My Library Home

種徳経(ソーナダンダ・スッタ)

仏教



目次

第一章 |  第二章 |  第三章

 

第一章

あるとき、わたしは、このように聞いた。

ある日のこと、仏陀は、五百人の比丘衆と、
アンガ国にある、チャンパーに止まっていた。
その近くには、ガッカラーという蓮池があった。

チャンパーは、バラモンのソーナダンダに、
王から贈られた、とても恵まれた場所だった。
そこで、彼は、仏陀に関する十の称号を聞いた。

第一に、尊敬と供養に値する者、阿羅漢であり、
第二に、完全に悟りを開いた者、等正覚であり、
第三に、完全に明行を具えた者、明行足であり、
第四に、最上の世界に到達した者、善逝であり、
第五に、一切の世間を解する者、世間解であり、
第六に、世界で最高に優れた者、無上士であり、
第七に、衆生を統御し得る者、調御丈夫であり、
第八に、天人の師と成り得る者、天人師であり、
第九に、完全に真理に目覚めた者、仏陀であり、
第十に、世界で最も尊敬される者、世尊である。

ソーナダンダが、仏陀を訪ねようとすると、
彼の弟子は、口々に、それを止めようとした。
師匠の名声が失われるのを、恐れたからである。

それを、口では否定した、ソーナダンダも、
内心、問いの答えに詰まることを恐れていた。
婆羅門の収入は、名声に拠っていたからである。

そして、ソーナダンダが、仏陀を訪ねると、
名声を失うのを恐れる、彼の心を読み取って、
仏陀は、彼が答えられるように、問いを選んだ。

「ソーナダンダよ、いかなる資質があれば、
真実の婆羅門であると、言えるのでしょうか。
婆羅門よ、わたしに、分かり易く教えて下さい。」

「ゴータマよ、五つの資質を具えている者、
そのような者を、真実の婆羅門と呼ぶのです。
それでは、この五つの資質は、如何なるものか。

第一に、賢者のように、智慧が勝れていること。
第二に、聖者のように、戒律を守っていること。
第三に、王者のように、血筋が選れていること。
第四に、学者のように、経典が読めていること。
第五に、梵天のように、容色が優れていること。」

「この条件を減らすことは、出来ませんか。
最低、何があればいいと、言えるでしょうか。
婆羅門よ、わたしに、分かり易く教えて下さい。」

「ゴータマよ、容色が何になるでしょうか。
昔の知を記した、経典が何になるでしょうか。
家の血に囚われる、血筋が何になるでしょうか。」

「ソーナダンダよ、実に、妙なることです。
まさに、智は戒により、清められるのであり、
まさしく、戒は智により、浄められるだけです。」

 

第二章

「ゴータマよ、その智とは、何でしょうか。
その智を修めるに、どの戒を修めるのですか。
どうか、血を越えた智を、明らかにして下さい。」

「賢き婆羅門よ、俗世を捨て出家した者は、
小と中と大の、三つの戒により、明知を得る。
それでは、十の小なる戒とは、如何なるものか。

第一の戒は、殺生を禁じる、不殺生の戒である。
第二の戒は、偸盗を禁じる、不偸盗の戒である。
第三の戒は、邪淫を禁じる、不邪淫の戒である。
第四の戒は、虚言を禁じる、不妄語の戒である。
第五の戒は、冗談を禁じる、不綺語の戒である。
第六の戒は、悪口を禁じる、不悪口の戒である。
第七の戒は、陰口を禁じる、不両舌の戒である。
第八の戒は、貪欲を禁じる、不慳貪の戒である。
第九の戒は、瞋恚を禁じる、不瞋恚の戒である。
第十の戒は、愚痴を禁じる、不邪見の戒である。」

「賢き婆羅門よ、俗世を捨て出家した者は、
小と中と大の、三つの戒により、明知を得る。
それでは、十の中なる戒とは、如何なるものか。

第一の戒は、生を殺めない、不殺生の戒である。
第二の戒は、他を盗まない、不偸盗の戒である。
第三の戒は、性に溺れない、不邪淫の戒である。
第四の戒は、嘘を言わない、不妄語の戒である。
第五の戒は、酒を飲まない、不飲酒の戒である。
第六の戒は、物を貯めない、不蓄金銀宝である。
第七の戒は、心が遊ばない、不歌舞観聴である。
第八の戒は、体を飾らない、不塗飾香鬘である。
第九の戒は、楽を止める、不坐高広大牀である。
第十の戒は、朝しか食べない、不非時食である。」

「賢き婆羅門よ、俗世を捨て出家した者は、
小と中と大の、三つの戒により、明知を得る。
それでは、十の大なる戒とは、如何なるものか。

第一の戒は、生を殺めない、不殺生の戒である。
第二の戒は、他を盗まない、不偸盗の戒である。
第三の戒は、性に溺れない、不邪淫の戒である。
第四の戒は、嘘を言わない、不妄語の戒である。
第五の戒は、酒を飲まない、不飲酒の戒である。
第六の戒は、他を責めない、不説過罪戒である。
第七の戒は、慢心しない、不自讃毀他戒である。
第八の戒は、貪欲を離れる、不慳法財戒である。
第九の戒は、瞋恚を離れる、不瞋恚の戒である。
第十の戒は、三宝を称える、不謗三宝戒である。」

 

第三章

「賢き婆羅門よ、これらの戒を守った者は、
戒により護られて、恐れが無くなるのである。
そして、それにより、念が集中するようになる。」

「第一の禅とは、思いが有り、考えが有り、
欲を捨てて生じる、歓喜を体験する禅である。
その時、全身は、無欲の歓喜で満たされている。」

「第二の禅とは、思いが無く、考えが無く、
想を捨てて生じる、歓喜を体験する禅である。
その時、全身は、無想の喜楽で満たされている。」

「第三の禅とは、正念が有り、正知が有る
喜を捨てて生じる、大楽を体験する禅である。
その時、全身は、無喜の大楽で満たされている。」

「第四の禅とは、大楽が無く、清浄が有る、
楽を捨てて生じる、空性を体験する禅である。
その時、全身は、無楽の空性で満たされている。」

「賢き婆羅門よ、これらの禅を守った者は、
禅により護られて、正しい知を得るのである。
彼らは、在りのままに見て、在りのままに知る。」

『この身体は、地水火風の四大種からなり、
生み養われ、衰えて死ぬ、無常のものである。
そして、私の意識は、この身体に依存している。』

「こうして、如実知見の段を通過した者は、
その次に、遠離と離貪の段階に向うのである。
彼らは、心から作られた、別の身体を化作する。」

『さながら、刀が、鞘から抜かれるように、
あたかも、蛇が、蛇の皮から抜かれたように、
この化身は、身体から生じた、別の身体である。』

「こうして、遠離離貪の段を通過した者は、
解脱を遂げて、六つの神通力を得るのである。
それでは、この六つの力とは、如何なるものか。」

「一身が多身となれば、多身が一身となる。
消えた姿が現れたり、水上を歩き空中を飛ぶ。
全ての世界に出現する、これが、神足通である。」

「近くの音を聴こえて、遠くの音が聞える。
人の声が聞えて来て、神の声が聴こえて来る。
聞えない音が聴こえる、これが、天耳通である。」

「貪りを貪りと知れば、怒りを怒りと知る。
疑いを疑いと知れば、善き心を善き心と知る。
他の人の心を理解する、これが、他心通である。」

「あの時の姓はこうで、あの生の名はこう。
あの生の糧はこうで、あの時の世の中はこう。
前の時の世を理解する、これが、宿命通である。」

「近くの物を見とめて、遠くの者を認める。
この世が見えて来て、あの世が現われて来る。
見えない物を観とめる、これが、天眼通である。」

「この人は漏れていて、あの人は漏れない。
あの煩悩から漏れて、この煩悩から漏れない。
煩悩の漏れを滅尽する、これが、漏尽通である。」

法悦が湧き上がった、彼は、このように言った。

「ああ、これは、とても、妙なる教えです。
さながら、暗闇の中で、灯火を掲げるように、
仏陀は、私の見えない目に、見せてくれました。」

「仏陀よ、これより、この命が尽きるまで、
私は、心から、仏と法と僧に帰依し奉ります。
三宝の帰依者として、どうか受け容れて下さい。」


Page Top | My Library Home