法句経ほっくきょう

法句経(ダンマパダともいう)は、原始仏典の一つで、釈迦の語録の形式を取った仏典である。



一章 対句の詩

1 ものごとは、心が先行し、心が最大の原因であり、心をもとに作りだされる。 もしも、穢れた心によって、言葉を発したり、行動したりするならば、その者には苦しみが従う。 荷を運ぶ牛の足跡にわだちが従うように。

2 ものごとは、心が先行し、心が最大の原因であり、心をもとに作りだされる。 もしも、清らかな心によって、言葉を発したり、行動したりするならば、その者には喜びが従う。 影が離れないように。

3 「あの者は、私を罵倒した。私に危害を加えた。私に勝利した。」このように怨みをいだく者、かれらの怨みは鎮まらない。

4 「あの者は、私を罵倒した。私に危害を加えた。私に勝利した。」このような怨みをいだかない者、かれらの怨みは鎮まりゆく。

5 まことに、怨みに怨みを以って報いるならば、この世においては、怨みの鎮まることがない。しかし、怨み無き心を以って返すならば、怨みは鎮まる。これは永遠の真理である。

6 「人間はいつも死と共にある」我々は自分を抑えるように努力しよう。他の人々はこの事実をはっきりと認識していない。この事を知る人は争いをやめるだろう。

7 この世を清らかであるとみなして暮らし、(眼や耳など)感覚器官を制御せず、食事の量を知らず、怠けて精進しない者、かれは悪魔に負けてしまう---弱い木が風で倒れるように。

8 この世を不浄なものとみなして暮らし、感覚器官を制御し、食事は量を知り、おこたることなく精進する者、かれは悪魔に負けることはない---岩山は風にもびくともしないように。

二章 怠けないこと

21 怠けずに、今の瞬間に気づいていること、これは不死の境地である。怠けて注意が散漫であること、これは死の境遇である。 怠けることなく心を集中している者、かれらは死ぬことがない。怠けている者、かれらは殆ど死にかけている。

五章 愚か者

60 眠れぬ者にとって夜は長い。歩き疲れた者にとって一里の道は遠い。正しい教えを知らない愚か者にとって輪廻の道は長い。

67 行なった後で苦しむなら、その行為は悪である---涙を流して、泣きながら結果を受けるなら。

68 行なった後で苦しまないなら、その行為は善である---心楽しく、満足して結果を受けるなら。

十一章 老い

146 何が可笑しい?何を歓んでいるのか?世間は燃えているのに。お前たちは暗闇に覆われているのに、明かりを求めようとはしない。

147 作りあげられた幻をよく見ろ。寄せ集めでつくられた、傷だらけの身体だ。病いと妄想に満ちている。その中に永遠に留まるものなど存在しない。

148 老いてボロボロになった、この体は、病の巣となり、崩れるものとしてここにある。腐敗した肉体は、朽ち果てる。生命の行き着くところは死である。

149 秋に捨てられた瓜に似た、これらの骨は、鳩のような灰色をしている。このようなものを見て、何の喜びがあろう?

150 骨で城が作られ、肉と血が塗り固めてあり、老いと死と高慢と欺瞞が大切に収められている。

二十六章 バラモン

400 怒ることがなく、誠実で、戒律をまもり、落ち着いている者---(輪廻の原因を滅ぼして)これが最後の肉体になり、自らを統御している---そのような人が「バラモン」であると、私は説く。

401 蓮の葉のしずくが下の汚れた水に混じらないように、芥子粒が、錐の先にくっつかず、執着しないように、様々な欲に汚されない者---そのような人が「バラモン」であると、私は説く。

402 すでに、この世において、自分の苦しみが滅びたことを、はっきりと知るならば、生の重荷をおろして、束縛から逃れた者である---そのような人が「バラモン」であると、私は説く。


Page Top | My Library Home