My Library Home

善星経(スナッカッタ・スッタ)

仏教

スナッカッタへの教説



目次

第一章 |  第二章

 

第一章

あるとき、わたしは、このように聞いた。

ある日のこと、仏陀は、ヴェーサーリーの、
マハーヴァナという塔に、止まっておられた。
スナッカッタが遣って来て、このように言った。

「完全に解脱を果し、完全に輪廻が尽きた、
このように言っている、多数の比丘が居ます。
世尊よ、彼らは、本当に解脱しているのですか。」

「確かに、一部の者は、正しく語っている。
しかし、一部の者は、思い上がり騙っている。
聞け、スナッカッタよ、わたしは正しく説こう。」

「あたかも、豊かな地には、人々が集まり、
その裏で、貧しい地から、人々が去るように、
欲を求める者は、欲を求める者を、呼び集める。」

「欲望に囚われる者は、欲望について語り、
欲望について考えて、欲望に捕らわれて行く。
彼らは、欲望に縛られ、他の物から離れている。」

「あたかも、緑の葉が、赤色に染まっても、
その逆に、紅い葉が、緑色に染まらないよう、
欲を越えた者は、欲に溺れる者を、乗り越える。」

「禅定に囚われる者は、禅定について語り、
禅定について考えて、禅定に捕らわれて行く。
彼らは、禅定に縛られ、他の物から離れている。」

「あたかも、食べる前は、食べたいものも、
十二分に、食べた後は、食べたくないように、
禅を越えた者は、禅に止まる者を、乗り越える。」

「涅槃に囚われる者は、涅槃について語り、
涅槃について考えて、涅槃に捕らわれて行く。
彼らは、涅槃に縛られ、他の物から離れている。」

 

第二章

「たとえば、毒の矢が、体に刺さった時は、
外科医に、矢を抜いて貰い、毒を取って貰う。
彼らは、傷を洗い流してから、薬を塗るだろう。」

「スナッカッタよ、もし、慢心していれば、
医者が処方した薬を、繰り返し塗りはしない。
傷から菌が入って、いずれ、傷が膿んでしまう。」

「スナッカッタよ、もし、慢心しないなら、
医者が処方した薬を、繰り返して塗るだろう。
傷から菌が入らず、いつか、傷は癒えるだろう。」

「ここで、毒とは無明、矢とは渇愛のこと。
また、傷とは六処のこと、医とは如来のこと、
そして、薬は、無明を断つ、智慧のことである。」

「慢心すれば、無明が顕れ、涅槃が崩れる。
慢心しなければ、智慧が現れ、涅槃に止まる。
解脱した後も、智慧を磨く、修行が必要である。」

これを聞いた、諸々の比丘は、歓喜し実践した。


Page Top | My Library Home