My Library Home

安達 祐実のエピソード

2013年 Wikipediaより



・0歳時に子育て雑誌でモデルデビューし、後に子役としてCM等で活躍した。子役としてデビューしている為、同年代のタレント達よりはるかに芸歴が長い。本人曰くウッチャンナンチャン、TM NETWORKは同期である。

・1994年(平成6年)、テレビドラマ『家なき子』で主人公の相沢すずを演じ、12歳とは思えない演技力を見せ一躍脚光を浴びる。同作品は最高視聴率37.2%を記録し、すずの台詞である「同情するなら金をくれ!」は流行語大賞にも選ばれ社会現象となった。

初恋の相手はAD。恋してしばらくした頃、帰宅すると家にその彼がおり「おかえり」と言われ、母からの「今日からこの人がお父さんよ」という一言により失恋したことを悟った。この母とADの再婚については、2006年11月放送の『行列のできる法律相談所』出演時に詳しく告白している。

・子役当時はかなりの収入があった模様だが本人がその金銭を使えたわけではなく、行き先を全く把握していなかったという。

・顔の好みは「崩れかかったイケメン」で爽やか系は苦手。

・好きな食べ物は納豆(VOWネタにもなった)。


Page Top | My Library Home