My Library Home

改革の着手は猶予すべからず

作者不詳

『時事新報』明治27年(1894年)7月6日。 原文は漢字ひらがな交じり。句点はなし。



朝鮮てうせん國事こくじ改革かいかく必要ひつえうなりとしていづれの邊より着手ちやくしゆせんかと云ふに我輩は外國人ぐわいこくじんのことなれば直接ちよくせつ不便ふべんかんずる彼の外交の改良かいりやううながさゞるを得ず外交のしようあたる者を外務督辨ぐわいむとくべんと稱して我國にて云へば先づ外務大臣の地位ちゐ長上官ちやうじやうくわんなれども其實はまつたくの無權力むけんりよくにして外交の談判だんぱん專對せんたいするを得ず理非りひ利害りがい明白めいはくなる事柄ことがらにても必ず其筋そのすぢ内意ないゝけて恰も取次とりつぎ同樣どうやうのことをつとむる其内意のはつする所は一種の全權ぜんけんにして之を勢道せいだうと稱し能く國事こくじ左右さいうするのちからあれども公然こうぜんたる執權しつけん資格しかくを以て外面ぐわいめんあらはるゝことなくぞくに云ふ蔭武者かげむしや地位ちゐに居て勝手次第かつてしだい無理剛情むりがうじやうるが故に督辨とくべんは外國人と勢道せいだうとの中間ちうかんはさまりて進退しんたいきうし唯一時を彌縫がほうしてせめまぬかれんとしかなはざるときはやまひなど稱してのがるゝのみ諸開港塲しよかいかうぢやうに在る地方官ちはうくわん不始末ふしまつも亦大抵同樣にして内外人民のあひだ商賣上しやうばいじやう間違まちがひもあり刑事上けいじゝやう事變じへんもありていづれも審判しんぱんを要することなれども事實の取調とりしらべと云ひ政廳せいちやう評議ひやうぎと稱し因循姑息いんじゆんこそく日一日をむなしふしてみぎともひだりともけつすることなき其内にたちま主任官しゆにんくわん兔職めんしよく轉任てんにんさい舊令尹きうれいいんさつ新令尹しんれいいんきたり一切の公務こうむは新任者と共にあらたにして年來ねんらい停滯ていたいしたる詞訴ししやう事件じけんも更にたんあらためて第二の停滯ていたいもよほしほとんど際限さいげんあることなし現に釜山ふざんの一港に於ても日本人と朝鮮人との間に取引上とりひきじやう行違ゆきちがひを生じたること何十件の多きにたつし幾年もらちかずして到底たうてい落着らくちやく見込みこみなしと云ふ凡そ是等の宿弊しゆくへいのぞかんとするには中央政府ちうわうせいふに於て外交のしやうあたる者又開港塲かいかうぢやう在勤ざいきんして貿易ぼうえき事務じむつかさどる者は名實めいじつ共に全權ぜんけんにして責任せきにんの在る所をあきらかにし假令たとひ其人がしよくるも其職務は繼續けいぞくして事をするに差支さしつかへなからしむるのみか差向さしむきの必要として内外人の差縺さしもつれに關して特に裁判法さいばんはふまうくること今日の急なる可し又外交をほかにして更に内治ないぢの内情を見ればその紊亂びんらんさま前節ぜんせつしるしたるとほりの次第にしてけやうもなきものと云ふ可し彼の地方官が税權ぜいけん法權はふけん濫用らんようして私利しりいとなむのみならず大小だいせう官吏くわんりはじめとして所在しよざい無數むすう士大夫したいふわたくしひととらものかすむるも之をきんずる者なく甚だしきは私家しかに人を禁錮きんこし時としては死にいたらしむるが如き畢竟ひつきやう數百年來の沿革えんかくより自然しぜんに生じたる流弊りうへいなりと雖も今にして之をのぞかんとするには何は扨置さておき先づ國法に依頼いらいするの外あらざれば改革かいかくの第一として法律はふりつ改正かいせい着手ちやくしゆす可し既に之を改正してその實行じつかううながすには視察しさつ實力じつりよくとを要するが故に同時に警察法けいさつはふつくりて憲兵けんぺい巡査じゆんさ仕組しくみまうく可し又收税法しうぜいはふの改革、國庫金こくこきん出納すいにふ整理せいりは最も急要きふえうにして之が爲めには貨幤くわへい制度せいどを定め又は銀行ぎんかう設立せつりつも要用なる可し尚ほ此外に海陸兵制かいりくへいせいの事あり宗教しうけうの事あり學校がくかう教育けういくの事あり衞生えいせいの事あり勸業くわんげふの事あり運輸うんゆ交通かうつう道路だうろ橋梁けうりやうの事ありいづれも數百年來の舊習慣きうしふくわん一掃いつさうするに非ざれば改新の實効じつかうを見る可らず滿腹まんぷく腐敗物ふはいぶつ停滯ていたいには唯吐下劑とげざいの一方あるのみ又公然たる國事には關係くわんけいなきが如くなれども彼の國に於て宦官くわんぐわんを宮中にもちゆるの法は是非ぜひとも廢止はいしす可きものなりと我輩の敢て斷言だんげんする所なり朝鮮に宦官の法はいづれの時代じだいはじまりしや知る所に非ざれども深宮しんきうの中に男女なんによ雜居ざつきよせしむるは危險きけんなりとておそる可き手術しゆじゆつほどこして男子なんし陽道やうだうち之を君王々妃くんわう/\ひ座右ざいうちかづけて宮女きうぢよと共に日用にちよう使役しえきする者なりと云ふ彼等かれら人爲じんゐを以て不具ふぐと爲ると雖も精神せいしん異同いどうあらざれば才力さいりよくある者は君王くんわう昵近じつきんするを幸に次第しだいちやうけんほしひまゝにし時としては政府の人をして畏懼いたんせしむるに至ること多しと云ふ明治十七年の亂に朴泳孝ぼくえいかう金玉均きんぎよくきんの一類が宮闕きうけつに於て第一に當時たうじ執權しつけん宦官くわんぐわん柳在賢りうざいけんちうしたるを見ても知る可し實に普通ふつうの人心には了解れうかいくるしむ程の奇談きだんなれども其政治上に關係くわんけいするとせざるとはしばらさしおき僅に國王の便利べんりの爲めなりとて無辜むこひときづゝけて片輪者かたわもの不幸ふかうおとしゐ獸類ぢうるゐむかつてもしのびざる殘酷ざんこく敢行かんかうして以て宮中きうちう不取締ふとりしまりへいふせがんとするとは人間にんげん無上むじやう惡事あくじにして不人ふじん極度きよくどたつしたるものと云ふ可し故に我輩は政治上せいぢじやうの關係如何を問はず宦官の法は人肉じんにくくらふ者の亞流ありうなりとしたゝめ今回のじようじてついでながら廢止はいしせしめんと欲する者なり以上いじやう枚擧まいきよする所の諸件しよけん着手ちやくしゆせんとするには大に官途くわんと社會しやくわい沙汰さたして人物じんぶつ黜陟ちゆつちよくすることなれば文明にれざる彼の國人が之をよろこばざるは勿論、利害りがい直接ちよくせつする官吏又例の士大夫したいふの輩は全力ぜんりよくつくして抵抗ていかうこゝろみることならん未開國人みかいこくじん無理むりならぬ次第なれども彼等の爲めにはかり一時の不愉快ふゆくわいは一時のゆめあきらめて之をしのび他年の快樂くわいらくを以て之をつぐなひ果して報酬はうしう過分くわぶんなるを發明はつめいするの日ある可し是即ち我日本國人が隣國りんごくよしみを以て之にのぞ軍隊ぐんたいなづくる双刀さうとうたいして嚴重げんぢうに其國事の改革かいかくうながす所以なり

明治27年(1894年)7月6日


Page Top | My Library Home