My Library Home

応習不応習経(セーヴィタッバ・アセーヴィタッバ・スッタ)

仏教

親しむべきものと親しむべからざるもの



目次

第一章 |  第二章 |  第三章 |  第四章

 

第一章

あるとき、わたしは、このように聞いた。

ある日のこと、仏陀は、サーヴァッティの、
ジェータ林にある、アナータピンディカ園で、
集まって来た、比丘衆に、このように説かれた。

「比丘達よ、近づくべきか、遠のくべきか、
拝するべきか、排するべきか、見極めなさい。
それぞれ、身口意について、良く明らめなさい。」

その次に、サーリプッタが、このように言った。

「比丘達よ、修行者たる者が、近づくべき、
比丘たる者が、拝するべき、三つの行がある。
それでは、この三つの行とは、如何なるものか。

第一の行は、殺生を諦めること、不殺生である。
第二の行は、偸盗を諦めること、不偸盗である。
第三の行は、邪淫を諦めること、不邪淫である。」

「比丘達よ、修行者たる者が、遠のくべき、
比丘たる者が、排するべき、三つの行がある。
それでは、この三つの行とは、如何なるものか。

第一の行は、殺生を明らめること、殺生である。
第二の行は、偸盗を明らめること、偸盗である。
第三の行は、邪淫を明らめること、邪淫である。」

「比丘達よ、修行者たる者が、近づくべき、
比丘たる者が、拝するべき、四つの言がある。
それでは、この四つの言とは、如何なるものか。

第一の言は、妄語を諦めること、不妄語である。
第二の言は、綺語を諦めること、不綺語である。
第三の言は、悪口を諦めること、不悪口である。
第四の言は、両舌を諦めること、不両舌である。」

「比丘達よ、修行者たる者が、遠のくべき、
比丘たる者が、排するべき、四つの言がある。
それでは、この四つの言とは、如何なるものか。

第一の言は、妄語を明らめること、妄語である。
第二の言は、綺語を明らめること、綺語である。
第三の言は、悪口を明らめること、悪口である。
第四の言は、両舌を明らめること、両舌である。」

「比丘達よ、修行者たる者が、近づくべき、
比丘たる者が、拝するべき、三つの意がある。
それでは、この三つの意とは、如何なるものか。

第一の意は、貪欲を諦めること、不慳貪である。
第二の意は、瞋恚を諦めること、不瞋恚である。
第三の意は、愚痴を諦めること、不邪見である。」

「比丘達よ、修行者たる者が、遠のくべき、
比丘たる者が、排するべき、三つの意がある。
それでは、この三つの意とは、如何なるものか。

第一の意は、貪欲を明らめること、貪欲である。
第二の意は、瞋恚を明らめること、瞋恚である。
第三の意は、愚痴を明らめること、愚痴である。」

 

第二章

すると、仏陀は、比丘衆に、このように言った。

「比丘達よ、近づくべきか、遠のくべきか、
拝するべきか、排するべきか、見極めなさい。
得るべきか、得ないべきか、良く明らめなさい。」

その次に、サーリプッタが、このように言った。

「比丘達よ、修行者たる者が、近づくべき、
比丘たる者が、拝するべき、三つの心がある。
それでは、この三つの心とは、如何なるものか。

第一の心は、強欲を離れている、善い心である。
第二の心は、憎悪を離れている、善い心である。
第三の心は、闘争を離れている、善い心である。」

「比丘達よ、修行者たる者が、遠のくべき、
比丘たる者が、排するべき、三つの心がある。
それでは、この三つの心とは、如何なるものか。

第一の心は、強欲に塗れている、悪い心である。
第二の心は、憎悪に塗れている、悪い心である。
第三の心は、闘争に塗れている、悪い心である。」

「比丘達よ、修行者たる者が、近づくべき、
比丘たる者が、拝するべき、三つの想がある。
それでは、この三つの想とは、如何なるものか。

第一の想は、強欲を離れている、善い想である。
第二の想は、憎悪を離れている、善い想である。
第三の想は、闘争を離れている、善い想である。」

「比丘達よ、修行者たる者が、遠のくべき、
比丘たる者が、排するべき、三つの想がある。
それでは、この三つの想とは、如何なるものか。

第一の想は、強欲に塗れている、悪い想である。
第二の想は、憎悪に塗れている、悪い想である。
第三の想は、闘争に塗れている、悪い想である。」

「比丘達よ、修行者たる者が、近づくべき、
比丘たる者が、拝するべき、八つの見がある。
それでは、この八つの見とは、如何なるものか。

第一の見は、布施は有用であると、考えること。
第二の見は、供養は有用であると、考えること。
第三の見は、因果は実際にあると、考えること。
第四の見は、輪廻は実際にあると、考えること。
第五の見は、此岸は実際にあると、考えること。
第六の見は、彼岸は実際にあると、考えること。
第七の見は、衆生は実際にいると、考えること。
第八の見は、実際に体験できると、考えること。」

「比丘達よ、修行者たる者が、遠のくべき、
比丘たる者が、排するべき、八つの見がある。
それでは、この八つの見とは、如何なるものか。

第一の見は、布施は無用であると、考えること。
第二の見は、供養は無用であると、考えること。
第三の見は、因果は存在しないと、考えること。
第四の見は、輪廻は存在しないと、考えること。
第五の見は、此岸は存在しないと、考えること。
第六の見は、彼岸は存在しないと、考えること。
第七の見は、衆生は存在しないと、考えること。
第八の見は、実際に体験しないと、考えること。」

「比丘達よ、修行者たる者が、近づくべき、
比丘たる者が、拝するべき、一つの我がある。
それとは、害意を離れている、我のことである。」

「比丘達よ、修行者たる者が、遠のくべき、
比丘たる者が、排するべき、一つの我がある。
それとは、害意に塗れている、我のことである。」

 

第三章

すると、仏陀は、比丘衆に、このように言った。

「比丘達よ、近づくべきか、遠のくべきか、
拝するべきか、排するべきか、見極めなさい。
それぞれを、六処について、良く明らめなさい。」

その次に、サーリプッタが、このように言った。

「比丘達よ、修行者たる者が、近づくべき、
比丘たる者が、拝するべき、六つの処がある。
それでは、この六つの処とは、如何なるものか。

第一の処は、色に囚われていない、眼処である。
第二の処は、声に囚われていない、耳処である。
第三の処は、香に囚われていない、鼻処である。
第四の処は、味に囚われていない、舌処である。
第五の処は、触に囚われていない、身処である。
第六の処は、法に囚われていない、識処である。」

「比丘達よ、修行者たる者が、遠のくべき、
比丘たる者が、排するべき、六つの処がある。
それでは、この六つの処とは、如何なるものか。

第一の処は、色に捕らわれている、眼処である。
第二の処は、声に捕らわれている、耳処である。
第三の処は、香に捕らわれている、鼻処である。
第四の処は、味に捕らわれている、舌処である。
第五の処は、触に捕らわれている、身処である。
第六の処は、法に捕らわれている、識処である。」

 

第四章

すると、仏陀は、比丘衆に、このように言った。

「比丘達よ、近づくべきか、遠のくべきか、
拝するべきか、排するべきか、見極めなさい。
得るべきか、得ないべきか、良く明らめなさい。」

その次に、サーリプッタが、このように言った。

「比丘達よ、修行者たる者が、近づくべき、
比丘たる者が、拝するべき、一つの食がある。
それは、摂るほど、善が増えていく、食である。」

「比丘達よ、修行者たる者が、遠のくべき、
比丘たる者が、排するべき、一つの食がある。
それは、摂るほど、悪が増えていく、食である。」

「比丘達よ、修行者たる者が、近づくべき、
比丘たる者が、拝するべき、一つの坐がある。
それは、座るほど、善が増えていく、坐である。」

「比丘達よ、修行者たる者が、遠のくべき、
比丘たる者が、排するべき、一つの坐がある。
それは、座るほど、悪が増えていく、坐である。」

「比丘達よ、修行者たる者が、近づくべき、
比丘たる者が、拝するべき、一つの村がある。
それは、住むほど、善が増えていく、村である。」

「比丘達よ、修行者たる者が、遠のくべき、
比丘たる者が、排するべき、一つの村がある。
それは、住むほど、悪が増えていく、村である。」

「比丘達よ、修行者たる者が、近づくべき、
比丘たる者が、拝するべき、一つの町がある。
それは、住むほど、善が増えていく、町である。」

「比丘達よ、修行者たる者が、遠のくべき、
比丘たる者が、排するべき、一つの町がある。
それは、住むほど、悪が増えていく、町である。」

「比丘達よ、修行者たる者が、近づくべき、
比丘たる者が、拝するべき、一つの都がある。
それは、住むほど、善が増えていく、都である。」

「比丘達よ、修行者たる者が、遠のくべき、
比丘たる者が、排するべき、一つの都がある。
それは、住むほど、悪が増えていく、都である。」

「比丘達よ、修行者たる者が、近づくべき、
比丘たる者が、拝するべき、一つの人がある。
それは、居るほど、善が増えていく、人である。」

「比丘達よ、修行者たる者が、遠のくべき、
比丘たる者が、排するべき、一つの人がある。
それは、居るほど、悪が増えていく、人である。」

これを見とめて、仏陀は、このように説かれた。

「サーリプッタは、まさしく、賢者である。
我が法を継ぐ者、まさしく、法の息子である。
衆生が、彼の法を聞くことは、衆生の利である。」

これを聞いた、諸々の比丘は、歓喜し実践した。


Page Top | My Library Home