仏説五蘊皆空経ぶっせつごうんかいくうきょう

大唐三蔵法師義浄 奉制訳



白文

仏説五蘊皆空経

如是我聞。一時薄伽梵、在婆羅痆斯仙人墮所施鹿林中。爾時世尊、告五苾芻曰、「汝等当知。色不是我。若是我者。色不応病及受苦悩。我欲如是色。我不欲如是色。既不如是。随情所欲。是故当知。色不是我。受想行識。亦復如是。復次苾芻。於汝意云何。色為是常為是無常。」白言大徳、「色是無常。」仏言、「色既無常。此即是苦。或苦苦。壊苦。行苦。然我声聞。多聞弟子。執有我不。色即是我。我有諸色。色属於我。我在色中不。」「不爾世尊。」「応知受想行識。常与無常。亦復如是。凡所有色。若過去未来現在。内外粗細。若勝若劣若遠若近。悉皆無我。汝等当知。応以正知而善観察。如是所有受想行識。過去未来現在。悉応如前正知観察。若我声聞聖弟子衆。観此五取蘊。知無有我及以我所。如是観已。即知世間。無能取所取。亦非転変。但由自悟而証涅槃。我生已尽。梵行已立。所作已弁。不受後有。」説此法時、五苾芻等、於諸煩悩、心得解脱、信受奉行 仏説五蘊皆空経

 

日本語訳

このように、わたしによって聞かれた。 あるとき、世尊はヴァーラーナスィーの鹿野苑におられた。 そのとき、世尊は五人の比丘たちに告げて、このようにいわれた。

「比丘たちよ、このように知るべきである。 肉体は自己[のもの]ではない。 もし[肉体が]自己[のもの]であるならば、 肉体は、病むことなく、苦痛を受けることもない。 私がこのようになってほしいと思おうと わたしがこのようになってほしくないと思おうと そのようにならず[病み、苦痛を受け]、その欲するところに従うことはない。 それゆえ、このように知るべきである。 肉体は自己[のもの]ではない。 感覚、想念、志向、識別作用(心のはたらき)も同様である。 また次に比丘たちよ、どのように思うか。 肉体は常であろうか、[肉体は]無常であろうか」

[比丘たちは]世尊にいった、 「肉体は無常であります」

世尊は[比丘たちに]いった、 「肉体はまさしく、無常である。 このことは、苦である。 あるいは苦苦であり、壊苦であり、行苦である。 しかるにわが声聞、多聞なる弟子たちよ、 自己はあるとなすか、[自己は]ないとなすか。 肉体が自己であれば 自己は数々の物質を持つことになる。 肉体は自己に属するのならば、 自己は肉体のうちにあるのだろうか」

「そうではありません、世尊よ」

「[比丘たちよ]このように知るべきである。 感覚、想念、志向、識別作用において、 常であるのか無常であるのかも、 また同様である。 およそ肉体であるものが何であれ あるいは過去、未来、現在、内、外 粗大なもの、微細なもの すぐれたもの、おとったもの 遠くにあるもの、近くにあるもの これらは、ことごとく自己ではないのである。 比丘たちよ、このように知るべきである。 ”正知”をもって、感覚、想念、思考、識別作用のある所を、ただしく観察せよ。 過去、未来、現在においても、さきの如くに、”正知”をもって観察せよ。 もしも、わが声聞、聖弟子たちよ、 この五つの構成要素(五蘊)を観察すれば 自己が所有するところも、自己をもってするところも無い、ということを知る。 かくのごとく観察しおわれば、世界を知る。 感受作用も、感受する対象も無くなり、 変転することもない。 ただ、みずからこのように識知する、 涅槃に達した。 わが生はすでに尽きた。 清浄なる行は、すでに完成した。 造作する働きはすでに見られ、 後の生存を受けることはない、と」

このように説いたとき、五人の比丘たちは、諸の煩悩において、心が解脱するを得、教えに確信をもって、修行をおこなった。


Page Top | My Library Home