My Library Home

餓死した2人の幼児 刑事の話

作者不詳

2ch



無力。
この事件以来、深酒が続く。

知り合いの刑事が近くの管轄だったので、本事件を担当する刑事に尋ねてもらった。
記事にもしたくないくらい凄惨な現場だった…。

2人の幼児は部屋(ワンルーム)いっぱいに積まれたゴミで身動きが取れなかったそうだ。ゴミための残飯(母親が残したカップ麺など)を綺麗になめていて、それで3歳の長女は食中毒を起こし先に死んだらしい。
死亡推定時刻は10時間以上、1歳の男の子より早かった…。

120リットルほどの冷蔵庫は何も残って無かった。長女は辛子やマヨネーズ、そうめんのダシ、果ては製氷の結晶もなめていたそうだ。1歳の弟にも分け与えていた。彼女が4歳だったら死なずに済んだのだろうか。

二人は排泄物にまみれていた。
最低でも4日分の糞や尿が体に付着していた。1歳の子は糞を食った形跡があった。


殺人容疑に切り替わるらしいが、いずれにしても軽い刑罰を母親は受ける。
重刑にして欲しいとか、そんなことは願って無い。そんなことしたって2人は帰って来ない。


Page Top | My Library Home