My Library Home

加樓烏陀夷経(ラトゥキカー・スッタ)

仏教

ラトゥキカー鳥の譬喩



目次

第一章 |  第二章 |  第三章

 

第一章

あるとき、わたしは、このように聞いた。

ある日のこと、仏陀は、アンガ地方にある、
アーパナ村の樹の根元で、静かに座っていた。
そこに、ウダーイが訪れて、このように言った。

「尊師よ、あなたは、我々を正しく導いて、
我々の苦悩を取り除く、真に有り難い方です。
わたしは、あなたに、懺悔すべき事があります。」

「尊師は、昼に食べるなと、説かれました。
そのことに、疑念が生じ、不満が生じました。
なぜなら、昼に頂くことが、常だったからです。」

「尊師は、夜に食べるなと、説かれました。
そのことに、疑念が生じ、不満が生じました。
なぜなら、夜に頂くことが、常だったからです。」

「尊師よ、あなたは、我々を正しく導いて、
我々の苦悩を取り除く、真に有り難い方です。
私は、苦しみ悩んだ末に、懺悔しに参りました。」

仏陀は、ウダーイに対して、このように応えた。

「蔓に絡んだ鳥が、抜け出せず死ぬように、
戒を守らないと、煩悩に縛られ、破滅に至る。
戒を護れない、非力な者ほど、煩悩は強くなる。」

「大きな象の王が、柵を乗り越えるように、
戒を守りうると、煩悩を越えて、解放に至る。
戒を護りうる、強力な者ほど、煩悩は弱くなる。」

「たとえば、少ない財を、有する者が居る。
彼が、出家し易そうで、出家し得ないならば、
この少ない財は、小さな障害と言えるだろうか。」

「いいえ、尊師よ、そうとは、言えません。
非力な者には、小さな害も、大きな害となる。
彼にとって、少ない財は、大きな束縛でしょう。」

「たとえば、多くの財を、有する者が居る。
彼が、出離し難そうで、出離し得るのならば、
この多くの財は、大きな障害と言えるだろうか。」

「いいえ、尊師よ、そうとは、言えません。
強力な者には、大きな害も、小さな害となる。
彼にとって、多くの財は、小さな束縛でしょう。」

 

第二章

「ウダーイよ、出離において、段階がある。
人々が、執着を越えて行く、四つの段がある。
それでは、この四つの段とは、如何なるものか。

「第一の段は、楽を見て、楽を認めること。
囚われる楽が見えても、捕われる苦が見えず、
彼は、楽に溺れてしまい、煩悩を越えられない。」

「第二の段は、楽を見て、楽を離れること。
囚われる楽が見えても、捕われる苦が見えず、
彼は、楽を離れていくも、煩悩を越えられない。」

「第三の段は、苦を見て、苦を認めること。
捕われる苦が見えても、囚われる楽が切れず、
彼は、苦を認めてしまい、煩悩を越えられない。」

「第四の段は、苦を見て、苦を越えること。
捕われる苦を見とめて、囚われる楽を離れる。
彼は、苦を超えてしまい、煩悩を越えてしまう。」

「ウダーイよ、良く究めると、悪に極まる。
明らめると、諦めてしまう、五つの欲がある。
それでは、この五つの欲とは、如何なるものか。

第一の欲は、眼に於いて、色を望むことである。
第二の欲は、耳に於いて、声を望むことである。
第三の欲は、鼻に於いて、香を望むことである。
第四の欲は、舌に於いて、味を望むことである。
第五の欲は、身に於いて、触を望むことである。」

 

第三章

「ウダーイよ、出離において、段階がある。
世界を、次々に越えて行く、九つの禅がある。
それでは、この九つの禅とは、如何なるものか。」

「第一の禅とは、思いが有り、考えが有り、
欲を捨てて生じる、歓喜を体験する禅である。
彼は、欲界の魔天を越え、色界の梵衆天に至る。」

「第二の禅とは、思いが無く、考えが無く、
想を捨てて生じる、歓喜を体験する禅である。
彼は、梵衆天の世を越えて、光音天の界に至る。」

「第三の禅とは、正念が有り、正知が有る
喜を捨てて生じる、大楽を体験する禅である。
彼は、光音天の世を越えて、遍浄天の界に至る。」

「第四の禅とは、大楽が無く、清浄が有る、
楽を捨てて生じる、清浄を体験する禅である。
彼は、遍浄天の世界を越えて、色究竟天に至る。」

「第五の禅とは、有辺であり、無辺である、
有辺と無辺の対立を越えた、無色の界である。
彼は、色究竟天の世を越えて、空無辺処に至る。」

「第六の禅とは、有識であり、無識である、
有識と無識の対立を越えた、無色の界である。
彼は、空無辺処の世を越えて、識無辺処に至る。」

「第七の禅とは、有我であり、無我である、
有我と無我の対立を超えた、無色の界である。
彼は、識無辺処の世を越えて、無所有処に至る。」

「第八の禅は、非想であり、非非想である、
非想と非非想の対立を越えた、無色界である。
彼は、無所有処を越えて、非想非非想処に至る。」

「第九の禅とは、想念を超え、感受を越え、
涅槃と輪廻の対立を越えた、大般涅槃である。
彼は、非想非非想を越え、完全なる涅槃に至る。」

これを聞いた、ウダーイは、歓喜して実践した。


Page Top | My Library Home