佐々木麻有さんの残したメモ

尼崎脱線事故の犠牲者



未曾有の被害を出したJR宝塚線(福知山線)・尼崎脱線事故の犠牲者

佐々木麻有さん(25)

 

麻有さんは、友人と2泊3日の韓国旅行に行くため、関西空港へ向かう途中で脱線事故に遭遇した。

11年前に母親を亡くし、父親、弟の三人暮らし。以来母親に代わり、家事をすべてこなしてきた。

そんな麻有さんが楽しみにしていた初めての海外旅行。父と弟も今まで頑張ってきた麻有さんに精一杯楽しんできて欲しいと送り出した。

麻有さんは、たった2日間家を空けるだけなのに家族ののことを心配してこんなメモをのこしていました。

 

麻有さんが出発前に家に残したメモ

 

父さんへ。

土日の買い物ありがとう。

来週はゆっくり休んでください。

朝、出るとき 声かけてほしいです。

冷凍庫に入っている

ごはん コロッケ、納豆、いかなご 

食べてね。

いかなごは そのままお皿に入れて

自然解凍です。

納豆は、からしとたれを取ってから

レンジで40秒ぐらい。

二つなら 50秒~1分ぐらいです。

 

がぐへ。

ごはん、ちゃんと食べてね。

牛乳を飲んでください。

いっぱい おみやげ買ってくるね。

 

まゆ より。


Page Top | My Library Home