My Library Home

受法大経(マハーダンマサマーダーナ・スッタ)

仏教



目次

第一章 |  第二章

 

第一章

あるとき、わたしは、このように聞いた。

ある日のこと、仏陀は、サーヴァッティの、
ジェータ林にある、アナータピンディカ園で、
集まって来た、比丘衆に、このように説かれた。

「比丘達よ、楽を求めて、苦を避けるほど、
ますます、楽が減っていき、苦が増えてくる。
というのも、楽の裏には、苦が潜むからである。」

「比丘達よ、楽と苦を分ける、分別がある。
つまり、この世の捉え方に、四つの法がある。
それでは、この四つの法とは、如何なるものか。

第一の法は、現世は楽であり、来世は苦である。
第二の法は、現世も苦であり、来世も苦である。
第三の法は、現世は苦であり、来世は楽である。
第四の法は、現世も楽であり、来世も楽である。」

「比丘達よ、快楽に溺れる、生き方がある。
彼は、楽に溺れて楽しみ、楽に囚われ苦しむ。
つまり、現世で楽を味わい、来世に苦を味わう。」

「楽を捉えると、必ず、苦も捕えてしまう。
賢いものは、楽に捕われず、苦に囚われない。
愚かなものは、楽に囚われて、苦に捕らわれる。」

「比丘達よ、苦痛に溺れる、生き方がある。
彼は、苦に溺れて苦しみ、苦に囚われ苦しむ。
つまり、現世で苦を味わい、来世も苦を味わう。」

「苦を捉えると、必ず、苦を捕えてしまう。
賢いものは、苦に捕われず、苦に囚われない。
愚かなものは、苦に囚われて、苦に捕らわれる。」

「比丘達よ、苦痛に耐える、生き方がある。
彼は、苦に耐えて苦しみ、苦を落して楽しむ。
つまり、現世で苦を味わい、来世に楽を味わう。」

「苦を堪えると、必ず、楽も応えてしまう。
賢いものは、苦に堪えて、楽に応えられても、
愚かなものは、苦に応えず、楽に堪えられない。」

「比丘達よ、快楽を越える、生き方がある。
彼は、楽に溺れず楽しみ、楽を越えて楽しむ。
つまり、現世で楽を味わい、来世も楽を味わう。」

「楽を超えると、必ず、苦も越えてしまう。
賢いものは、楽を超えて、空に超えてしまい、
愚かなものは、楽に応えて、苦が肥えてしまう。」

 

第二章

「比丘達よ、現在が楽で、未来が苦である。
快楽に溺れる、生き方には、十種の業がある。
それでは、この十種の業とは、如何なるものか。

第一の業は、殺生を楽しみ、殺生で苦しむこと。
第二の業は、偸盗を楽しみ、偸盗で苦しむこと。
第三の業は、邪淫を楽しみ、邪淫で苦しむこと。
第四の業は、妄語を楽しみ、妄語で苦しむこと。
第五の業は、綺語を楽しみ、綺語で苦しむこと。
第六の業は、悪口を楽しみ、悪口で苦しむこと。
第七の業は、両舌を楽しみ、両舌で苦しむこと。
第八の業は、慳貪を楽しみ、慳貪で苦しむこと。
第九の業は、瞋恚を楽しみ、瞋恚で苦しむこと。
第十の業は、邪見を楽しみ、邪見で苦しむこと。」

「比丘達よ、譬えるなら、甘い酒があって、
酔って楽しみ、醒めてから苦しむようである。
この業こそ、現在が楽であり、未来が苦である。」

「比丘達よ、現在が苦で、未来も苦である。
苦痛に溺れる、生き方には、十種の業がある。
それでは、この十種の業とは、如何なるものか。

第一の業は、殺生で苦しみ、殺生で報いること。
第二の業は、偸盗で苦しみ、偸盗で報いること。
第三の業は、邪淫で苦しみ、邪淫で報いること。
第四の業は、妄語で苦しみ、妄語で報いること。
第五の業は、綺語で苦しみ、綺語で報いること。
第六の業は、悪口で苦しみ、悪口で報いること。
第七の業は、両舌で苦しみ、両舌で報いること。
第八の業は、慳貪で苦しみ、慳貪で報いること。
第九の業は、瞋恚で苦しみ、瞋恚で報いること。
第十の業は、邪見で苦しみ、邪見で報いること。」

「比丘達よ、譬えるなら、強い酒があって、
飲んで苦しみ、吐いてから苦しむようである。
この業こそ、現在も苦であり、未来も苦である。」

「比丘達よ、現在が苦で、未来が楽である。
苦痛に耐える、生き方には、十種の法がある。
それでは、この十種の法とは、如何なるものか。

第一の法は、殺生で苦しみ、殺生を越えること。
第二の法は、偸盗で苦しみ、偸盗を越えること。
第三の法は、邪淫で苦しみ、邪淫を越えること。
第四の法は、妄語で苦しみ、妄語を越えること。
第五の法は、綺語で苦しみ、綺語を越えること。
第六の法は、悪口で苦しみ、悪口を越えること。
第七の法は、両舌で苦しみ、両舌を越えること。
第八の法は、慳貪で苦しみ、慳貪を越えること。
第九の法は、瞋恚で苦しみ、瞋恚を越えること。
第十の法は、邪見で苦しみ、邪見を越えること。」

「比丘達よ、譬えるなら、苦い薬があって、
飲んで苦しみ、治ってから嬉しいようである。
この法こそ、現在が苦であり、未来が楽である。」

「比丘達よ、現在が楽で、未来も楽である。
快楽を越える、生き方には、十種の法がある。
それでは、この十種の法とは、如何なるものか。

第一の法は、殺生を離れて、殺生を越えること。
第二の法は、偸盗を離れて、偸盗を越えること。
第三の法は、邪淫を離れて、邪淫を越えること。
第四の法は、妄語を離れて、妄語を越えること。
第五の法は、綺語を離れて、綺語を越えること。
第六の法は、悪口を離れて、悪口を越えること。
第七の法は、両舌を離れて、両舌を越えること。
第八の法は、慳貪を離れて、慳貪を越えること。
第九の法は、瞋恚を離れて、瞋恚を越えること。
第十の法は、邪見を離れて、邪見を越えること。」

「比丘達よ、譬えるなら、甘い薬があって、
飲んで楽しみ、治ってから嬉しいようである。
この法こそ、現在も楽であり、未来も楽である。」

これを聞いた、諸々の比丘は、歓喜し実践した。


Page Top | My Library Home