泥海どろうみ 古紀こうき

明治十九年教祖御在世中の記



泥海時代

 この世の本元なると云ふのは、人間もなく世界もなく、だゞ泥海ばかり、その中に二神あり。これ即ち今日の月輪と、日輪、これなり。月とは國常立尊と云ふなり。御姿は頭一ツ尾一ツの大龍なり。泥海中より、現れまして、國床を見定めたまふ、故に、國見定めの尊と云ふなり。是は月乃大神の神霊の、神憑りあらせられたる時の、最高権威の動物なり。

 日は面足の尊と云ふなり。御姿は頭十二、尾に三すじの剣ある大蛇なり。即ち是は日乃大神の神霊の神憑りあらせられたる、権威ある動物なり。

 此二神曰くには、泥海の中に、二人いるばかりでは誰れか神と云ふて、敬するものもない、気のいずんだる事ともなる。故に、人間を云ふものを拵らえ、その上世界を始めて、人間に神が入り込みて、萬の事を教えて、守護すれば、陽気な遊び、その外に、何事も見てたのしまれる事と、二神の相談定まりまして、此人間を拵らえるには種と苗代、道具、雛型なくてはかなわぬ。此道具、雛型、見出すもよふ、二神それより泥海中をを見すましたまへば、

 北の方にあたりて、岐魚と云ふ魚がいる。今世云ふている人魚なり。又南の方にあたりて、巳がいる。此世に云ふ白蛇なり。此の二ツのものを見るに、この心まことにたゞしきその故に、その姿と心を見て、これを引きよせて、人間を創造種と、苗代との雛型にもらいうけよふと、相談しまして、この二ツのものを引きよせて、二神の申されるに、此度人間と云ふものを造るにつき其身の姿も心をもって、人間の種、苗代の雛型と貰ひ受けたく、然る上は世界を創造して天地開墾なしたる上は、人間より其身二人を此世の一乃神といふて、禮拝さす。又世界年限満ちたるなれば、因縁地場へ人體として生まれだし、陽気遊びをさするも、満足にて、二ツの者を貰い受けて直ちに神名をさずけて伊弉岐尊、伊弉美尊とつけたまふなり。

 それよりも男女一の道具、五體の道具、人間自己の魂を見出す模様と、相談ましまして、二神泥海中をみすましたまふに、乾の方にあたり一ツのものあり、此ものへんにして実にふんばり、勢い強くこれ今世でいふ鯱と云ふ魚なり。このもの引きよせて、承知をさして、貰い受け、食うてその心味をみて、男一の道具と定めて、尚人間骨の道具とする故にこの理をもって、月読尊と名をさずけたもふ。

 又巽の方に一ツのものある。このものは、皮強くこけぬものにて、國床にひっついているものにて今世にいふ、亀なり。このものを引き寄せて、承知をさして貰い受け、その心味を見て女一の道具と定め、尚人間の皮つなぎとす。故にその理をもって國狭土尊と名をさずけたまふなり。

 又東の方にあたりて、一ツものあり。このもの頭の方にても、尾の方にても、自由に出入するもの、勢い強くすべて豊かにして、ぬる/\として、ぬめりある。これ今世に鰻と云ふ魚なり。此ものを引きよせて、承知をさせて其の心味を見て、人間呑み食い出入する道具となしたもう。故に此理をもって雲読尊と名をさずけたまふなり。

 即ちこの五ツのものをもって、五體の道具とするなり、尚人間息吹分けする道具を見出す模様を。それより、二神泥海中を、見すましたもふに、坤の方にあたりて、一ツのものあり、このものは、身うすきすがたにて、勢強く、丸なるもの角なるものは、風を出す事出来ん。このものは身うすきゆへ、風を生ず。今世に云ふ、鰈なり。

 此ものを引きよせて承知をさせてその心味わいをみて、行き吹き分けの道具とす。故に、此理をもって惶根尊と名をさずけたもふ。

 この上は、人間の一のたのしみ、食物の立毛引出しの道具ひながた、見出すもよふの相談ましまして泥海中を見すませば、西の方にあたりて一ツのものあり。このものは至極引く力強く、今世に云ふ黒蛇にて、このものを引きよせて承知をさして、貰い受けて、その心味わいを見て、食物の立毛草木地上より引き出しの道具と、定めたまふなり。この理をもって、大戸邊尊と名を授けたまふ。

 それより人間死にのぞんで、此世との縁を切る道具なくばかなわず、見れば泥海中に艮の方にあたりて、一ツものあり、このものは至って大食するもので、腹の袋大きく、よくあたりて、切るに強き、勢いあり今世の河豚なり。即ち其の心味わいを見て、息の根を切る道具と承知をさせて、貰い受け、この理をもって、大食天尊と名をさずけたまふなり。是にて人間創造の道具雛型、全部そろふなり。

 それより二神ご相談ましまして、人間一人ずつの自己の心魂を見定めたまふなり。

 見渡す処に泥海中に鰌ばかり。このもの、数は九億九萬九千九百九十九すじで、三寸の丈なり。これを月日両神引きよせて、その心味わいを見て人間自己の魂と、さだめたまふなり。

 これを神かはりたまふと云ふて今世に云ふ神道のおはなしと云ふなり。是にて、月日の相談定まって是より、人間夫婦の宿し込み始めたまふなり。

創造時代

 人間の父親種、伊弉岐尊でありして男一の前の道具として、鯱を仕込みたもふて、鰌を人間の魂と定め即ちこれに月様の神霊御入り込みたまい、父親となりたまふ。

 人間の母親苗代、伊弉美尊でありまして、女一前の道具として、亀をお仕込みたまふて、即ちこれに日様の神霊入り込みたまふて、母親となりまたふ。六物六代を始めとして、泥海中へ、九億九萬九千九百九十九人の人種を南無南無南無と二人ずつ、男一人女一人、三日三夜宿し込みたもふなり。宿込みすみて、伊弉岐尊起きたちて向かいたる方を北と名づけたまふ。伊弉美尊後より起きて向かいたる方を南と名づけたまふ。又二神宿し込みの時向かいたる方を二神の芯と云ふ心に西と名づけたまふ。朝出て日を西へ/\と貸す故に東と名づけたまふ。

 こゝにおいて、伊弉岐、伊弉美の二神宿し込みすみて天の岩戸にて三年三月の間とゞまたまふ。其の天の岩戸と云ふのは泥海中の事にて、今世の大和國山邊郡生屋敷村中山氏の屋敷の地面なり。又宿し込みの地場は今の中山氏の屋敷の地場の由。此度は此処に、甘露台据える処の由、それは月日様からの御話なり。

人間生みおろしの理由

 伊弉岐、伊弉美の二尊、九億九萬九千九百九十九人の種は、一腹の中に宿りて、三年三月。其の間、腹を養ひたまふて、天の岩戸より出現ましまして、最初伊弉岐尊、泥海中の泥をよけなして、産場を拵いたまふう。その処より、伊弉美尊産み下ろしたまふ。初めは、今世の大日本大和國奈良初瀬の七里四方へ、七日かゝりて産みおろしたまふ。残る大和國中に四日かゝりて産み下ろしたまふ。それよより今世の山城、伊賀、河内、三ヶ國の地場へ、一ヶ國へ六日目、六日目にて都合十九日に産みおろしたまふなり。都合三十日にして四ヶ國へ胎内の子数、半分産みたまふ、残る日本の國中へ四十五日かゝして、産み下ろしたまふ。合わせて七十五日の間に、九億九萬九千九百九十九人の人の種を残らず、産み下ろしたまふなり。

 此子数如何にして宿し込み、又産み下ろしたまふたか、その証拠に、正月には数の子を食わして祝わわしてあるとの事。

 因みに云ふ今の人間が安産して、六日經てば六日だれと云ふて呼び名つけて祝する事、一ヶ國にて産み下ろしの理を御祝いする事なり。

 大和一ヶ國は十一日だれと云ふて國中祝いをするも是最初産み下ろしの理なり。三十日を半滞と云ふて伊弉美尊の胎内の子数半分、四ヶ國へ産み下ろしの理にて、人間が元の親神の御苦労なされた通りするなり。即ち七十五日たちて、親のゆみ上げとゆふは七十五日にて、胎内の子数残らず産み下ろしたまふ理をもっての事なり。

人間生まれ出し五分からや

 人間の生まれだし五分なり。此人間は伊弉美尊は息をかけて養育なしたまふて九十九年の年を經て三寸までに成長するとき、伊弉岐尊は逝去なしたまふ。人間も悉く死去しまたるなり。伊弉美尊御一體で一度教えたる守護にて又元の人数を宿し込み、それより又、天の岩戸に六ヶ月の間、止まりて元の如く大和を始めとして、日本國中の地場へ、七十五日の間にて右の人數を産み下ろしたまふなり。これも五分から生まれ九十九年の年を經て、三寸五分と成長するなり。その養育も伊弉美尊の尊息をかけてまわりたまふなり。こゝに至りて皆な死去した。それより伊弉美尊の胎内へ又もや、元の人數を宿し込み、此度は十ヶ月の間は天の岩戸に止まりて、元の如く大和を始めとして、日本國中の地場へ、七十五日の間に右人數を産み下ろしたまふなり。これも五分から生まれて、九十九年の年を經て四寸となり、此養育も伊弉美尊の息に成長するなり。こゝにて伊弉美尊は此通り順次成長する事ならば、末には五尺の人間に相成る事二ツこりと笑ふて逝去なしたまふなり。即ち元の人間も續いて皆な残らず死去するなり。始めより、三度伊弉美尊の胎内へ宿し込みたる理を以って、三腹と云ふ。最初産み下ろしの地場は今世の所々の氏神の地場となる。故に一宮と云ふ。二度目の産み下ろしの地場は、今世の墓地なり、故に二墓と云ふなり。三度目に産み下ろし地場は今世の所々山々の神社、佛閣の地場なり、これを三原と云ふなり。

 これより九億九萬九千九百九十九人に自己の心魂をば、鳥畜類や種々なる動物に、八千八度生まれ變りとなしたまふて、此理にて今人間も萬の動物のする事は、どんな事でもまねをするなり。此間變化中の年限は最も泥海中の中に九千九百九十九目に又皆動物類も死んでしまったのである。

人間のつなき親は猿であった。

 人間の縁つなぎとして、女猿一匹残りているなり。これ、人間皮づなぎの、理と女の一の道具として、使われた、国狭土尊の變化する所にして、導き神、伊勢にては猿田彦命なり。此女猿の胎内へ、男五人、女五人と都合十人、宿し込みたまふなり。右十人の男女産みて五分から生まれて、めん/\と成長して八寸となりたる時に、泥海中も高低が出来かけた。即ち八寸の男女十人が交わりて一腹に十人宿りて、その子を産み下ろし、又それをくり返し/\もとの、人數九億九萬九千九百九十九人、そろいて、その時に至りて人間、一尺八寸と生育するよふになった。

 人間が成長するに従て、變化に応じて應じて天地世界とわかるなり。此時泥海の水と土と分かりたるなり。これより一腹に、男一人女一人と宿ることと定まりて、人間三尺と成長したるなり。時に至りて、天地山川開けて、人間も始めて言語を發するなり。この三尺の理を以って、今人間も三才となったら必ず言葉がしかと解ることはありがたくも此理なり。

 是より、人間成長に應じて段々と食物のある方へ、喰いまわりて、唐天竺の地場へ渡り又各々外国へと、渡り行くなり。此處にて天地全く開けて、世界八方八柱の神が御守護下さるなり。即ち人間泥海中をはなれて、五尺の體と成長して地に、居住するなり。もとの人數九億九萬九千九百九十九人の内、大和國へ産み下ろしたる人間が、今世の日本國の人種なり。

日本人を大和魂と云ふ紀元は

 此の大和魂と云ふのは、元始大和國へ十一日間かゝつて産み下ろした人間が、日本國に止まりて、山城、伊賀、河内、三ヶ國に産み下ろした人間が唐天竺と渡っていので、それを亜細亜人種と云ふ。又四十五日かゝて、日本國中に産み下ろした人間の魂が歐米各國に渡ったのである。故に大和で産み下ろされた魂は、一番兄である。此の魂が大和魂と云ふのである。

 此理から思案すれば、人間みな兄弟である。即ち日本は根なり、唐天竺は枝なり。外の國々の先々は枝葉なり。故に珍しき事物は此理にて、月日二神が花や實として枝先に教えたまふとゆえども、皆我日本國へ歸りくるなり。大和即ち、日本を、神形、神國、眞國、とも云ふなり。

 即ち最初泥海中より、五尺と成長する道すがらを、世界中に知りたるものは更になし。此度は月日二神元の始めの地場へ天降りて御話し下さると云ふのは、此世の年限經ちたる故の事、此年限は、泥海中の間は九億九萬年なり。五尺の人間となりては、四十九年以前の天保九年十月二十六日、朝の五ツ時に至りて、九千九百九十九年にて、此内の六千年の間の事物を教へ下さる。此六千年の間を日本にては、神代と云ふて、人間皆命名をもちゆるなり。

 此れより人間は自覺をまして慾を生じて悪氣盛んと成る故に、元泥海の始め、人間女雛型苗代と御なり下された、伊弉美尊、人體へ變化なして天照皇太神と現れたまふて、人間の衣食住の道を教へたまふなり。此れは泥海時代に月日二神と御約束なされた通り、世界を創造して天地開墾なしたる上は、人間より其身二人を此世世界一乃神と云ふて、禮拝さすと申されたのであり、又伊弉岐尊の心魂は人體と變化ましまして神武天皇(一書に日本天照皇大神)と現れたもふて、悪神を制し、國中を始め、政治を始めて、萬民を治め、國々を始めたもふなり。

 世界年限満ちたるなれば、因縁地場へ、人體として生まれだし、陽氣遊びをさすと仰せられた、天保九年十月二十六日は、此世界御創造下さる時の約束の年限九億九萬九千九百九十九年と云ふ。年限であるから、先に生まれさしておいた、元伊弉美尊の心魂を再び人體を受けさして、人間創造の元の地場に、引きよせて、陽氣遊びをさしてやるとの事である。

 此度は人間のたてながしのやかたの内造りをするのや、仰せられて、即ち天理教教祖の出現であります。教祖即ち、人間母親神、伊弉美尊は先に天照皇太神と現れ、又中山美岐子様と現れ、全世界を極楽世界、即ち甘露臺世界となさん為に出現ましまのたのである。


Page Top | My Library Home