My Library Home

チキンゲーム

Wikipediaより



チキンゲーム(英:chicken game)とは、別々の車に乗った2人のプレイヤーが互いの車に向かって一直線に走行するゲームである。日本ではチキンレースと呼ぶのが一般的である。

激突を避けるために先にハンドルを切ったプレイヤーはチキン(臆病者)と称され、屈辱を味わう結果になる。チキンゲームのような、どちらか一方のプレイヤーが引き下がるまで苦痛を強いられるゲームは、若者の間で行われる場面がほとんどである。

「チキンゲーム」という言葉は、ある交渉において、2人の当事者が共に強硬な態度をとり続けると、悲劇的な結末を迎えてしまうにも拘らず、プライドが邪魔をして双方共に譲歩できない状況の比喩として使われる場合もある。バートランド・ラッセルが、チキンゲームを「瀬戸際外交」と比較した研究は有名である。

【チキンゲームのルール】

チキンゲームの最も古い例の一つに、ジェームズ・ディーン主演映画『理由なき反抗』がある。この映画では、2人のプレイヤーは崖に向かって別々の車で同時に走り出し、先に運転席から飛び出した者が「チキン」とされた。そのほかにも以下のようなルールが設定されることがある。

・ゴールライン(崖や壁などを設定する事もある)にいかに近い場所で停止するか。
・設定されたゴールラインを超えたら(あるいは壁にぶつかったりガケから落ちたりしたら)負け。
・先にブレーキを踏んだ方が負け(恐怖に対する我慢比べ)。
・競技者が失神したら負け。
・競技者が死んだら負け。


Page Top | My Library Home