は産屋中と云うのは、七十五日にて、胎内の子数を生み降ろし給う理を以て、人間も元の親神の御苦労なされた通りにするなり。

 又、産み降ろす毎に、親の息を掛けて産み降ろしおく。この地場は、今の宮の地場となりてある所なり。この理にて、氏子とも云い、産土とも云う。産土の場所には、元々親が、土に産み降ろして、息を掛けておく。この理にて、産土と云う。

 産み降ろした人間は、泥海の中で、五分から生まれ、いざなみの命息を掛けて廻り、養い給う。この人間九十九年目にて三寸と成人する。ここに於いて、いざなぎの命お隠れなされ、この人間も皆々死に絶えるなり。

 それより、いざなみの命へ一度教えた守護にて、またもや、九億九万九千九百九十九人の人間の魂を宿し込み、それより天の岩戸へ留まりて、十月目より、又、以前の如く、大和の国を初めとし、日本国中へ、七十五日かけて元の人数を、産み降ろしに廻り給う。この人間も、五分から生まれ、九十九年目には三寸五分まで成人するなり。これもいざなみの命息を掛けて廻り、養い給う。ここに至りて、この人間も皆々死に絶える。

 それより、一度教えたる守護で、又もや、元の九億九万九千九百九十九人の人間の魂を、いざなみの命の胎内へ三度宿し込み、この度も天の岩戸に留まり、又、十月目より、大和の国を始めとし、日本国中へ七十五日の間に、元の人数を産み降ろし給う。この人間も五分から生まれて、いざなみの命息を掛けて育てて、九十九年目に四寸となる。

 いざなみの命これを見て、ここまで段々と成人するならば、五尺の人間に成ると喜んで、にっこり笑うて、お隠れになり給う。この人間も四寸にて、親の後を慕って死に絶える。これより、いざなみ様も、人間も、皆々死に絶える。

 この四寸の理と、にっこり笑うた理を以て、人間生まれ出る所も二寸に四寸、又、死に行く穴も二尺に四尺と云うなり。

 又、始め産み降ろした地場は、今なる所々の産土の神社の地場なり。故に一宮と云うなり。

 二度目に産み降ろしの地場は、今なる所々の墓の地なり。故に二墓と云うなり。

 三度目に産み降ろしの地場は、今なる所々の原寺の参り所なり。故に三原と云うなり。

 それ故、今なる人間も、一に宮参り、二度目に死に行くと、墓に治まる。又、参り所は、皆々恩の奉じ所なり。

 これより、人間の魂を鳥や、獣、虫類に八千八度生れ変らして下されるなり。今なる人間は、どの様な者の言う事でも、真似が出来るのは、この理故なり。この間の人間は、九千九百九十九年目に、皆々死に絶えるなり。

 この時、人間の繋ぎとして、女猿一人残し給うなり。これは、人間の皮つなぎ、女一の道具に使うた、くにさづちのみことの変化するところにして、導きの神なり。この女猿の胎内へ、男五人、女五人と都合十人宿り込み給うなり。

 この人間も、五分から生まれ、段々成人し、八寸となるとき、泥海中に高低が出来かけて、この八寸の男と女が交わり、一腹に十人ずつ男女を産み出して、又もや、九億九万九千九百九十九人の人間が生ずるなり。この時に至って、一尺八寸と成人する。即ち、人間の成人に応じて天地、世界も分りかけて来たるこの時に、泥海の水、土が分りかけるなり。

 これより一腹に、男一人、女一人と定まりたるなり。即ち三尺まで成人した時に、天地、海、山分りかけ、人間もこの時より物を言いかけるなり。この理にて、今なる人間も、三才で物を言いかけ、知恵も付くは、この理なり。

 これより、人間も五尺になるまでに、成人に応じて天地、海、山、水、土、速やかに分り、人間段々と、成人するに及んで、食物のある方へと食い回り、唐、天竺の地場、その他外国へ上り行くなり。ここに於いて、天地全く開け、世界八方八柱の神が守護下されるなり。即ち、人間も泥海中を放れ、陸地に住まいするなり。

 九億九万九千九百九十九人の内、最初大和の国中へ生み降ろした人間は、今日本国の人種と成り、他の日本国中へ産み降ろした人間は、食物を食い回りて、唐、天竺へ回り行くなり。故に、人は皆々兄弟なるべし。即ち、日本は根なり。唐、天竺は、枝なり。外国は、先々の枝葉なり。珍しき物事は、この理にて月日二神が花や、実として、枝先に教え給うたと云えども、皆この日本へ返り来るなり。故に大和は、神国、神方と云うなり。

 最初、泥海中より五尺と成長する道すがら、世界中に知りたる者は更に無し。この度、月日二神、元始まりの地場へ天下りありて、お話し下さると云うは、この年限満ちたるが故なり。この年限と云うは、泥海中の間は九億九万年なり。五尺の人間となりては、天保九年十月二十六日の朝五つ時に至りて、九千九百九十九年に相成り給うなり。

 そのうち六千年の間、何の事も神が人間に教えて下されるなり。この六千年の間は、日本にては神代と云うて、人間皆々尊と云う名を用いるなり。これより、元始めた親神いざなぎの命、いざなみの命が、人間と生まれ出まして、大和の地場に 天照皇大神宮を築き、病、災難たすけのつとめ、祭りを始め、衣食住、田畑を教え始め、国を始め給うなり。しかし、人間悪戯盛んになり、やまと大国の大王から天皇となり、日本となる。


Page Top | My Library Home