My Library Home

譬喩相応(オーパマ・サンユッタ)

仏教



目次

第一章 |  第二章 |  第三章

 

第一章

あるとき、わたしは、このように聞いた。

ある日のこと、仏陀は、サーヴァッティの、
ジェータ林にある、アナータピンディカ園で、
集まって来た、比丘衆に、このように説かれた。

「比丘達よ、例えば、家の材木に於いては、
互いに組み合わされて、家を作り上げている。
個々は木と見られて、全体は家として見られる。」

「比丘達よ、同様に、人の無智に於いては、
互いに組み合わされて、悪を作り上げている。
最初は楽しめようと、最後は苦しいものになる。」

「この事から、汝らは、学ばねばならない。
少しの気の緩みから、大いなる過ちに変わる。
それゆえ、我々は、不放逸でなければならない。」

 

第二章

あるとき、わたしは、このように聞いた。

ある日のこと、仏陀は、サーヴァッティの、
ジェータ林にある、アナータピンディカ園で、
集まって来た、比丘衆に、このように説かれた。

「朝と昼と夜に、大いなる財を施すよりも、
朝と昼と夜に、少しでも慈の心を修める方が、
大いなる果報があると、汝らは知るべきである。」

「この事から、汝らは、学ばねばならない。
慈に溢れた心を、己の拠り所とすべきであり、
その大きな果報は、己にもあり、他にもあると。」

 

第三章

あるとき、わたしは、このように聞いた。

ある日のこと、仏陀は、ヴェーサーリーの、
マハーヴァナという塔に、止まっておられた。
そして、比丘衆を集めると、このように説いた。

「比丘達よ、リッチャヴィ族は勤勉であり、
堅い床に眠り、日が昇る前に起きようとする。
彼らが精勤であるなら、彼らは敵に倒されない。」

「比丘達よ、リッチャヴィ族が怠惰になり、
温い床に眠り、日が昇る前には起きなくなる。
彼らが精勤でなくなれば、彼らは敵に倒される。」

「比丘達よ、汝らも、これらと同じである。
汝らが勤勉であるなら、魔を付け入れないが、
汝らが勤勉でなくなれば、魔に付け入れられる。」

「この事から、汝らは、学ばねばならない。
少しの気の緩みから、魔に捕えられてしまう。
それゆえ、我々は、不放逸でなければならない。」


Page Top | My Library Home