般若心経はんにゃしんぎょう(現代語訳)



観音菩薩が、

「智慧の完成」とは何かを、(瞑想によって)深く探究していた時、

肉体も精神も、すべて空であると明らかに見て、

すべての苦悩から解放された。

(――かつて仏陀は説かれた)

「シャーリプトラよ、

色は空に異ならない。

空は色に異ならない。

色はじつに空である。

空はじつに色である。

感覚(受)、概念(想)、衝動(行)、識別作用(識)(で構成される、精神)もまた同様である。

シャーリプトラよ、

すべての現象は空であるから、

生ずることもなく、滅することもない

汚れることもなく、清らかになることもない

増えることもなく、減ることもない

ゆえに空においては、

肉体(色)も無く、感覚(受)、概念(想)、衝動(行)、認識(識)も無い

六つの感覚器官(眼耳鼻舌身意)も無く、

六つの感覚対象(色声香味触法)も無い

眼で見た世界も無く、意識で想われた世界も無い

(苦の根源である)"無明"もなく、"無明"をなくす道も無い

"老いと死"も無く、"老いと死"を乗り越える道も無い

「生は苦しみである」という真理(苦諦)も無い

「苦しみの原因とは何か」という真理(集諦)も無い

「苦しみは滅することができる」という真理(滅諦)も無い

苦しみを滅する方法(道諦)も無い

知ることも無く、得ることも無い

もともと得られるべきものは何も無いからである

菩薩たちは、「智慧の完成」に依拠しているがゆえに

心にこだわりが無い

こだわりが無いゆえに、恐怖も無い

間違った認識によって世界を見ることから遠く離れている。

三世の仏たちも「智慧の完成」に依拠したがゆえに

完全なる悟りを得たのだ。

それゆえ、この「智慧の完成」こそは

偉大なる神秘的な呪文であり、

偉大なる光輝ある呪文であり、

これを超えるもののない呪文であり、

これに並ぶもののない呪文である。

すべての苦しみを除いてくれ、

真実であり、すこしも偽りがない。

では、「完全なる智慧」をあらわす呪文を示そう、

"ガーテー ガーテー パーラガーテー パーラサンガーテー ボーディ スヴァーハー"


Page Top | My Library Home