My Library Home

蜜丸経(マドゥビンディカ・スッタ)

仏教



目次

第一章 |  第二章

 

第一章

あるとき、わたしは、このように聞いた。

ある日のこと、仏陀は、カピラヴァッツの、
ニグローダ樹の園の中に、止まっておられた。
そこに、比丘衆が集まると、このように説いた。

「比丘達よ、今日、私の母方の叔父である、
ダンダパーニが、ここを訪れて、こう尋ねた。
なぜ、論争しないのか、なぜ、反論しないのか。」

「比丘達よ、私が、何も論じないで居ると、
ダンダパーニは、皺を寄せて、帰って行った。
彼は、何も反論しないのが、不満のようだった。」

「比丘達よ、何も論じず、何を論じるのか。
論争を出離するとき、七つの妄想が終焉する。
それでは、この七つの断とは、如何なるものか。

第一に、隠れている貪欲の根が、断ち切られる。
第二に、隠れている瞋恚の根が、断ち切られる。
第三に、隠れている愚痴の根が、断ち切られる。
第四に、隠れている疑念の根が、断ち切られる。
第五に、隠れている慢心の根が、断ち切られる。
第六に、隠れている生存の根が、断ち切られる。
第七に、隠れている無明の根が、断ち切られる。」

ここまで話すと、仏陀は、論じるのを止め、
座を立って、奥の方に入って行ってしまった。
すると、比丘衆が、隠していた物が噴き出した。

「どうして、仏陀は、続きを説かないのか。
どうして、説かないのか、いや、解けないか。
なぜ、論争しないのか、なぜ、反論しないのか。」

抑え続けていたものが、出し尽くされると、
比丘衆は、少し落ち着き、辺りを見わたした。
彼らは、カッチャーヤナに、このように尋ねた。

「どうして、仏陀は、続きを説かないのか。
どうして、説かないか、いや、解けないのか。
尊者よ、この続きを、我々に説き示して下さい。」

「比丘達よ、何も論じず、何を論じたのか。
世尊は、何も説くことなく、何を解いたのか。
それらは、すべて、汝ら自身の姿に現れている。」

「比丘達よ、何も論じず、何を論じるのか。
論争を出離するとき、七つの妄想が終焉する。
それでは、この七つの断とは、如何なるものか。

第一に、隠れている貪欲の根が、断ち切られる。
第二に、隠れている瞋恚の根が、断ち切られる。
第三に、隠れている愚痴の根が、断ち切られる。
第四に、隠れている疑念の根が、断ち切られる。
第五に、隠れている慢心の根が、断ち切られる。
第六に、隠れている生存の根が、断ち切られる。
第七に、隠れている無明の根が、断ち切られる。」

 

第二章

「比丘達よ、六つの根と、六つの境により、
十二の処である、六つの識が生じるのである。
それでは、この六つの識とは、如何なるものか。」

「第一に、眼根と色境による、眼識である。
三者の結合が触であり、触により受が生じる。
受により愛、愛により取、取により有が生じる。」

「第二に、耳根と声境による、耳識である。
三者の結合が触であり、触により受が生じる。
受により愛、愛により取、取により有が生じる。」

「第三に、鼻根と香境による、鼻識である。
三者の結合が触であり、触により受が生じる。
受により愛、愛により取、取により有が生じる。」

「第四に、舌根と味境による、舌識である。
三者の結合が触であり、触により受が生じる。
受により愛、愛により取、取により有が生じる。」

「第五に、身根と触境による、身識である。
三者の結合が触であり、触により受が生じる。
受により愛、愛により取、取により有が生じる。」

「第六に、意根と法境による、意識である。
三者の結合が触であり、触により受が生じる。
受により愛、愛により取、取により有が生じる。」

「仏陀は居ないのに、論争が続いてしまう。
この事は、妄想が、実体として存在すること。
触、受、愛、取、有に至ったことを示している。」

「比丘達よ、隠れていた根が、現われた今、
これら、六つの根を断つことは、容易である。
比丘達よ、論争から離れて、六根を断ちなさい。」

これを聞いた、アーナンダは、仏陀に報告した。

「ああ、妙なることです、稀なることです。
仏陀が居ない処で、仏陀の意が解かれました。
この法を聞いて、私の心は蜜の様に溶けました。」

「カッチャーヤナは、正しく、賢者である。
彼は、私の居ない処で、仏の意を明かにした。
汝らは、蜜の法と名づけ、この教えを記憶せよ。」

このように名付けて、彼は、歓喜して実践した。


Page Top | My Library Home