My Library Home

傷歌邏経(サンガーラヴァ・スッタ)

仏教

清らかな行ないの体験



目次

第一章 |  第二章 |  第三章 |  第四章

 

第一章

あるとき、わたしは、このように聞いた。

ある日のこと、仏陀は、コーサラ国にある、
チャンダラカッパの村に、止まっておられた。
その村には、ダーナンジャーニーが住んでいた。

ダーナンジャーニーは、女性のバラモンで、
ブッダ、ダンマ、サンガ、三宝を信じていた。
それを見て、サンガーラヴァが、彼女に言った。

「どうして、ゴータマを、褒め称えるのか。
バラモンであれば、バラモンを称えるべきだ。
バラモンを辱しめる、バラモンは恥じるべきだ。」

「賢者よ、賢者は、賢者が分かるはずです。
もし、あなたが、ゴータマの教えを聞くなら、
必ずや、あなたは、ゴータマを褒め称えるはず。」

「奇しくも、この村に、仏陀が来ています。
いまこそ、マンゴー林に、止まっておられる、
彼を訪ねて、真理の教えを、尋ねてみて下さい。」

サンガーラヴァは、マンゴー林を訪れると、
仏陀に、恭しく挨拶して、その傍らに坐った。
それから、仏陀に向かって、このように尋ねた。

「ゴータマよ、あなたが説き明かす法とは、
他が説いた法ですか、自らが解いた法ですか。
誰かから聞きましたか、自ずから悟りましたか。」

「青年よ、ダルマの正しさを、裏付ける法。
開祖が、拠り所にするもの、三つの法がある。
それでは、この三つの法とは、如何なるものか。

第一の法は、伝承により、裏付けるものである。
第二の法は、信仰により、裏付けるものである。
第三の法は、体験により、裏付けるものである。」

「バラモンよ、わたしが説き明かす法とは、
他が説いた法ではなく、自ら解いた法であり、
誰かを信じた法ではなく、自ら確めた法である。」

 

第二章

「青年よ、まさに、私も、菩薩であった頃、
聖なる探求のために、出家を果したのである。
まだ、私の髪も黒くて、若かりし頃の事である。」

「私は、アーラーラ・カーラーマを訪ねた。
彼は、無所有の定を修めている、聖者であり、
私を見とめるや否や、私の根を認めたのである。」

『友よ、君に会えたことは、妙なることだ。
君は、すぐにも、私の境地を成就するだろう。
ゴータマよ、私と共に、この僧伽を率いないか。』

「実際、まもなく、私は彼と等しくなった。
それ故に、彼を知り、上が有ることを知った。
私は、彼を認めた上で、高みを求めて旅立った。」

「私は、ウッダカ・ラーマプッタを訪ねた。
彼は、非想非非想の定を修めた、聖者であり、
私を見とめるや否や、私の根を認めたのである。」

『友よ、君に会えたことは、稀なることだ。
君は、すぐにも、私の境地を達成するだろう。
ゴータマよ、私と共に、この僧伽を率いないか。』

「実際、まもなく、私は彼と等しくなった。
それ故に、彼を知り、上が有ることを知った。
私は、彼を認めた上で、高みを求めて旅立った。」

「それから、ウルヴェーラのセーナー村で、
私は、これまで以上に、瞑想の修行に励んだ。
そして、遂に、出離の道である、中道を悟った。」

 

第三章

「青年よ、果たして、わたしは落ちたのか。
楽に落ちたのではない、苦を越えたのである。
それからは、苦を越える、中道を修めて行った。」

「青年よ、中央の道とは、出離の道であり、
一切の苦を、諦らめていく、四つの禅がある。
それでは、この四つの禅とは、如何なるものか。」

「第一の禅とは、思いが有り、考えが有り、
欲を捨てて生じる、歓喜を体験する禅である。
その時、全身は、無欲の歓喜で満たされている。」

「第二の禅とは、思いが無く、考えが無く、
想を捨てて生じる、歓喜を体験する禅である。
その時、全身は、無想の喜楽で満たされている。」

「第三の禅とは、正念が有り、正知が有る
喜を捨てて生じる、大楽を体験する禅である。
その時、全身は、無喜の大楽で満たされている。」

「第四の禅とは、大楽が無く、清浄が有る、
楽を捨てて生じる、空性を体験する禅である。
その時、全身は、無楽の空性で満たされている。」

「青年よ、中央の道とは、修習の道であり、
一切の苦を、明らめていく、三つの明がある。
それでは、この三つの明とは、如何なるものか。」

「第一の明とは、過去の智、宿命通である。
一、十、百、千の、過去世を思い出すことで、
如何なる業が、如何なる命を宿すか、証知する。」

「第二の明とは、未来の智、天眼通である。
一、十、百、千の、未来世を透し見ることで、
如何なる業が、如何なる生を課すか、証知する。」

「第三の明とは、現在の智、漏尽通である。
一、十、百、千の、漏煩悩を見て取ることで、
如何なる業が、如何なる漏を生むか、証知する。」

 

第四章

すると、サンガーラヴァは、このように言った。

「ゴータマよ、あなたは、まさに賢者です。
賢者である、あなたに、尋ねたいと思います。
本当に、神は、この世に存在しているのですか。」

「私は、神が居ることを、自ら確めている。
故に、居るのかと問われたら、居ると答える。
しかし、問われないならば、答えることはない。」

「ゴータマよ、その訳は、如何してですか。」
「人々は、神が居ることを、徒に信じている。
確めることなく、信じられている、からである。」

法悦が湧き上がった、彼は、このように言った。

「ああ、これは、とても、妙なる教えです。
さながら、暗闇の中で、灯火を掲げるように、
仏陀は、私の見えない目に、見せてくれました。」

「仏陀よ、これより、この命が尽きるまで、
私は、心から、仏と法と僧に帰依し奉ります。
三宝の帰依者として、どうか受け容れて下さい。」


Page Top | My Library Home