My Library Home

久田船長

文部省

底本『小學國語讀本 六』(1938年)



 青森・函館間の連絡船東海丸は、多數の船客を乗せ、郵便物・貨物を積んで、夜半に青森港を出港した。大分しけ模様であつた。明治三十六年十月二十八日のことである。
 津軽海峡特有の濃霧が,海上をおほつてゐた。波も次第に高くなつて行つた。しかも雨は雪に變じ、それが吹雪となつて,あたりを吹きまくつた。暗は暗し、其の上濃霧と吹雪では、全く黒白も辨じない。東海丸はしきりに汽笛を鳴らし、警戒しつゝ新港を續けた。かうして,翌朝四時頃には,渡島半島矢越岬の沖合にさしかゝつてゐた。
 すると、まことに突然、右手のすぐそこに、此方をさして突進して來る船があつた。それは、室蘭で石炭を積んで、ウラヂボストツクへ廻航するロシアの汽船であつた。
 東海丸の船長久田佐助は,眼前に迫る此の危急をさけるのに全力を盡くしたが、しかしもうおそかつた。忽ち一大音響と共に、ロシア汽船の船首は,東海丸の船腹を破つてしまつた。海水は、ようしやなく浸入する。東海丸の船體は、極度に傾いた。
 すは一大事。久田船長は、早速乘組員に命じて部署につかせた。五隻のボートは下された。彼は,わめき叫ぶ船客をなだめつゝ、片端からボートに分乘せしめた。此の間にも、東海丸は刻々と沈んで行つた。
 船客も船員も、すべてボートに乘つた。船長は幾度が確めるやうに、
「みんな乘つたか。」
「乘りました。」
「一人も残つてゐないな。」
「残つてをりません。」
残つたのは,たヾ船長一人であつた。
「船長,早くボートへ乘つて下さい。」
だが、返事はなかつた。一體何をしてゐるのだらう。
船員の一人は、たまらなくなつて、はせつけた。
「船長、早くボートへ。」
 しかし、船長は、船橋の欄干に身を寄せて動かうとしなかつた。見れば彼の體は、旗のひもで,しつかと欄干に結び附けられてゐる。沈み行く船と運命を共にしようとする覺悟なのだ。
「船長,私も一しよにお供いたします。」
それは、全く船員の感激の叫びであつた。
 船長は厳かに答へた。
「船と運命を共にするのは船長の義務だ。お前は速く逃げろ。一人でも多く助つてくれるのが、私に對するお前たちの務ではないか。」
悲痛な、しかも威厳のある聲に、船員は思はずはつとした。彼は、すごすごとして最後のボートに身をゆだねた。
 東海丸からは、引切なしに汽笛が高鳴つて,暗い海の上を壓した。聞く人々は全く斷腸の思であつた。やがて、其の音は聞こえなくなつた。東海丸は沈没したのである。最後の瞬間まで、非常汽笛を鳴らし讀けた久田船長もろ共に。
 暗夜と荒天の海上に、五隻のボートは木の葉のやうに動揺した。中には、波にのまれてしまつたのもある。しかし、乘客・船員の過半は、からうじて助ることが出來た。
 四十歳を一期として,従容(しょうよう)死についた船長久田佐助の高潔な心事は、忽ち世に傳へられ,日本全國の人々をして涙をしぼらせた。
「船長たる者は、萬一の場合、決死の覺悟がなくてはならぬ。百人中九十九人まで助れば、或は自分も生きてゐるかも知れぬが、さもなければ歸らぬものと思へ。」
とは、久田船長が、かねてから其の妻に言聞かせてゐた言葉であつた。だから,東海丸遭難第一の電報を手にした時、妻は早くも夫の死を察し,見舞の客に對しても、あへて取りみだした様子を見せなかつた。人々は此の事を聞いて、今更のやうに久田船長のりつぱな心掛に感動すると共に、夫をはづかしめぬ此の妻の態度をほめたゝへた。


Page Top | My Library Home