My Library Home

海底を行く

文部省

底本:文部省『初等科國語 五』1943年



十六 海底を行く

目の前に、
關門海峽はさざ波をたたへ、
車窓から何百の船が見える。

「おかあさん、
あの海峽をくぐるのね。」

汽車はたちまちトンネルにはいつた、
ざあつとすべつて行く車輪の響き。

「おかあさん、
今、海の底を走つてゐるのね。」

本州と九州の握手だ、
日本最初の海底トンネルだ。

「おかあさん、
まるでおとぎ話のやうね。」

だいじな物資や、郵便物や、
私たちを一氣に運んでくれる。  

「ありがたいぢやありませんか。
命がけでほつたおかげですよ。」

ふり返ると、
關門海峽はさざ波をたたへ、
いそがしさうに船が動いてゐる。

「おかあさん、
あの下を通つて來たのね。」    

Page Top | My Library Home