My Library Home

獅子吼大経(マハーシーハナーダ・スッタ)

仏教



目次

第一章 |  第二章 |  第三章

 

第一章

あるとき、わたしは、このように聞いた。

ある日のこと、仏陀は、ヴァッジ国の首都、
ヴェーサーリー城にある、林に止まっていた。

ヴァッジ国の王子である、スナッカッタは、
仏陀の元に出家していたが、下向してしまい、
町の人の中で、仏陀の誹謗を、繰り返していた。

丁度、ヴェーサーリーで、托鉢をしていた、
サーリプッタは、その様子を遠くから認めた。
そして、托鉢から帰ってから、仏陀に報告した。

「尊師よ、つい、先日、下向してしまった、
ヴァッジ国の王子である、スナッカッタ達が、
このように、仏陀のことを、誹謗していました。」

『仏陀の教えは、人間の教えを越えている。
聞く人が変わると、説いている法が変わるし、
解いて業が変わると、聞いている方が変るのだ。』

これを聞いて、仏陀は、サーリプッタに応えた。

「サーリプッタよ、スナッカッタは哀れだ。
誹謗を言っているか、賞賛を言っているのか、
全く解らなくなるほど、彼は迷妄に陥っている。」

「サーリプッタよ、スナッカッタは憐れだ。
仏陀を貶しめる者は、自身を落としめている。
彼が仏陀を捨てるよう、彼は地獄に棄てられる。」

「サーリプッタよ、ここに私は獅子吼する。
最高位に就いた、如来には、十の称号がある。
それでは、この十の称号とは、如何なるものか。

第一の号は、供養に値するもの、阿羅漢である。
第二の号は、完全に悟ったもの、等正覚である。
第三の号は、明行を具えたもの、明行足である。
第四の号は、最善の世に逝くもの、善逝である。
第五の号は、世間を解するもの、世間解である。
第六の号は、最高に優れたもの、無上士である。
第七の号は、衆生を導くもの、調御丈夫である。
第八の号は、天人を教えるもの、天人師である。
第九の号は、真理に目覚めたもの、仏陀である。
第十の号は、世界で最も尊いもの、世尊である。」

「サーリプッタよ、ここに私は獅子吼する。
牛王位に就いた、如来には、十の智力がある。
それでは、この十の智力とは、如何なるものか。

第一の力は、理と利を分別する力、処非処智力。
第二の力は、因と果を結合する力、業異熟智力。
第三の力は、あらゆる処に行く力、遍趣行智力。
第四の力は、種々の世界を知る力、種々界智力。
第五の力は、種々の趣を知る力、種々勝解智力。
第六の力は、機根の違いを知る力、根上下智力。
第七の力は、如実の力、静慮解脱等持等至智力。
第八の力は、過去の生を知る力、宿住随念智力。
第九の力は、未来の転生を認める力、死生智力。
第十の力は、現在の煩悩を認める力、漏尽智力。」

「サーリプッタよ、ここに私は獅子吼する。
梵輪を転じる、如来には、四つの無畏がある。
それでは、この四つの無畏は、如何なるものか。

第一に、一切の智慧を成就する、一切智無所畏。
第二に、一切の漏煩悩を滅尽する、漏尽無所畏。
第三に、障害の生起を説法する、説障道無所畏。
第四に、滅尽の道を説法する、説尽苦道無所畏。」

 

第二章

「サーリプッタよ、ここに私は獅子吼する。
無畏を具えた如来は、八つの衆生を済度する。
それでは、この八つの衆とは、如何なるものか。

第一の衆は、貴族の階級である、刹帝利である。
第二の衆は、僧侶の階級である、婆羅門である。
第三の衆は、在家の弟子である、優婆衆である。
第四の衆は、出家の弟子である、比丘衆である。
第五の衆は、第一の天界である、四天王である。
第六の衆は、第二の天界である、帝釈天である。
第七の衆は、第六の天界である、魔羅衆である。
第八の衆は、第一の色界である、梵天衆である。」

「サーリプッタよ、ここに私は獅子吼する。
如来は、衆生の生れ来る元、四つの生を知る。
それでは、この四つの生とは、如何なるものか。

第一の生は、卵から生まれて来る、卵生である。
第二の生は、胎から生まれて来る、胎生である。
第三の生は、膿から生まれて来る、湿生である。
第四の生は、花から生まれて来る、化生である。」

「サーリプッタよ、ここに私は獅子吼する。
如来は、衆生の死に行く先、五つの道を知る。
それでは、この五つの道とは、如何なるものか。

第一の道は、地獄に死んで行く、地獄道である。
第二の道は、畜生に死んで行く、畜生道である。
第三の道は、餓鬼に死んで行く、餓鬼道である。
第四の道は、人間に死んで行く、人間道である。
第五の道は、天界に死んで行く、天人道である。」

「寒いから、火を求めると、火焔に堕ちて、
熱いから、水を求めると、寒冷に落ちていく。
このように、悪趣の転生を、如来は明かにする。」

「寒くても、他に着せると、天界に上がり、
熱くても、己に帰せると、天国に昇っていく。
このように、善趣の転生を、如来は明かにする。」

 

第三章

「サーリプッタよ、ここに私は獅子吼する。
如来は、四つの聖なる行を、完全に具足する。
それでは、この四つの行とは、如何なるものか。

第一の行は、悪業を苦しみ落とす、苦行である。
第二の行は、善業を慎んで重ねる、善行である。
第三の行は、煩悩を避けて離れる、厭離である。
第四の行は、煩悩を越えて離れる、遠離である。」

「婆羅門の中には、苦行を修める者が居る。
サーリプッタよ、彼以上に苦行を修めた私は、
苦行だけでは、真理を悟れないと、獅子吼する。」

「婆羅門の中には、善行を修める者が居る。
サーリプッタよ、彼以上に善行を修めた私は、
善行だけでは、真理を悟れないと、獅子吼する。」

「婆羅門の中には、厭離を修める者が居る。
サーリプッタよ、彼以上に厭離を修めた私は、
厭離だけでは、真理を悟れないと、獅子吼する。」

「婆羅門の中には、遠離を修める者が居る。
サーリプッタよ、彼以上に遠離を修めた私は、
遠離だけでは、真理は悟れないと、獅子吼する。」

「苦しみを逃れて、悪業を重ねている時は、
煩悩を厭離して、悪業を増やさない様にする。
すると、苦行に耐え、悪業を落とせる様になる。」

「楽しみに負けて、善業を使っている時は、
煩悩を厭離して、善業を減らさない様にする。
すると、善行に堪え、善業を増やせる様になる。」

「こうして、味著と禍患を等しく味わって、
善業と悪業が等しくなると、煩悩を出離する。
善と悪の業を越え、その後に、智と徳が現れる。」

「舎利仏よ、これこそ、真理の要諦である。
こうして、如来の智徳は、尽きることが無い。
如来は、衆生の福田として、この世界に現れた。」

傍で聞いていた、ナーガサマーラは、歓喜した。

「ああ、妙なることです、稀なることです。
この法を聞いていた、私の毛は逆立ちました。
尊師よ、この法をして、何と名づけましょうか。」

「毛が逆立つ教えとして、この教えを記憶せよ。」

このように名付けて、彼は、歓喜して実践した。


Page Top | My Library Home