My Library Home

ハマカーンのエピソード

2012年 Wikipediaより

お笑いコンビ『ハマカーン』のエピソード。



・二人とも柔道をやっており、両者とも黒帯所有者。段位は浜谷が2段で得意技は内股、神田は初段で得意技は谷落。

・「姉弟で事務所が違うことへの配慮」「実力で売れて生きたい」などの理由から、神田はかつては神田うのの弟であることをあまりアピールしておらず、弟だからという理由で来たインタビュー依頼を断ったこともある。しかし、姉の結婚発表時や結婚式の時期に日刊ゲンダイや各局のワイドショーで取り上げられたりコメントを求められてからは、姉がプロデュースしたパンストをハンカチのかわりに使ってみせたり、「うので~す。」と発言したり、「お姉ちゃ~ん見てる?」と画面に手を振るなど、徐々にネタにするようになってきた。

・浜谷はクレアラシルの洗顔料で歯を磨いた事がある。また、神田は縁日での女子トイレの行列を屋台と思って並んでしまったり、「テイクアウト」を「テイクオフ」と言ってしまったりした事があるなど、お互い天然ボケを思わせる逸話がある。

・神田が夏バテによる体調不良のため電車内で倒れてしまった時、浜谷は彼を抱きかかえたまま電車を降りていったらしい(芸人にまつわる話より)。

・その時、神田は脱糞をしてしまうが、浜谷は抱きかかえたままトイレまで連れて行き、神田の下着を洗ったと「ラジかるっ」で語っている。

・ちなみに、その際車内を片付けようとしたら見ず知らずのおばさんに「ここは任せて」と助けてもらい、それを今でも感謝しているとのこと(ラジオにて)。

・酔った勢いで、浜谷が「俺達が売れないのは、お前のツッコミが駄目だからだ」と神田につっかかったところ、一緒に酔っていた神田も反論し、殴り合いまで発展する喧嘩になった。後日談で神田は「酒が入ると何も解決しない」と反省していた。

・浜谷は、うのが結婚した際、祝儀として10万円を納めた。すると神田姉弟の父親から「莫大な財産を頂いてしまって、大丈夫ですか?」と心配された。

・その翌年のお正月に、神田うのがお年玉と称して7万円を戻してくれた。その際「浜ちゃんお祝いありがとう。でも10万円も頂くのは申し訳なくて全額お返ししようと思ったんだけど、それはあまりに失礼だと母に窘められたから3万円だけ頂いて残りはお返しするね」と浜谷本人に言ってしまったらしい。そのエピソードの際弟である神田は「そうなんだよ。ウチの姉ちゃん言っちゃうんだよ」と苦笑気味だった(ケイダッシュステージWEBラジオより)。

・神田うのはハマカーンのライブに美川憲一と来たことがある。ハマカーンのライブなので自分は目立っちゃいけないと大きな帽子をかぶり顔を隠していたが、その少女マンガに出てくるような帽子が大きすぎて逆に目立ってしまった(ケイダッシュステージWEBラジオより)。

・神田は20歳前後の頃通商産業省キャリアであった父の赴任に母とともに同行しウィーンに在住していた時期がありドイツ語が話せ、公式プロフィールにも「特技・(のひとつとして)ドイツ語」と掲載。

・ただし2012年3月27日の自身のtwitterで「電車内に乗り合わせた女性二人がドイツ語で会話していたが所々しかわからなくなっていた。(当時)15年はドイツ語を喋っていないから。」の旨ツイートしている。


Page Top | My Library Home