獨行道どっこうどう

宮本武藏

獨行道(独行道)は新免武蔵(宮本武蔵)が自身の生き方を21か条に書き記したもので「自誓書」といわれている。



獨行道   二十一箇条

一 世々の道をそむく事なし

一 身にたのしミをたくます

一 よろすに依枯の心なし

一 身をあさく思世をふかく思ふ

一 一生の間よくしん思わす

一 我事におゐて後悔をせす

一 善惡に他をねたむ心なし

一 いつれの道にもわかれをかなします

一 自他共にうらミかこつ心なし

一 れんほの道思ひよるこヽろなし

一 物毎にすきこのむ事なし

一 私宅におゐてのそむ心なし

一 身ひとつに美食をこのます

一 末々代物なる古き道具を所持せす

一 わか身にいたり物いミする事なし

一 兵具ハ格別よの道具たしなます

一 道におゐてハ死をいとわず思ふ

一 老身に財寳所領もちゆる心なし

一 佛神ハ貴し佛神をたのます

一 身を捨ても名利はすてす

一 常に兵法の道をはなれす

正保弐年
 五月十二日 新免武藏
     玄信
寺尾孫之丞殿

Page Top | My Library Home