足跡(Footprints)

作者不明



ある夜、私は夢を見た。

私は、神様とともに砂浜を歩いていた。

振り返ると、砂浜には二人分の足跡が残っていた。

一つは私のもので、一つは神様のものだった。

これは、これまでの私の人生の足跡であった。

足跡を見ていると、私の人生の様々な場面が、走馬灯のように思い出された。

よく見ると、これまでの私の人生の中で、足跡が一人分しかないときが、何度もあることに気づいた。

それは、私が辛く悲しい思いをしていた時期ばかりだった。

ああ、あの時は、信頼していた友だちに裏切られた時だ。

ああ、あの時は、失恋して落胆していた時だ。

ああ、あの時は、事業で失敗した時だ。

私は神様に尋ねた。

「神様、あなたはずっといっしょにいてくれるものと思っていました。

しかし、私がもっとも辛かった時期には、一人分の足跡しか残っていません。

あなたを最も必要としていた時に、どうして私をお見捨てになられたのですか?」

すると、神様は答えておっしゃった。

「いとしい大切な我が子よ。

私は、愛するお前を、決して見捨てたりしない。

お前をひとりぼっちにはしない。

一人分しかない足跡は、お前の足跡ではないよ。

その足跡は、私の足跡なのだよ。

悲しみに打ちひしがれるお前を背負って歩いた 私の足跡なのだよ。」


Page Top | My Library Home