医療事故から身を守るための20の助言

米国保健政策研究局



What Can You Do?  Be Involved in Your Health Care
なにができるか?自分自身の治療にかかわることです

The most important way you can help to prevent errors is to be an active member of your health care team. That means taking part in every decision about your health care. Research shows that patients who are more involved with their care tend to get better results.
医療事故から身を守るために最も効果的な方法は患者自らが医療チームの一員となり、あらゆる判断の場に携わることです。自分自身の治療により多く携わった患者さんがよりよい結果をえられるという研究結果があります。

Medicines(薬に関して)

Make sure that your doctors - and every member of the health care team - are aware of each medicine you are taking. This includes prescription and over-the-counter medicines, and even dietary supplements such as vitamins and herbs.
医師、さらにはあなたの治療にかかわるすべての方に、あなたが服用している薬の全てについて承知しておいてもらいましょう。この場合の薬には、病院や医院からの処方はもちろん、あなたが薬局で求めた市販薬や栄養剤なども含まれます

Make sure your doctor knows about any allergies and adverse reactions you have had to medicines. This could keep you from receiving a medicine that can harm you.
あなたの薬に対するアレルギー反応や副作用の既往のすべてを医師に知っておいてもらいましょう。これにより、あなたに害を与える薬が処方されることを防ぐことができます。

When your doctor writes you a prescription, make sure you can read it. If you can't read your doctor's handwriting, your pharmacist might not be able to either.
処方箋をもらったら、読めることを確認しましょう。あなたにも読めない処方箋は薬剤師も読めません。

Ask for information about your medicines in terms you can understand - both when they are prescribed and when you receive them.
What is the medicine for?
How am I supposed to take it, and for how long?
What side effects are likely? What do I do if they occur?
Is this medicine safe to take with other medicines or dietary supplements I am taking?
Are there foods, drinks or activities should I avoid while taking this medicine?
処方箋をもらった時や、実際に薬を受け取った時、その薬について分かり易い言葉で説明を受けましょう。
何のための薬ですか?
飲み方は?
また、いつまで飲むのですか?
副作用があるとすればそれはどのようなものですか?また、そのときはどうすればいいですか?
この薬は、今、自分が飲んでいる薬や栄養剤と一緒に飲んでも平気ですか?
この薬を飲んでいる時は、一緒に飲んだり食べたりしてはいけないものやしてはいけないことがありますか?

When you pick up your medicine from the pharmacy, ask: "is this the medicine that my doctor prescribed?" A study by the Massachusetts College of Pharmacy and Allied Health Sciences found that 88% of medicine errors involved the wrong drug or the wrong dose.
薬局で薬を受け取る時は、医師の処方箋と相違ないことをもう一度確認してもらいましょう。Massachusetts College of Pharmacy and Allied Health Sciencesのある研究では、投薬過誤の88%が調剤過誤に起因しているとのことです。

If you have any questions about the directions on your medicine labels, ask. Medicine labels can be hard to understand. For example, ask if "four doses daily" means taking a dose every 6 hours around the clock or just during regular waking hours.
薬のラベル上の指示について不明な点があれば、質問しましょう。薬のラベルは理解しづらいです。たとえば、「1日4回の摂取の意味は、時間通り6時間毎に摂取なのか、もしくは起きている時間内で4回なのか?」といったことです。 (→薬のラベルだけではなく、薬局で購入する薬の説明書、調剤薬局でもらう情報提供用紙などにおいて、薬の飲み方や指示でなにか質問があれば訊ねましょう。 )

Ask your pharmacist for the best device to measure your liquid medicine. Also ask questions if you're not sure how to use it. Research shows that many people do not understand the right way to measure liquid medicines. For example, people use household teaspoons, which often do not hold a true teaspoon of liquid. Special devices like marked syringes help people to measure the right dose. Being told how to use the devices helps even more.
水薬を計るための最もよい器具を薬剤師に聞きましょう。その器具の使い方がわからなければ、質問しましょう。多くの人が水薬の正しい図り方を理解していないという研究結果があります。(以下略)  (→ここでは、水薬に関して言及していますが、水薬の他の薬剤に付属する器具の使い方など、少しでもわかりにくいことは、みな、確認をしましょう。 )

Ask for written information about the side effects your medicine could cause. If you know what might happen, you will be better prepared if it does - or if something unexpected happens instead. That way, you can report the problem right away and get help before it gets worse. Written information about medicines can help patients recognize problem side effects and then give that information to their doctor or pharmacist.
処方された薬の副作用についての注意書きをもらっておきましょう。あなたがどんな副作用が起こり得るかしっていれば、その副作用が起こった場合もしくは予期せぬことが起こった場合に、より良い準備ができているはずです。このようにすれば、あなたは直ちに問題を報告できるし、状況が悪化する前に助けを得られます。薬の注意書きは、副作用の問題を患者に認識させるとともに医者、薬剤師にその情報を提供します。

At least once each year, bring all of your medicines and supplements with you to your doctor. "Brown bagging" your medicines can help you and your doctor talk about them and find out if there are any problems. It can also help your doctor keep your records up to date, which can increase the quality of your care.
すくなくとも、年に1回は、あなたが使っている薬とサプリメントのすべてをあなたの医師に見せましょう。それにより、あなたと医師とが、それら薬剤、なにか問題がないかを話し合うことができます。それら薬剤はまた、あなたについて最新の情報を医師に伝えるのに役立ちます。それにより、あなたに対する治療の質が向上します。

Hospital Stays(入院について)

If you have a choice, choose a hospital at which many patients have the procedure or surgery you need. Research shows that patients tend to have better results when they are treated in hospitals that have a great deal of experience with their condition.
病院を選ぶことができるなら、あなたに必要とされている処置や手術を数多く手がけている病院に入院しましょう。当該疾病の治療について豊富な経験がある病院で治療を受けることがよい結果につながるという、調査結果があります。

If you are in a hospital, consider asking all health care workers who have direct contact with you whether they have washed their hands. Handwashing is an important way to prevent the spread of infections in hospitals, yet it is not done regularly or thoroughly enough. A recent study found that when patients checked whether health care workers washed their hands, the workers washed their hands more often and used more soap.
入院中は、あなたに直接手を触れる医療関係者には手洗いの励行を頼みましょう。手洗いは院内感染の拡大を防ぐ重要な手段です。しかしながら、定期的もしくは包括的に十分に行われてはいません。患者が医療従事者に手洗いを確認した場合、従事者側がより頻繁に手洗いをし、より多くの石鹸を使うことが最近の調査で明らかになりました。

When you are being discharged from the hospital, ask your doctor to explain the treatment plan you will use at home. This includes learning about your medicines and finding out when you can get back to your regular activities. Research shows that at discharge time, doctors think their patients understand more than they really do about what they should or should not do when they return home.
退院時には、自宅での注意や制限について、十分な説明を聞きましょう。これには、あなたが飲む薬に関することやいつ日常生活に戻ることができるかといったことも含まれます。医師は、患者の退院時には、患者が自宅に戻った際何をすべきで何をすべきでないかについて、患者自身がより理解を深めていると考えているという研究結果が報告されています。

Surgeries(手術について)

If you are having surgery, make sure that you, your doctor, and your surgeon all agree and are clear on exactly what will be done. Doing surgery at the wrong site (for example, operating on the left knee instead of the right) is rare. But even once is too often. Wrong-site surgery is 100% preventable.
手術を受ける時は、あなたも主治医もオペ執行者も、その手術で何が行われるかについて十分に理解し納得しておくようにしましょう。左右ことなる場所を手術(たとえば、右膝のかわりに左ひざを手術する)することはまれです。しかしながら、一度でもあれば、多すぎるといえます。間違った箇所の手術は100%防ぐことができます。

Other Steps You Can Take(その他できること)

Speak up if you have questions or concerns. You have a right to question anyone who is involved with your care.
少しでも疑問や心配事のあるときは遠慮なく、問いただしましょう。あなたは、治療にかかわっている誰にでも、質問をする権利があります。

Make sure that someone, such as your personal doctor, is in charge of your care. This is especially important if you have many health problems or are in a hospital.
たとえば主治医といった形で、あなたの面倒をみてくれる人を見つけましょう。このことは、あなたが健康上の問題を多く持っている場合もしくもしくは入院する場合、特に重要です。

Make sure that all health professionals involved in your care have important health information about you. Do not assume that everyone knows everything they need to.
あなたに携わるすべての人があなたの健康に関する重要な情報を把握出来できるようにしましょう。病院であなたにかかわる人が皆あなたに関する情報を把握していると思わないでください。

Ask a family member or friend to be there with you and to be your advocate (someone who can help get things done and speak up for you if you can't). Even if you think you don't need help now, you might need it later.
大事な局面では家族や友人に立ち会ってもらい、サポート(すなわち何かするときの手助けやあなたがしゃべれないときの代弁といったこと)してもらえるようにしましょう。あなたは、今はそのような助けは必要ないと思っていても、後に必要になることがあります。

Know that "more" is not always better. Find out why a test or treatment is needed and how it can help you. You could be better off without it.
「さらに詳しく」が常に良いとは限りません。検査や処置がなぜ必要なのか、そしてそれらがあなたにどう役立つのかを確かめてください。それらの検査や処置がない方が、あなたにとって良いこともあります。

If you have a test, don't assume that no news is good news. Ask about the results.
検査を受けたのにその結果について説明がないときは、「異常がないからだ」と勝手に思い込まず、必ず検査の結果をききましょう。

Learn about your condition and treatments by asking your doctor and nurse and by using other reliable sources. For example, treatment recommendations based on the latest scientific evidence are available from the National Guideline Clearinghouse. Ask your doctor if your treatment is based on the latest evidence.
医師や看護師に訊ねたり、他の方法でいろいろ調べて、常にあなたの疾患の状態や処置について理解しておくように努めましょう。たとえば、National Guideline Clearinghouseからは、最新の事例に基づいた推奨すべき処置の情報を入手できます。処置が最新の事例に基づいているかどうか医師に聞いてみましょう。
(医者が最新の情報を知っているとは限りません。古い方法に固執していることもあります)


Page Top | My Library Home