日本という国を作ってくれた神に感謝する

アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein)

相対性理論で有名な、ノーベル賞物理学者のアインシュタインが、1922年11月17日、神戸に来日した際、残した言葉。



近代日本の発展ほど、世界を驚かせたものはない。この驚異的な発展には、他の国と異なる何ものかがなくてはならない。果たせるかなこの国の、3000年の歴史がそれであった。

この長い歴史を通して、一系の天皇をいただいているということが、今日の日本をあらしめたのである。私はこのような尊い国が、世界に一ヶ所位なくてはならないと考えていた。何故なら世界の未来は進むだけ進み、その間幾度か戦いは繰り返されて、最後には戦いに疲れる時がくる。

その時、人類はまことの平和を求めて、世界的な盟主を挙げねばならない。この盟主なるものは、武力や金力ではなく、凡ゆる国の歴史を抜き超えた、最も古くまた尊い家柄でなくてはならぬ。

世界の文化はアジアに始まって、アジアに帰る。それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない。

我々は神に感謝する。東洋に日本という尊い国を、作っておいてくれたことを。


Page Top | My Library Home