My Library Home

究羅壇頭経(クータダンタ・スッタ)

仏教



目次

第一章 |  第二章 |  第三章 |  第四章

 

第一章

あるとき、わたしは、このように聞いた。

ある日のこと、仏陀は、五百人の比丘衆と、
マガダ国にある、カーヌマタの村に向かった。
そして、アンバラッティカーに止まろうとした。

そのころ、婆羅門である、クータダンダは、
王から贈られた地、カーヌマタに住んでいた。
そこで、彼は、仏陀に関する十の称号を聞いた。

第一に、尊敬と供養に値する者、阿羅漢であり、
第二に、完全に悟りを開いた者、等正覚であり、
第三に、完全に明行を具えた者、明行足であり、
第四に、最上の世界に到達した者、善逝であり、
第五に、一切の世間を解する者、世間解であり、
第六に、世界で最高に優れた者、無上士であり、
第七に、衆生を統御し得る者、調御丈夫であり、
第八に、天人の師と成り得る者、天人師であり、
第九に、完全に真理に目覚めた者、仏陀であり、
第十に、世界で最も尊敬される者、世尊である。

これを聞いた、クータダンダは、こう考えた。

“私が聞く処に拠ると、道の人ゴータマは、
三つの様式と、十六の祭式を、修めたらしい。
ひとつ、私から彼を訪ねて、この事を尋ねよう”

そして、クータダンダは、仏陀を訪れると、
恭しく挨拶を交わして、仏陀の傍らに坐った。
そして、仏陀に対し、考えていたことを尋ねた。

「ゴータマよ、わたしが、聞く処に拠れば、
完全なる祭式を、あなたは、御存知の筈です。
どうか、わたしに、完全な祭式を授けて下さい。」

 

第二章

仏陀は、彼の懇願を受けて、このように答えた。

「その昔、マハーヴィジタという王が居た。
彼は、人として、最高の繁栄を謳歌したため、
繁栄が続くように、盛大な儀式を行う事にした。」

「思い立った、マハーヴィジタ王は、早速、
最高の儀式の法について、国中の者に尋ねた。
すると、偉大なバラモンが、このように答えた。」

『大王よ、最高の儀式を、執り行うために、
四種の人々から、同意を取らないとならない。
それでは、この四つの同意は、如何なるものか。

第一に、国の王族から、儀式の同意を取ること。
第二に、国の大臣から、儀式の同意を取ること。
第三に、国の沙門から、儀式の同意を取ること。
第四に、国の富豪から、儀式の同意を取ること。』

『大王よ、最高の儀式を、執り行うために、
王自身、八つの条件を、備えないとならない。
それでは、この八つの条件は、如何なるものか。

第一に、血筋が選れていて、穢れていないこと。
第二に、容姿が優れていて、汚れていないこと。
第三に、財産が富んでいて、貧しくはないこと。
第四に、軍隊が勝れていて、負けていないこと。
第五に、信仰が満ちていて、欠けていないこと。
第六に、学識が豊かであり、愚かではないこと。
第七に、言葉が整っていて、乱れていないこと。
第八に、機転が利いていて、疎かではないこと。』

『大王よ、最高の儀式を、執り行うために、
僧侶が、四つの資質を、備えないとならない。
それでは、この四つの資質は、如何なるものか。

第一に、賢者のように、智慧が勝れていること。
第二に、聖者のように、戒律を守っていること。
第三に、王者のように、血筋が選れていること。
第四に、学者のように、経典が読めていること。』

『大王よ、最高の儀式を、執り行うために、
王自身、三つの注意を、払わないとならない。
それでは、この三つの注意は、如何なるものか。

第一に、儀式前に、費用を惜しんではならない。
第二に、儀式中に、費用を惜しんではならない。
第三に、儀式後に、費用を惜しんではならない。』

『大王よ、最高の儀式を、執り行うために、
民が犯した、十種の罪を許さないとならない。
それでは、この十種の罪とは、如何なるものか。

第一に、殺生の罪を、王は許さないとならない。
第二に、偸盗の罪を、王は許さないとならない。
第三に、邪淫の罪を、王は許さないとならない。
第四に、妄語の罪を、王は許さないとならない。
第五に、綺語の罪を、王は許さないとならない。
第六に、悪口の罪を、王は許さないとならない。
第七に、両舌の罪を、王は許さないとならない。
第八に、貪欲の罪を、王は許さないとならない。
第九に、瞋恚の罪を、王は許さないとならない。
第十に、愚痴の罪を、王は許さないとならない。』

「三つの様式は、三つの注意のことであり、
また、四つの同意、八つの条件、四つの資質、
これらを、合わせたものが、十六の祭式である。」

 

第三章

しばらく考えて、クータダンダは、こう言った。

「確かに、これは、完全なる祭式でしょう。
しかし、私は、仏陀の言葉を聞きたいのです。
これより優れた教えを、私に説いて頂けますか。」

「婆羅門よ、供犠のため、他から奪うのと、
他から奪わず、布施のため、自ら与えるのと、
どちらが、優れていると、あなたは考えますか。」

「他を奪えば、他が悩むため、自ら苦しみ、
自ら与えるなら、他が喜ぶため、自ら愉しむ。
与える方は、奪う法より、煩わしくありません。」

「クータダンダよ、実に、妙なることです。
それゆえ、比丘衆は、諸々の祭式から離れる。
代りに、比丘衆は、戒と定と慧を守るのである。」

「ゴータマよ、その戒とは、何でしょうか。
戒と定と慧、どのように戒を修めるのですか。
どうか、三学の中の戒を、明らかにして下さい。」

「賢き婆羅門よ、俗世を捨て出家した者は、
小と中と大の、三つの戒により、明知を得る。
それでは、十の小なる戒とは、如何なるものか。

第一の戒は、殺生を禁じる、不殺生の戒である。
第二の戒は、偸盗を禁じる、不偸盗の戒である。
第三の戒は、邪淫を禁じる、不邪淫の戒である。
第四の戒は、虚言を禁じる、不妄語の戒である。
第五の戒は、冗談を禁じる、不綺語の戒である。
第六の戒は、悪口を禁じる、不悪口の戒である。
第七の戒は、陰口を禁じる、不両舌の戒である。
第八の戒は、貪欲を禁じる、不慳貪の戒である。
第九の戒は、瞋恚を禁じる、不瞋恚の戒である。
第十の戒は、愚痴を禁じる、不邪見の戒である。」

「賢き婆羅門よ、俗世を捨て出家した者は、
小と中と大の、三つの戒により、明知を得る。
それでは、十の中なる戒とは、如何なるものか。

第一の戒は、生を殺めない、不殺生の戒である。
第二の戒は、他を盗まない、不偸盗の戒である。
第三の戒は、性に溺れない、不邪淫の戒である。
第四の戒は、嘘を言わない、不妄語の戒である。
第五の戒は、酒を飲まない、不飲酒の戒である。
第六の戒は、物を貯めない、不蓄金銀宝である。
第七の戒は、心が遊ばない、不歌舞観聴である。
第八の戒は、体を飾らない、不塗飾香鬘である。
第九の戒は、楽を止める、不坐高広大牀である。
第十の戒は、朝しか食べない、不非時食である。」

「賢き婆羅門よ、俗世を捨て出家した者は、
小と中と大の、三つの戒により、明知を得る。
それでは、十の大なる戒とは、如何なるものか。

第一の戒は、生を殺めない、不殺生の戒である。
第二の戒は、他を盗まない、不偸盗の戒である。
第三の戒は、性に溺れない、不邪淫の戒である。
第四の戒は、嘘を言わない、不妄語の戒である。
第五の戒は、酒を飲まない、不飲酒の戒である。
第六の戒は、他を責めない、不説過罪戒である。
第七の戒は、慢心しない、不自讃毀他戒である。
第八の戒は、貪欲を離れる、不慳法財戒である。
第九の戒は、瞋恚を離れる、不瞋恚の戒である。
第十の戒は、三宝を称える、不謗三宝戒である。」

 

第四章

「ゴータマよ、その定とは、何でしょうか。
戒と定と慧、どのように定を修めるのですか。
どうか、三学の中の定を、明らかにして下さい。」

「第一の禅とは、思いが有り、考えが有り、
欲を捨てて生じる、歓喜を体験する禅である。
その時、全身は、無欲の歓喜で満たされている。」

「第二の禅とは、思いが無く、考えが無く、
想を捨てて生じる、歓喜を体験する禅である。
その時、全身は、無想の喜楽で満たされている。」

「第三の禅とは、正念が有り、正知が有る
喜を捨てて生じる、大楽を体験する禅である。
その時、全身は、無喜の大楽で満たされている。」

「第四の禅とは、大楽が無く、清浄が有る、
楽を捨てて生じる、空性を体験する禅である。
その時、全身は、無楽の空性で満たされている。」

「ゴータマよ、その慧とは、何でしょうか。
戒と定と慧、どのように慧を修めるのですか。
どうか、三学の中の慧を、明らかにして下さい。」

『この身体は、地水火風の四大種からなり、
生み養われ、衰えて死ぬ、無常のものである。
そして、私の意識は、この身体に依存している。』

「こうして、戒定慧の三学を修得した者は、
その次に、遠離と離貪の段階に向うのである。
彼らは、心から作られた、別の身体を化作する。」

『さながら、刀が、鞘から抜かれるように、
あたかも、蛇が、蛇の皮から抜かれたように、
この化身は、身体から生じた、別の身体である。』

「こうして、遠離離貪の段を通過した者は、
解脱を遂げて、六つの神通力を得るのである。
それでは、この六つの力とは、如何なるものか。」

「一身が多身となれば、多身が一身となる。
消えた姿が現れたり、水上を歩き空中を飛ぶ。
全ての世界に出現する、これが、神足通である。」

「近くの音を聴こえて、遠くの音が聞える。
人の声が聞えて来て、神の声が聴こえて来る。
聞えない音が聴こえる、これが、天耳通である。」

「貪りを貪りと知れば、怒りを怒りと知る。
疑いを疑いと知れば、善き心を善き心と知る。
他の人の心を理解する、これが、他心通である。」

「あの時の姓はこうで、あの生の名はこう。
あの生の糧はこうで、あの時の世の中はこう。
前の時の世を理解する、これが、宿命通である。」

「近くの物を見とめて、遠くの者を認める。
この世が見えて来て、あの世が現われて来る。
見えない物を観とめる、これが、天眼通である。」

「この人は漏れていて、あの人は漏れない。
あの煩悩から漏れて、この煩悩から漏れない。
煩悩の漏れを滅尽する、これが、漏尽通である。」

法悦が湧き上がった、彼は、このように言った。

「ああ、これは、とても、妙なる教えです。
さながら、暗闇の中で、灯火を掲げるように、
仏陀は、私の見えない目に、見せてくれました。」

「仏陀よ、これより、この命が尽きるまで、
私は、心から、仏と法と僧に帰依し奉ります。
三宝の帰依者として、どうか受け容れて下さい。」


Page Top | My Library Home