My Library Home

痛みの基準はハナゲ

Wikipediaより



痛みの基準はハナゲ(いたみのきじゅんはハナゲ)とは、1998年から1999年頃にかけて、主にチェーンメールによって流布したジョーク。しかし、一部ではそれを真実と思い込む者がいたため、都市伝説とされることもある。

国際標準化機構(ISO)によって、人間の痛みの感じ方についての統一単位「ハナゲ」(hanage)が制定され、「長さ1センチの鼻毛を鉛直方向に1ニュートンの力で引っ張り、抜いたときに感じる痛み」が「1ハナゲ」と定義された、とするものである。鼻毛を抜いた時の痛みには性差や個人差はないことが発見されたため、ハナゲが痛みの単位に選ばれたとされる。スイスのダヴォス・プラッツで開催された世界知覚認識学会で認定されたというものもある。

千葉県内の大学研究室のホームページにジョークとして「研究結果」を載せたことから広まったとされる。ジョークが広まるに連れて「『日本経済新聞』の(1998年)11月16日付朝刊に掲載された」といった具体的な「ニュースソース」が付加された[1]。外国通信社のニュースページを騙るサイトに、同内容の記事が1998年11月4日のワシントン発の外電で配信されたかのように掲載されたこともあった。

「ハナゲ」の提唱者としては2パターンがあり、それぞれ北海道大学医学部教授と室蘭市立医科大学教授(もしくは助教授)とされる具体的な人名が挙げられていたが、北海道大学によるとそのような名前の教授は在籍していないとのことである(1999年当時)。なお「室蘭市立医科大学」という大学は実在しない。

このジョークには「元ネタ」がある。やゆよ記念財団という、ネタとしての嘘ニュースを執筆し公開しているwebサイトにおいて、1995年に発表された作品がそれである。さらに同サイトを運営しているやゆよがこのネタを初めて発表したのは1990年代前半のパソコン通信、ニフティサーブのコメディフォーラムの「嘘情報」会議室にまでさかのぼる。

英語版ウィキペディアのen:pain scale(痛さの等級)の記事によると、痛覚の等級化には言葉によるもの(MPQ)・感覚的な目盛りによるもの(VAS・FRSなど)・特殊な器具によるもの(PainVision・Dolorimeter)など様々な手段が開発されている。しかし「ハナゲ」は学会で認められていない架空の単位である。


Page Top | My Library Home